Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AOR Session Vol 2@新中野弁天

土曜日は第2回『AORセッション』でした。
今回は運営側を少しお手伝いさせて頂く形になりました。
しかし人前で司会をするなんて絶対に出来ない小心者のワタシ。
そこで司会ではなく曲解説という形をとらせて頂きました。
でも意外と記憶が違っていたり間違っていたりして、そこにツッコミが入るという失態もあったりして、しかもそこが観客にウケまくるという何とも言えない感じでしたね。

(演奏曲)

1部
01、Here To Love You/The Doobie Brothers
02、Marianne(I was only Joking)/Eric Tagg
03、Lowdown/Boz Scaggs
04、I'm A Camera/Marc Jordan
05、Lovin' You/Bobby Caldwell
06、Stay With Me/Gino Vannelli
07、Red Cab To Manhattan/Stephen Bishop
08、Look Away/Chicago
09、Sweet Love Anita Baker
10、Feeling Like We're Strangers Again Wilson Brothers
11、Just The Two Of Us Grover Washington Jr.
12、I Love Wastin' Time With You The Brecker Brothers
13、You Need A Hero Pages
14、ANIMAL TOTO
15、The Ending Steve Kipner
16、Breakdown Dead Ahead Boz Scaggs
17、Don't You Worry 'bout A Thing Incognito
18、Stranded Airplay
19、Bad Weather Melissa Mancheater
20、Hold The Line TOTO

2部
21、Peg Steely Dan
22、Save It For A Rainy Day Stephen Bishop
23、The Higher You Rise Maxus
24、You can have me anytime Boz Scaggs
25、Brother To Brother Gino Vannelli
26、Honesty Billy Joel
27、I Keep Forgettin' Michael McDonald
28、Jojo Boz Scaggs
29、Sister Golden Hair America
30、Walking With Strangers Marilyn Scott
31、Livin' It Up Bill Labounty
32、Answering Machine Rupert Holmes
33、Appaloosa Gino Vannelli
34、Beside You (Per Sempre Tu) Alan Sorrenti
35、Personally Karla Bonoff
36、It Never Crossed My Mind Ray Kennedy
37、It's The Falling In Love Carol Bayer Sager
38、Gotta Get Back To Love Bill Champlin
39、Cryin' All Night Airplay
40、Night Walker Gino Vannelli

相変わらず凄すぎ。曲名見ただけでグレイテストAORヒッツですね。
さて歌ったのは以下の曲です。
●Just The Two Of Us/Grover Washington Jr
この時点でかなり飲酒していたのですが(汗)、おかげで度胸が付き、良い感じで歌うことが出来ました。しかし『Winelight』のヴァージョンで仕込んでしまったので(提案はライブ・ヴァージョンだった...)歌うべき所で歌っていなかったらしく、混乱させてしまったようです。
あとサビの歌詞を間違えました(謝)。
何とか終わらせる事だ出来て良かったです。

●Peg/Steely Dan
勢いでエントリーしてしまいましたが、実は低音部分が全く取れずに苦労しまくりでした。でもコーラスの打ち合わせで、一番分かり易い高音の部分を担当するという事で決着。先日のSteely Dan Sessionの方々とも共演を果たし、かなり充実した出来となりました。

●Save It For The Rainy Day/Stephen Bishop
さて問題の...Bill Withersの時はイイ感じのほろ酔い加減でしたが、その後飲酒が過ぎヘタレモード全開に(汗)。曲自体は仕込み要らずで頭に入っていたのですが、かなり単語が並びまくる部分があり、ここが異様に早口なのです。ここは長時間練習しまくったにも関わらず、実際は全然歌えずモゴモゴ状態。最悪の滑舌になってしまいました。
あと声がいきなり出なくなりました。やはり過渡の飲酒はいけません。(反省)。

●You Can Have Me Anytime/Boz Scaggs
前曲の失態を払拭すべく、何とソフトドリンクのドーピングを行い(汗)、酔いを覚まして参戦。無事に歌いきる事が出来ました。
周囲からも「酔いが覚めたね」という声を多数頂戴してひと安心。
でもBozの曲って自分の声にマッチしていない事を再確認しました。
やはりBill Withersとか黒系の濃い声の方が良さそうです。

●Livin'It Up/Bill LaBounty
そしてコレです。
Steely Dan Sessionを見たときに感じた「ヴォーカリストは歌は勿論、見た目も大切」という心掛け、今回しっかりと実践させて頂きました。
今回凄い実力派ヴォーカリストが何人も参加されていたのですが、この曲に関しては「俺が一番だ!」という確固たるプライドで臨みました。普段躊躇しがちのワタシですが、これほどまで堂々と歌えたのは自分でも感心するくらいでした。
やはり見た目から入ると強いです。
ホンの一瞬だけ自分が好きになった気がしました。

更にCryin'All Night/Airplayではコーラスに乱入。
好評を得る事が出来ました。

今回他にも名演連発で凄いセッションになりました。
人数も増え、知らない方々も多かったのですが、皆様「AOR」というキーワードで一つになりました。

参加された皆様、長時間お疲れ様でした&有り難うございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/21-f364ffc2
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。