Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットラジオ Round198

lobo2.jpgmichaelomartian2.jpg101north.jpg

徐々に秋の香りが深まり、哀愁系ナンバーが似合う季節になりました。
今回はそんな雰囲気を演出してみました。

01. Aquarian Dream / You're a Star 『Fantasy』(1978)
祝!初CD化!あのNorman Connorsが送り出したグループの傑作2ndより。ここからは<Fantasy>がコンピ『Free Soul Garden』に収録され、クラブでも大人気曲となりましたが、こちらも実は昔からUKのクラブシーンでは人気のあったナンバーです。

02. George Benson / Show Me The Love 『Songs And Stories』(2009)
いきなり現時点での最新作より。このアルバムは久々にAOR/ブラコン路線に回帰したと言われている話題作。そしてこの曲の作者はDavid PaichとSteve Lukather。更に曲自体はあの<Turn Your Love Around>に、JBテイストをまぶしたような何とも粋な雰囲気。好曲揃いの収録曲の中でもひときわ光っている秀曲です。

03. Lobo / It's Time To Face The Music And Dance 『Lobo』(1979)
79年の傑作アルバム『Lobo』より通算3曲目のセレクト。
アルバム中最もアップテンポのナンバー。
Light Mellow指向のクラバーには、マストと断言しても良いくらいです。

04. Michael Omartian / Whachersign 『Adam Again』(1976)
アメリカのTVドラマ<Happy Days>のテーマ曲が、全米Top5ヒットとなった事でも知られているデュオ。Pratt & McLainの2ndの収録曲。コンピ『Free Soul River』に使われて一躍有名になりました。
でも先に出たのは恐らくこちらだと推測されます。ちなみにバックトラックは両者とも殆ど同じです。

05. Sade / Maureen 『Promise』(1985)
メジャー・アーティストのメジャーアルバムの意外曲。
どうしても<The Sweetest Taboo>で語られがちですが、この曲は陰影に富んだ収録曲の中でも一番ポップで明るい雰囲気を醸し出しております。シングル・カットされなかったのが不思議な位ですね。

06. Bob James / Dream Journey 『Two』(1975)
TV番組『世界あの店この店』のテーマとして知られている、<Take Me to the Mardi Gras>で有名なアルバムに収録されている佳曲。ちなみにこちらは80年頃に、FENの夕方の番組のCMジングルとして頻繁に使われておりました。

07. Chicago / Bright Eyes 『Chicago VIII』(1975)
最近紙ジャケ化された彼らのアルバムより。でも実はアナログ・ジャケはロゴの部分が刺繍されており、これは残念ながら再現されませんでした。この曲はRhinoからCD化された際のボーナス・トラック。作者&ヴォーカルはRobert Lamm。彼の『Skinny Boy』に収録されてもおかしくないような、R&Bフレイバーに満ち溢れた逸品です。

08. Robert Lamm / A Lifetime We 『Skinny Boy』(1974)
今回はそのアルバムからも一緒にセレクト。フリーソウル・ガイドブックとして知られる『Suburban』にも、推薦曲として取り上げられております。だが一緒に推薦されていたファンキーな<Love Song>なら分かりますが、ミディアム・バラードのこの曲がクラブで本当に受けていたとは思えないのですが...。
勿論Pre-AORとしては最高の1曲です。

09. Fleetwood Mac / Mystified 『Tango In The Night』(1987)
純然たるAORアーティストとは言えないまでも、彼らを支持しているのはやはりその世代。黄金の5人によるラスト・スタジオ・アルバムとなった当該作は、制作にあたって色々複雑な人間関係があったようですが、収録曲はどれも粒揃いで個人的には超絶大ヒット『Rumours(噂)』よりもフェイバリットだったりします。その中でもLindsey BuckinghamとChristine McVieが共作したこのナンバーは、地味ながらも美メロが光る珠玉の名曲です。

10. Rupert Holmes / Full Circle 『Full Circle』(1981)
わざわざ<Escape>や<Him>を持ち出す必要が無いくらいに、AOR界を代表する大御所的な存在である彼。このアルバムは比較的地味な存在ですが、使い込まれた調度品のように聴けば聴くほど魅力が伝わる傑作です。その中でもメロディの美しさが際だっているタイトル・ソングをセレクトしました。

11. George Duke; Stanley Clarke / Touch and Go 『The Clarke/Duke Project』(1981)
一部フュージョン・ファンには熱狂的に支持されていた彼ら。このコラボ作とヒット曲<Sweet Baby>により、広く一般にその存在が認知されました。この曲は同じアルバムに収録されている、<Sweet?>と双璧を成す傑作バラードです。2人のコラボ作は他に1983年と1990年に出ております。

12. 101 North / So Easy 『Forever Yours』(1991)
エンディングはそのGeorge Dukeプロデュースによる、隠れた名グループのバラードで締めくくります。作品は2枚残されていますが、マニアックなサウンド指向の1stに比べて、2ndはグッとポップに接近し王道ブラコンを聴かせる傑作となりました。メンバーにはGeorge絡みの作品は勿論、他にも色々なセッションで活躍しているシンガーのCarl Carwell。そして数々のアルバムを発表し確固たる地位を築いた、SaxのEverette Harpの名もあります。

?ネットラジオの聴き方?

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左上に黄色いラッパのマークが出てきます。
ラッパのマークをクリックするとログインを則すウィンドウが出てきますので
メールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後はラッパのマークをクリックすると聴けるようになります。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
詳細→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その2の方が手っ取り早いと思いますが
会員登録して聴くとそれぞれの曲に☆で評価ができますよん!

オンエアー中の曲は↓から見ることができます。
http://www.live365.com/pls/front?handler=playlist&cmd=view&handle=breeze_aor

全ての選曲は↓まで。
Yahoo!AORファンの方の掲示板

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/143-9cc500e7
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。

-

管理人の承認後に表示されます...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。