Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Still Crazy For You (Pt.2)

物心ついた時から、彼は私の記憶の中に居りました。
親子三人間借りで住んでいた時、下の床屋の白黒テレビで流れていた番組。
(『シャボン玉ホリデー』だったのかなぁ?)
多分私は3歳くらいなんですが、何故かうっすらと覚えているんです。
その後TVを付ければ、色々な番組で彼らと遭遇した気がします。
生まれて最初に覚えた芸能人ですからね。

団塊から少し後の世代である私。
『スーダラ節』も『無責任シリーズ』も完全に後追い。
今だから分かるオピニオン・リーダーとしての大きな存在価値。
仕事で叩かれ、家庭でも叩かれ、出口が無くなったサラリーマンの心の拠り所。
今これほどの存在の人間っているのかなぁ?

新春かくし芸大会。ずっと西軍キャプテンでしたよね?
これでもかのギャグ応酬で、腹の底から笑ったあの日。
世代交代で(多分)出なくなってから番組自体もつまらなくなり、
見なくなってからもう20年以上は経っている気がします。

そして高校か大学の時に見た何かの特番。
そこでの彼らはコメディアンではなく、ジャズ・ミュージシャン。
彼のギターの腕前に驚愕しました。
Wes Montgomery、Joe Pass、Jim Hall、そしてGeorge Bensonが頭をよぎります。
みんな売れる前は身をこなすバンドマン。
米軍基地での演奏活動も長い訳ですから、個々のテクニックもバンド・アンサンブルも完璧!
ここでのクレイジー・キャッツはコミック・バンドではなく、
本気の音楽集団でした。

でもそこから一人、二人、三人旅立ち.....
お呼びでない筈のあの世から遂に呼ばれてしまったんですね。

ここの ゲスト参加が恐らくラスト・レコーディング。
そう言えば彼が気になる台詞を言っているんです。

いやいや待たせてゴメン。
さ、行こうか!
行こうって?????
幸せのある所に決まってんじゃないの.....

彼はもうこの世に見切りを付けてしまったのでしょうか.....?

植木等様、安らかに.....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/42-333334f7
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。