Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレッ!コレが欲しかったのォ?!(≧∇≦)/

francis.lai1 francis.lai2
Francis Lai代表曲の1つ、<パリのめぐり逢い>。
何とこれが最近1番の収穫である。
勿論曲そのものは全然レアではないし、既に数種類所持もしている。
しかしこれには大きなこだわりがあった。
小坊の時に日本テレビの天気予報で流れていた、イントロがオルゴールのような、
あのヴァージョンを長年探していたのだ。

TVでの初体験から時は経ち、あるキッカケで完全ヴァージョンを耳にした。
それが前述の曲である事が判明してからある日、彼のベスト盤購入に至った。
だがそれは私の探していたヴァージョンではなかった。
Francis自身が演奏しているにも関わらず、全然違うものが収録されていたのだ。
イントロも違う上、曲もダンサブルにアレンジされたものであった。
しかし最初は嘆いたものの元が名曲なので、いつの日かこれで満足するようになっていた。
しかも後年DJをやるようになってから、何度となく流すほどのお気に入りとなってしまったのだ。
(Jose Felicianoの<Golden Lady>と相性が抜群!フリーソウラーは要チェキかも)
その後AORやブラコンのレア盤を追うようになって、その曲の事は忘却の彼方へ。
探す事もなくなってしまった。
しかし先日ここでPaul Mauriatを取り上げた事がキッカケで、
ロック&ポップスに夢中になる以前の、昔を出来事を回想するようになり、
この曲の正規ヴァージョンを探していた事をふと思い出したのだ。

そんなある日の事。中古盤屋に立ち寄ったものの何も無かったので、
落胆したまま帰路につき始めた時、バーゲン・コーナーに置いてあった彼のベストを発見したのだ。
もしやあのヴァージョンが入っているのでは.....。
レジに差し出し試聴を懇願。
曲がかかって1秒もしないうちに「これです!」と私。
そう、あのオルゴールの様なイントロが流れたのだ!

あれから何十回聴いているだろうか?
聴く度に幼き日々への想いが増すばかり。
そしてこの辺の楽曲が、私の洋楽指向へ大きな足掛かりとなったのは、
以前に述べた通りだ。
あれから30年以上。耳が(体も?)肥え過ぎ、現在の洋楽のヒットものに対して、
呪怨的な感情しか抱かなくなってしまった今日この頃。
耳に入る曲全てが新鮮だった、あの日に帰りたい.....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/54-7c917334
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。