Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David T Walker at Cotton Club

10021420206.jpg10021420218_s.jpg
再発CDはベストセラー。そして初の単独来日は全日程ソールドアウト。
今最も熱い男David T Walker。
その来日公演へ行ってまいりました。
客席の平均年齢はやはり(?)相当に高かったです。
さすがはヲヤヂギタリストのアイドル!(爆)
あと現役ミュージシャンも結構行かれたみたいですね(私が見た日にも某氏を目撃)。

さて開演。
彼が出てきてギターからあの音が鳴って数秒、
もう会場の隅から隅まで魔法がかかった感じでしたね。
かつてSantanaのサウンドに対し「魔法の音」と称した新聞見出しがあったけど、
その言葉はここにもそっくり当てはまります。
弦をたった1音ハジいただけで、その場の空気全てを変えてしまう訳ですからね。
一芸に秀でている人間はやはり強いです。

人間国宝の職人さんによる、伝統工芸のような彼のギター・プレイ。
そのステージは実になごやかでアットホーム。
人前で演奏するのがとにかく楽しい!
そんな彼の意気込みが、客席にダイレクトに伝わって来る感じでしたね。

あと彼は通常は座って弾くのですが、時折立って弾きまくるのです。
しかもこれが実に熱い!意外と思える位に豪快です。
何と立って乗りまくる観客も数人目撃(驚)。
「淡々としたステージになるのでは?」と予想していたのですが、これは嬉しい光景でしたねぇ。

レパートリーはオリジナルとカヴァーが半々。
FENのSoul番組のエンディング・テーマでも知られている<What's Going On>は勿論、
<Lovin' You><Walk On By>アルファ盤から<I Can See Clearly Now>等も披露されました。

バックはClarence McDonald(P、Key)。そしてByron Miller(B)とLeon "Ndugu" Chancler(Dr)。
後者2人はGeorge DukeのEpic在籍時にバックを務めておりましたね。
(勿論Nduguには他にもChocolate Jam CoやCrusaders等々、多方面の活躍でも有名ですが。)

ちなみに今回のライブはレコーディングされ、8月頃にはDVDが出るそうです。
これは絶対に購入したいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/37-c81253f5
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。