Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sergio Mendes/Encanto

sergiomendes.jpg

前作『Timeless』が出たのが2006年1月の事。Black Eyed PeasのWill I Amとのコラボレイションという事で大いに話題を呼んだが、そのお陰でHip-Hop世代にも認知され、久々に記録的大ヒットとなった。生まれ変わった<Mas Que Nada>はクラブで大受けとなり、若いファンも急増した。当時CD店に勤務していた私も、これらの世代からの問い合わせを相当数受けた記憶がある。まさかボサノヴァ/ブラジルのヒトという事は分からないからね。
日本では「ブラジル音楽の巨匠」的な扱いの彼だが、昔から既成のスタイルに拘らず、色々なジャンルを要素として取り入れてきた。A&M時代は盛んに当時のポップ・ヒットをカヴァーし、それ以降はニューソウルやディスコ・サウンドにも歩み寄り、Stevie Wonderに接近し傑作<The Real Thing>を生み出す。また80年代はAOR/ブラック・コンテンポラリー/フュージョンへのアプローチを強化し、それが<Never Gonna Let You Go(愛をもう1度)>の大ヒット(全米4位)へと結実した。私が初めて彼のライブを見たのもこの頃だ。

さてそんな彼の約2年ぶりの新作である。今回もWill I Amは参加。しかもFergieまで居るので、完全にBlack Eyed Peasとの共演だ。その<Look Of Love>は68年に4位となった大ヒットのセルフ・カヴァー。しっとりしたオリジナルとはひと味違った躍動感ある作りだが、原曲の良さを引き立たせた上で新しい試みを取り入れているので、これも幅広い世代の支持を獲得しそうである。
基本的には前作の延長線上。80年代で例えるのであれば、『Sergio Mendes(愛をもう1度)』の後の『Confetti(オリンピア)』的な立場の作品である。だがHip-Hopの消化具合は、今回の方がより自然な形のような気がする。また曲によってはA&M時代を彷彿とさせる部分もあったりする。
ゲストはNatalie Cole、Herb Alpert&Lani Hall夫妻。Siedah Garrettなどが参加。Stevie WonderやErika Badu、John LegendやIndia.Arieなどを迎えた前作と比べるとやや地味ではあるが、いずれもSergioとは旧知の仲であり、彼のスタイルを知り尽くしているような人間ばかりだ。それだけに今回は「無理をせず、等身大のSergio Mendes演じる」事が出来たのであろう。

国内盤は1曲多く、それが何とDreams Come Trueとの共演である。曲自体はアルバムの路線にキチンと当てはまったなかなかの好トラックであるが、いかんせん日本語の歌詞がミスマッチである。吉田美和は英詞の楽曲をしっかり歌える力量があるので、何故そのスキルを生かさなかったのであろうか。非常に残念である。
スポンサーサイト

コメント

コメント有り難うございます

>SHIGEさん
先日はライブお疲れ様でした。
最高に盛りあがりましたね。
次回も楽しみにしております。
で、早速チェック済みですね。さすが!
前作も良かったけど、こちらも負けず劣らずの充実作。
ちょっと早いけど、2008年を代表する1枚になりそうですね。

大好き

俺もこれ毎朝聞いています、久しぶりにやってくれたーって感じのアルバムです。
皆も買ってヘビーローテーションにしてやって下さい。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/41-c07c2c3f
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。