Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marcus Miller at Bluenote Tokyo

先週水曜日はBluenoteTokyoでMarcus Miller公演。
見るのはMt.Fuji以来である。あの時は野外であったのと席がちょい遠め。あとダンクラ勢にお株を奪われてしまい、やや精彩に欠けていた事は否めなかった。
今回は抜群の席で見たので感激もひとしお。

<Higher Ground>(Stevie Wonder)、<Jean Pierre>(Miles Davis)、<Come Together>(Beatles)、<Frankenstein>(Edgar Winter)。他人のカバー計4曲。<Tutu>はMilesに提供した曲のセルフ・カヴァー。過去のアルバム収録曲でオリジナルは、3rdの<Panther>のみ。
しかしパフォーマンスが桁違いに凄まじく(かなりのアゲアゲ状態で驚嘆!)、Mt.Fujiは何だったの?と言いたくなりましたねぇ。
ちなみにオープニングの聴いたこと無い曲(多分新曲)、かなり良かったス。
そしてベースは勿論、クラリネットやバスクラなども吹き、相変わらず達者な所を見せた。
 あとホーンセクションが実に良かった。Marcusのプロデュースでアルバムも存在するPatches Stewart(tp)は硬軟を自在に使い分け、その全てに於いて壮絶なテクニックを披露。Gregoire Maret(hca)は繊細になりがちなその楽器に、鋭利な刃物のような攻撃性を加え、とてつもなくアグレッシヴなプレイを連発。そしてKeith Anderson(Sax)は間違いなく今回のMVP。音色も演奏ぶりも素晴らしく、熱演の合間に時折見せる人なつっこい表情は、一部女性客を大いに沸かせた。
彼には『Diversity』というアルバムが存在するが、普通には買えないようなので気になった方は、CD Babyを使った方が良さそうである。
彼のオフィシャル・サイトはこちら。http://fullofsoul.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/48-ac45aa63
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。