Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットラジオ Round216

今回はTeddy Pendergrass追悼の意を込めて、久々にソウルもので統一してみました。
勿論Teddyも選曲。彼に関係する曲は5曲あります。

James Brown、Michael Jackson、Marvin Gaye、Luther Vandross、etc.....
そしてTeddyも伝説の偉人に.....

01. Teddy Pendergrass / Come Go With Me『Teddy』(1979)
<Turn Off The Lights>に続いてシングルカットされ、R&Bチャートで14位を記録したナンバー。個人的には彼の曲の中でも5本指に入る程のフェイバリットです。ちなみに下北沢のイベントでこの曲を流した時に、店に居たカップル客の仲の良さがピークに達し(と言ってもキス程度ですが)、それに対して妙に納得した記憶があります。あのカップルは私以上に曲の魅力を熟知し、それを実践に移していたのか(^。^;)。

02. David Oliver / Love T.K.O『Here's To You...』(1980)
Teddyの代表曲として知られ、R&Bチャートで3位、総合チャートでも43位を記録しました。これはちょっとマイナーなカヴァーです。さすがにオリジナルの足下に及びませんが、これはこれで面白い出来だと思います。David Oliverは78?80年の間に4枚のアルバムを残しているシンガーで(82年没)、当該作はWayne HendersonのプロデュースによるAt Home Production制作。それだけに収録曲はどれも粒揃いです。

03. Stephanie Mills & Teddy Pendergrass / Two Hearts『Stephanie』(1981)
ミュージカルからブラコン・シーンへ。80年代は正に彼女の時代。<Whatcha Gonna Do With My Lovin'(恋の手ほどき)><Sweet Sensation><Never Knew Love Like This Before(燃える恋心)>等、数多くのヒットを放っております。この曲は通算4枚目のアルバムより。R&Bチャート、総合チャートでそれぞれ3位、40位を記録しています。James Mtume/Reggie Lucas独特のサウンド・マジックが効いたナイス・ミディアムで、Teddyとのヴォーカルの掛け合いは、聴いてるこちらにも熱気が伝わる程です。

04. Howard Johnson / Keepin'Love New『Keepin'Love New』(1982)
Niteflyteで2枚発表後ソロで3枚。Johnson/Branson名義で1枚残しているシンガー。グループ時代を除けば代表作として挙げられるのは、このファーストに相違ないと思います。そこから絶品のタイトル・ソングを。前曲との相性が抜群の為、DJイベントでは繋げて流す事も多かったのですが、この曲のプロデュースは何とKashif。どう聴いてもMtume/Lucas Productionにしか聞こえないのですが.....

05. Leo's Sunshipp / Madame Butterfly『We Need Each Other』(1978)
フリーソウル/レアグルーヴの隆盛で一気に名盤の仲間入りを果たした作品より。アルバムは8曲入っているものの、内訳は4曲+同じ曲のインスト4曲。詐欺ですね(爆)。でもその4曲の出来は素晴らしく、Al JohnsonやMarlena Shawの名カヴァーを生んだ<I'm Back For More>や、DJ人気曲<Give Me The Sunshine>の完成度は圧倒的。そしてこの曲はその中でも頂点に位置するモノだと断言しても良い程です。Tavaresのヴァージョンも最高です。

06. Maze featuring Frankie Beverly / Can't Get Over You『Silky Soul』(1989)
昨年のプレミアムライブも大成功。日本でも人気を確立した彼ら最大のヒット作より。R&Bチャート制覇。ブラック・ミュージックの主流がNew Jack SwingやRap/Hip-Hopに変わる前の、ソウル・ミュージック最後の輝きと言った所ですかね?

07. Marvin Gaye / I Wanna Be Where You Are(Unedited Mix)『I Want You(Deluxe Edition)』(1976)
彼の代表作でもあり、尚かつあのLeon Wareの出世作としても有名な一枚。オリジナルはMichael Jacksonの『Got To Be There』に収録されており、R&Bチャート2位、総合チャート16位を記録しております。Marvinのヴァージョンは元々1分18秒しかなかったのですが、2003年に出た2枚組デラックス・エディションの2枚目『The Sessions』に、何と6分7秒のロング・ヴァージョンが収録。今回はこちらをセレクトしました。

08. Harold Melvin & The Blue Notes / You Know How to Make Me Feel So Good『Wake Up Everybody』(1975)
ここで再びTeddy関係を。彼のグループ在籍時代のヒットと言えば、Simply Redのカヴァーが総合チャートを制覇した<If You Don't Know Me by Now(二人の絆)>を始め、ダンス・クラシックとしても有名な<Love I Lost><Bad Luck>あたりが挙げられます。この曲はややマイナーな存在ですが、個人的には彼らの曲の中で一番のフェイバリットです。メインはHarold Melvin(多分)とSharon Page(ヒット曲<Hope That We Can Be Together Soon>ではTeddyとデュエットしております)。途中で絡むTeddyのヴォーカルが何とも説得力に溢れており、聴く度に心が熱くなります。フリーソウルではCollins And Collinsのカヴァーも有名ですが、やはりオリジナルをオススメしたい所です。

09. Marlena Shaw / (Theme From“Looking For Mr.Goodbar”)Don't Ask To Stay Until Tomorrow『Acting Up』(1977)
あのDavid T WalkerやChuck Rainey、Harvey Masonなどをバックに従えた2009年の来日公演も大成功。すっかり日本でも人気になった彼女。代表曲である<Street Walking Woman>、<Loving You Was Like a Party>などに比べると知名度こそありませんが、実はこの曲が私がリアルタイムで初体験した彼女のナンバー。それだけに思い入れも強いです。
映画は見た事ありませんが、女教師がクスリとセックスに溺れ、やがて身を滅ぼしていく様を描いた秀作との事です。日本公開時の邦題は『ミスター・グッドバーを探して』。

10. Al Johnson / Tonight's The Night For Love『Back For More』(1980)
ここで前曲と相性バッチリのナンバーを。フリーソウル世代にはガイドブックにも掲載された1stの『Peaceful』が人気ですが、ブラコンをリアルタイムで聴いてきた世代にはやはりこちらでしょう。哀愁に満ち溢れたメロディ。幻想的とも言える曲調。完成度の高い逸品です。

11. Tavares / God Bless You『Loveline』(1981)
詳しくはHPを参照して下さい(Tavaresの部分をクリック)。このアルバムはヒットの規模こそ小さいものでしたが、躍動感溢れるアップ。哀愁系ミディアム。心に染み入るバラード。全てが完璧と呼べる内容で、後年は大きな再評価を受け、名盤の仲間入りを果たしました。この曲は作者であるBrenda Russellのヴァージョンも素晴らしいのですが、持ち前のコーラス&ハーモニーを駆使した彼らの方がやはり出来は上です。

12. Teddy Pendergrass / You're My Latest,My Greatest Inspiration『It's Time For Love』(1981)
最後は勿論Teddyで締めくくります。R&Bチャート4位。総合チャート43位は決して大きなヒットではないのですが、個人的には彼の残した名曲の中で最も敬愛する、崇高なる逸品だと思います。メロディに泣き、歌唱に泣き、アレンジに泣き.....何度耳にしても号泣するばかりです。

?ネットラジオの聴き方?

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左上に黄色いラッパのマークが出てきます。
ラッパのマークをクリックするとログインを則すウィンドウが出てきますので
メールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後はラッパのマークをクリックすると聴けるようになります。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
詳細→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その2の方が手っ取り早いと思いますが
会員登録して聴くとそれぞれの曲に☆で評価ができますよん!

オンエアー中の曲は↓から見ることができます。
http://www.live365.com/pls/front?handler=playlist&cmd=view&handle=breeze_aor

全ての選曲は↓まで。
Yahoo!AORファンの方の掲示板


davidoliver3.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/150-fc2b4fa5
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。