Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lenny Castro with Special Band

IMGP0123.jpgIMGP0124.jpg

2月10日の日曜日に見たライブ。これは恐らく今年を代表するとてつもないライブに間違いないでしょうね。あの世界のパーカッショニストLenny Castroが来日し、社会人バンドと共演したのです。普段からAORが大好きでライブを演ってきた皆様だけに、正に本物中の本物、ワン・アンド・オンリーと言える彼とのコラボレイションは、演奏者にとっては夢以外何物でもないでしょうね。

六本木「Edge」は立ち見が出る程の大盛況。移動するのが困難な程でした。
まずはLennyによるクリニック開始。いきなり凄いテクニックを披露し観客全員圧倒。その後はシェイカーやタンバリンに持ち替えましたが、一般的に簡単と思われている楽器も、彼の手にかかれば奥の深い名楽器に早変わり。彼が語るには「大地の音や稲妻の音、心臓の鼓動など、地球上に存在するあらゆる音が楽器になる」との事でした。やはり名プレイヤーは言うことが違いますね。

そして社会人バンドとの共演です。勿論皆様凄腕揃い。そこにLennyが加わった訳ですから、3バンドとも完全にプロのバンドになりました。それこそBluenoteやCotton Club、Billboardあたりで高い入場料取っても良いくらいに。
曲はBoz Scaggs、TOTO、そしてJeff Porcaro関係中心。何と言ってもオリジナル・レコーディングにはLennyが入っている訳ですから、どれも凄まじく完成度の高いヴァージョンになりました。いわゆる「普通に巧い社会人バンド」も、彼1人加わるだけで100%プロの音へ進化。正に魔法ですね。

そして最後にLennyが満面の笑みを浮かべて、「今回は最高でした。有り難う!」と言ったのです。何百何千もの名プレイヤー達と共演している彼ですが、歌や楽器の腕以上に、演奏した皆様の曲に対する深い愛情をひしひしと感じたのでしょうね。「この曲ムッチャ好きやねん!」という思いは、腕利きミュージシャン達に決して負けていない私達。その気持ちが世界屈指のパーカッショニストの感情を動かしたのです。 これには観客だった私も感動してしまったのですから、演奏の皆様にとっては感無量でしょうね。

2次会にも何とLennyは参加。会場の皆様と会話しまくりでした。少年のような純粋な表情と常に笑顔を絶やさない彼。その手はグローブのように大きく、そして固かったです。

音楽に対する愛情が起こした1つの奇跡。
また次回がとても楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/33-c257235e
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。