Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jefferson Starshipへの熱き思い入れ

starship(red).jpgstarship(spitfire).jpgstarship(earth).jpgstarship(gold).jpg
 フジTV8:00a.m.『とくダネ』のオープニング使われたりCMに使用されたり、ここ最近Starshipがブームである。そして最近何と彼らが残したカタログの大半が紙ジャケ化となった。
でもMellow Floater的には、Jefferson Starship名義である1974?1978年の4枚。もっと極端に言えば『Red Octopus』『Spitfire』『Earth(地球への愛にあふれて)』の3枚以外に用はない。
特に『Red?』への思いは非常に大きい。初めて買ったのが79年。リアルタイムから4年ほど遅れている。キッカケは日曜日の21:00?23:00(もしかすると22:00?24:00だったかも)にFENでやっていた、『Tom Campbell's Playback』という番組で<Miracles>を耳にした事である。池袋の西武で買ったのだが(そんな事までよく覚えているなぁ?!)、同曲が2倍近いロングヴァージョンで驚いたものだ。
勿論その後は全曲聴き倒し状態。特にB面(CDだと6?10)の出来は完璧の一言。
<Play On Love>は躍動感あってしかもメロディが抜群!<Tumblin>はバラードだが哀愁的展開に悶絶!もう少しテンポを早めれば<Hearts(ハート悲しく)>に繋がるような路線である。<I Want To See Another World>はAirplane時代を彷彿とさせるアグレッシヴな展開だが、不思議と違和感は感じさせない。コーラスの掛け合いが曲を最高潮に盛り上げて行く。<Sandalphon>はインストだが、高揚感溢れるメロディがとにかく圧巻だ。後半ピアノのブレイクからテンポアップして、たたみかけるような展開に変わる所は何度耳にしても鳥肌が立つ。そして<Miracles>と共にアルバム中のハイライトと言えるのが<There Will Be Love>。今まで書いた4曲の魅力を全て凝縮したようなドラマティック逸品で、正に珠玉の名曲と呼べるモノである。

 残るアルバムも簡単に。『Spitfire』はMarty Balinが歌う完全AORの<With Your Love>と、フリーソウル仕立ての<Love Lovely Love>、彼らにしてはファンキーな<Cruisin'>が大きな聴き所。
そして『Earth』は78年作。そしてこれが彼らのアルバム初体験。ソングライターでMartyの81年のソロでも<ハート?>他3曲を書き下ろし、自身も2枚のアルバムを発表しているJesse Barishの<Count On Me>がとにかく名曲!。<Runaway>もいつ耳にしても感動モノだし、<Love Too Good>なんかは、フリーソウラー悶絶確実のミディアム・メロウ・ナンバーである。
そして付け加えなければならないのが<Crazy Feeling>。これ97年にリマスターでCD化された時のアメリカ盤は大きな問題があり、開始から1分52?53秒の部分でマスター不良による音がよじれが発覚しているのだ。今回は勿論修正されているのでご安心を。

ちなみに『Dragon Fly』にも1曲<Caroline>が入っているが、ややハード仕立てながらもメロディが引き立った逸品だ。あと78年に発売されたオリジナル・アルバム未収録の<Light The Sky On Fire>。今回ボーナスでの収録が期待されたが、残念ながら実現しなかった。以上の2曲は『Gold』(これだけ紙ジャケ化は除外...泣)というベスト盤で聴く事が出来るので、興味のある方は一聴をお薦めしたい所である。
彼らのアルバムは曲によって凹凸が激しく、全曲素晴らしい!と言えないのが悲しい所だが、良い曲は徹底して素晴らしいので、是非この機会に聴いて頂きたいものだ。

実は一番完成度が高いのが79年の『Freedom At Point Zero』なのだが、グループ自体はハイトーンのヴォーカリスト、Micky Thomasを迎えて完全な産業ロック・バンドに変身。でもその手の音楽が好きな人間なら結構燃える1枚である。「ハード&メロディアスに浸りたい!」気分の時には一聴をお薦めしたい。
お馴染みのこちらにもレビューが記されているが、やはり感じている事は同じようで.....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/30-6136582f
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。