Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bee Gees/幸せの1ペンス(Mr.Natural)

beegees(natural)

ちょっと意外なアルバムを棚から引っ張り出してみた。
1974年というBee Geesの中で最もジリ貧の時に出た1枚。しかも次作には名盤『Main Course』が控えているので、彼らの歴史の中でもあまり語られる事が少ない(と言うか皆無であろう)。
しかし曲単体だと優れた曲も多く、大ブレイク時のサウンド・スタイルは、既にここで完成されていると言っても良いだろう。
要注目は<Charade>。この美しさは何度耳にしても鳥肌が立つ。あの<How Deep Is Your Love>と比較しても、決して劣らないと断言出来る程だ。
そして80年代に一世を風靡する、Barry Gibb Works(Andy GibbやBarbra Streisand、Dionne Warwick等々)に通ずる哀愁アレンジが悶絶モノだ。ちなみにSamantha Sangのデビュー作(<Emotion>のヒットがある)でも取り上げられている。
あと<Down The Road>は、この後のDisco期の片鱗を感じさせるナンバー。77年の『Live』ではテンポアップして、かなりエキサイティングな仕上がりを見せたが、このスタジオ録音も決して劣る事はない。

まぁ名盤と呼ぶには厳しい要素も多いのだが、もし中古盤屋で安く見かけたら購入しても決して損は無いと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/23-9ab469b7
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。