Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tower Of Power at Bluenote Tokyo

先日またもやBluenoteへ今度は毎年恒例となるTower Of Power公演異なる日であったが、相変わらず1st、2nd両方観戦。いつもセットリストが違うのが彼らの特徴。
したがって両方見て初めてコンプリートという形である。
金が.....(T_T)

で、今回の全貌。

1st
Stroke 75
Soul With A Capital "S"
Can't You See(You Doin'Me Wrong)
Can't Stand To See The Slaughter
So I Got To Groove
Willing To Learn
Squib Cakes
?You Ought To Be Havin'Fun
?Don't Change Horses(In The Middle Of The Stream)
Just Enough And Too Much
Diggin'On James Brown
What Is Hip?
(Encore)You're Still A Young Man

2nd
We Came To Play
And You Know It
You Strike My Main Nerve
Get Yo' Feet Back On The Ground
This Time It's Real
To Say The Least You’re The Most
Time Will Tell
Stroke '75
?Ain't Nothing Stopping Us Now
?You Ought To Be Havin' Fun
?Don't Change Horses

Only So Much Oil In The Ground
Down To The Nightclub
So Very Hard To Go
What Is Hip?
(Encore)Knock Yourself Out

演奏は勿論「最高!」。
でもそれだけじゃ当Blogに来て頂いた方に申し訳ないので少し。
前回あたりから暗黒のCBS在籍時の曲がレパートリーに加わっている。
<Ain't?><You Ought?>はすっかり定番になった感じだが、
今回は更に<Can't Stand?>と<We Came?>が加わっている。
特に要注目は後者。
以前HPで「Rocco+Garibaldiでも調理仕切れない粗悪な素材」と酷評した事があったが(汗)、
これが初めて披露された。
いやはや.....聴き惚れてしまいました。
リズムがやはりスタジオ録音とは桁違いだし、ヴォーカルもパワフル・シャウターのLarryなので、
同じ曲でありながら印象がガラリと変貌してしまったのだ。
ここまで改善してしまうとは驚きですヮ。
勿論前者の出来も抜群!
寺尾聰の『Re-Cool Reflections』ではないが、
ここは彼らに是非『Re-Cool CBS Years』なんてアルバムの制作を希望したいところ!

さて今回の目玉はBruce Conteのカムバック。
でも<Rock Baby>という曲で彼らに入門した私なので、
実はあまり思い入れがなかったりする...。(^^;)
むしろJeff Tamelierのシャープなカッティングを、
評価してしまっているくらいなので(ファン失格ですかね?...^^;;;)
でも彼のギターの音色を耳にした瞬間にいきなり涙腺直撃。
1フレーズを弾いただけで聴く人間全てのハートを熱くしてしまうのは、彼のギターの恐るべき個性。
何しろあの名ライブ『Live And In Living Color』の世界そのまま状態ですからね。
しかも小手先技を一切廃した、手癖だけで豪快な早弾きも披露。
今回ばかりは視線は終始彼の方ばかりでしたねぇ。
そんな彼への歓迎の拍手はとてつもなかった。
Garibaldiカムバック。そしてRocco生還。
その時とほぼ同等を言っても良いだろう。
客席からは「ぶる?すぅ?!」という野太い声援が、
あちらこちらから聞こえ(私も叫んだ...^^;;;)、
Bruce自身も「俺ってこんなに人気があったのか?」みたいな表情を見せながらも、
何とも暖かい笑顔をサービスしてくれた。

いつのライブでも最高の瞬間を生み出す彼ら。
来年また来日するでしょうねぇ。そしてまた行ってしまうワタシ.....。
今度はどんなドラマが待っているんだろうか.....。
スポンサーサイト

コメント

No title

>クロさん
<Time Will Tell>は最近レパートリー化しております。次回は聴くことが出来ればいいですね。
Larry Braggsは2000年11月に加入したとの事なので、多分彼らの歴史の中でも、最長在籍のヴォーカリストでしょうね。

>★コウキ★さん
某所とコメントが被ってゴメンナサイ。
TOPはここ最近は毎年来日しているので、
来年は是非とも!
ちょっと無理してでも1st、2nd両方見る事をお薦めします。
『冷たい血』は勿論行きます!
一応日曜日の1stを予定しております。

観たかった…

なるほど1st2ndステージ観たら確かにお金がキツイですよね…
でも観たかった…
ベイエリアのTOPの先輩格『冷たい血』初来日らしいですが行きますか?
行ってみたいなぁって思ってるのですがやはり演奏めちゃ上手そうですよね!

Time Will Tell

あぁ~...
名曲、“Time Will tell”は、2ndで披露したのですかぁ...
この曲は、初めてT.O.P.の楽曲に触れた頃(もう、20年程前でしょうか)から本当に好きな曲なので、聴きたかった。
残念無念(>_<)

ところで...
(今回の)Vocalist、とても良かったです。
T.O.P.に参加して長い方なのでしょうか?
(勉強不足で申し訳ないです...(^_^;))

何と

こちらにコメントはお初ですね>クロさん
そうなんです。彼らのライブは1stと2nd両方を見て、初めて成立するものなのです。
次回は是非両方チャレンジしてみて下さい。
私は毎年2回見ております。
金は約2万かかりますが.....(T_T)

私も行って来ました。

ご無沙汰しております。
私は、20日の1st.に行って参りました。

あぁ~...やはり...(^_^;)
1st.+2nd.で、フル・サイズって事ですかぁ...
正直言って、正味1時間10分程のステージは、かなりの物足りなさが残りました。
Performance自体は、とっても素晴らしかったので、もっと聴きたかったもんです。

実は、LIVEとは直接関係無い部分で疲労困憊で...(拙い文章でお恥ずかしいのですが、“日記”に記しておきますので、よかったらお読み下されば幸いでございます)
初・BLUE NOTEは多少、不満が残るものとなってしまいました。

T.O.P.のPerformanceは素晴らしかっただけに、ちょっぴり残念です(^_^;)

次回は、もっと“勉強”して望みたいと思っておりますっ!(^^ゞ

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/47-f6e0d078
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。