Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4期パープルと最近のTOTO(後編)

どんなに素晴らしい作品を完成させても、それが多くのファンに受け入れられなければ話にならない。21世紀に入って更なる評価を上げている『Come Taste The Band』。しかし当時はその好内容に関わらず、Richie脱退でうちひしがれていた人間の更なる反感を買う形になってしまった。
(新しい試みがふんだんに盛り込まれたのも、怒りに拍車をかけた要因なのかな?)
結局ファンが期待するモノっていつでも全盛期の再現。ヒットを連発したり名盤を立て続けに生み出した時期を常に求めてやまないのだ。

あくまで私の主観だが、最近のTOTOがこの例に当てはまる気がしてならない。
最新作。最初は×だった私の印象も、聴く度にどんどん変わっていき、今や『Isolation』(いや、もしかして『?』.....!?)に匹敵する存在になっている。
しかし多くの購買層は「最初は×」の時点で聴くのを放棄している。ギターが縦横無尽に暴れたら即座に「Lukeのソロ」「Los Lobotomys」のレッテルを貼り、そこから先へ進もうとしない。
『In Rock』『Machine Head』『Made In Japan』を求める保守的Purpleファンとどこが違うのか?
これは彼らに取り憑いた悪霊的運命であり、今後は彼らもこれと戦わなければならないのだ。

その証拠が先日行われた来日公演。
ボビキンの声こそ不調だったが、演奏自体は前回より遙かに上。
やはり新加入のGregの影響が大きい。
2人分(Paich&S.Porcaro)のプレイを余裕で決め、しかも力強いヴォーカルを聴かせ、ハーモニーもバッチリ。更に随所でひょうきんな所を見せ、エンターテイナーに徹して会場を大いに盛り上げたのだ。Quincy Jonesに認められ、80年代ブラコンの屋台骨を支え続けた才能は今だに健在なのだ。
しかし友人知人の話では「客席が全然盛り上がっていなかった」との事。
原因は簡単。新曲中心だったから。
会場は30?50代のヒトが殆ど。やはり全盛期中心の選曲を望んでいるのが如実に分かる。
でもTOTOは現在進行形のバンド。しかも今回はNewアルバム引っ提げてのツアー。なのに肝心のアルバムを聴かずに旧曲だけ期待するのは大きな間違い。
しかも「Paich不在」を嘆いたヒトも多いと聞く。
でもそれは来日が決まった時点での周知の事実。
事前学習も出来ないのなら、ファン辞めた方がいいんじゃないの!?

2列ほど前で乗りまくっていた20代前半の女性。新曲に対してもイイ乗りで応えていた。
彼女みたいなヒトが、現在のTOTOにとって最高のファンであると断言出来ると思う。

今回のライブが『紫の燃焼』にならない事を祈るばかりですワ。
スポンサーサイト

コメント

No title

>Kyokoさん
後追い派ほど今の彼らを認めなければならないのに、悲しい事実ですね。結局ヒット曲指向のポップ・ロックばかり期待されているんですかね?
GregとTommy Bolinって担当楽器こそ違えど、ジャンルを超えた幅広い音楽性。楽器の腕前は勿論、曲作りやアレンジにも長けた才能。そしてその後参加したグループに於ける、保守的ファンによる意味の無い酷評の数々。あらゆる面で存在が重なります。まあ欧州ではツアーは好評なので、グループは大丈夫でしょう。

嬉しい記事でした!
新生TOTOに関しての反応は、後追いの若いコたちまでもがルカサーバンドだのペイチがいないからTOTOじゃないだの、いい加減うんざりしていました。 
グレッグだって素晴らしいミュージシャンなのに。
クレジットにこだわってばかりで自分で確かめられるだけの耳を持っていない人も多いです。
もっと肩の力抜いて音楽を楽しもうよと言いたいな。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/76-ce17358b
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。