Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットラジオ Round186

stevecarlisle.jpgfifthdimensionsoul.jpggonzalez7.jpgsteviewoods2.jpglrbfirst.jpgsembellowithout.jpg
毎度恒例の『棚からわしづかみ』。
実は選曲を早々と決めて、ラジオ局のサーバーにアップしていたのですが、
金曜日に飛び込んできた驚きの訃報!
まさか...まさかですよね?
そこで3曲差し替え、彼絡みの楽曲の中で最も好きな曲を入れました。
(1、4、12)
本当はまだ信じられないのですが...
Michael Jackson...R.I.P...

01. Michael Jackson / I Can't Help It 『Off the Wall』(1979)
まずは問答無用の大名盤から。
シングル・ヒットしていないにも関わらず、ファンの間では隠れた名曲として人気の高い逸品。
自分も彼の残した楽曲の中で、コレが一番のフェイバリット。
作曲はStevie Wonder。Grover Washington JrやJudy Robertsのカヴァーもナイス。

02. Pete Townshend / And I Moved 『Empty Glass』(1980)
The Whoのギタリストとして人気も実力も最大級に位置する彼が、80年に出した1stソロより。グループの亜流を組むストレートなロックが大半を占めるが、意外な程にダンサブルかつメロウなナンバーも数曲。この曲はその筆頭とも言える。幻想的なイントロから始まる都会感覚に満ち溢れたお洒落な雰囲気は、とても彼が演じているとは信じがたい程だ。

03. Steve Carlisle / WKRP IN Cincinnati 『WKRP In Cincinnati』(1982)
放送局WKRPを舞台に様々な人間模様が展開される、アメリカのTV番組のテーマ曲。
どこかJoey Scarburyの<The Theme From “Greatest American Hero” (Believe It Or Not)>に近い雰囲気を感じるのは私だけか?流れるようなビートと高揚感溢れるメロディは、フリーソウル系DJも要チェック!

04. The Jacksons / Show You the Way to Go 『The Jacksons』(1976)
衝撃の訃報の後に色々彼の特集が組まれ、放送されたり記事になったりしているが、どういう訳かJackson5からThe Jacksonsへと改名し、Epicに移籍した事に触れているものはほぼ皆無状態。76?80年にかけて意欲作を4枚も発表しているのに(下手したらJackson5→『Thriller』に話題が飛ぶ事も多い。『Off The Wall』はどーした!(激怒豪雷!))。で、この曲は改名&移籍第1弾作より。心地よいビートに絡む美しいストリングスが、極上の雰囲気を作り上げている。ちなみにガラージ・ネタとしても知られている。フィラデルフィア・ソウルの立役者Gamble And Huffによる緻密なプロダクションとMichaelとの共演は、今となっては珍しいかも。

05. The 5th Dimension / No Love in the Room 『Soul & Inspiration』(1974)
<Up Up And Away(ビートでジャンプ)><Aquarius?Let the Sunshine In(輝く星座) >等々ヒット曲は数知れず。黒人グループでありながらSoul/R&Bよりも、ポップ/ロック的なアプローチを積極的に行って来たのが彼らの大きな特徴だ。またソフト・ロック方面の人気も高く、更にそのサウンドスタイルは後年Swing Out SisterやBasia、Workshyあたりに引き継がれた。
この曲は74年のBell Record最終作より。甘美なストリングスが実に効果的なアーバン・チューンだ。

06. Sergio Mendes / Masquerade 『Ye-Me-Le』(1970)
彼の曲は時々選曲しているが、今回は6枚目のアルバムより。George BensonやCarpentersの曲とは同名異曲だが、こちらもなかなか魅力的なメロディ進行を持つ逸品だ。

07. Gonzalez / Bless You 『Our Only Weapon Is Our Music』(1975)
先日(2009年6月24日)に1stアルバムと一緒に、紙ジャケでCD化が実現した2ndより...と言いたい所だが、今回のCD化はUK盤を元にしているので、US盤のみに収録されていたこの曲は未収録。こちらも何かの機会にCD化してほしいものだ。オリジナルは何とJohn Lennon。珠玉の名バラードをゆったりしたミディアムに仕立て直している。

08. Stevie Woods / The Other Way Around 『The Woman In My Life』(1982)
どうしても<Steal The Night>と1st『Take Me To Your Heaven』で語られてしまいがちだが、2nd、3rdも実は好内容。特に2ndのA面に立ち並ぶバラード群の出来の良さは圧倒的。その中でもこれは比較的軽めのミディアム・フロウだが、サビのメロディが印象的でいつまでも耳に残る。

09. Little River Band / By My Side 『First Under The Wire』(1979)
圧倒的なスタンダード<Reminiscing>(邦題<追憶の甘い日々>)で語られるグループ。アルバムはこの作品が一番であろう。その中でも特にAORに根ざしたミディアム・フロウをセレクト。メジャーのメロディを存分に生かした明るいサウンド・メイキングは、いつ聴いてもクリスタルなあの頃を連想させる。

10. Michael Sembello / Wonder Where You Are 『Without Walls』(1986)
<Maniac>のヒットを生み出した『Bossa Nova Hotel 』に続く2ndより。産業ロックやニューウェイヴ?ダンスポップ的なアプローチは当時賛否両論を呼んだが、彼らしいメロディに彩られたナンバーは流石の完成度。この曲もその中の1つで、ミディアム・ビートに狂おしいまでの美メロを聴かせる逸品だ。

11. David Benoit-Russ Freeman / Two Survivors 『Benoit/Freeman Project 2』(2003)
私にしては珍しく(?)、21世紀以降の音源からセレクト。94年の1stに続く2人の共演第2弾。ヴォーカルを担当するのは元Pure Prairie Leagueで、その後ポップ・カントリー界で大ブレイクを果たすVince Gill。小野リサあたりが好んでやりそうな、ブラジリアン・スタンダードの香り高き珠玉の名曲だ。

12. Carole Bayer Sager with MJ / Just Friends 『Sometimes Late At Night』(1981)
最後はMichael Jacksonの曲の中でも、あまり知られていない隠れた名曲を。
このアルバムは雑誌のAORコーナーで、「無人島に持っていきたい1枚」という特集を組むと、あのAirplayなどと共に必ず上位に入る程ファンに愛されている名盤。その中でもこれはハイライト・トラックの1つでもある。Michaelのヴォーカルは優しく暖かく、そしてどこか物悲しい...

?ネットラジオの聴き方?

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左上に黄色いラッパのマークが出てきます。
ラッパのマークをクリックするとログインを則すウィンドウが出てきますので
メールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後はラッパのマークをクリックすると聴けるようになります。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
詳細→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その2の方が手っ取り早いと思いますが
会員登録して聴くとそれぞれの曲に☆で評価ができますよん!

オンエアー中の曲は↓から見ることができます。
http://www.live365.com/pls/front?handler=playlist&cmd=view&handle=breeze_aor

全ての選曲は↓まで。
Yahoo!AORファンの方の掲示板

スポンサーサイト

コメント

Re: youtube

>tama760さん
すっかり放置状態でスミマセン。
オンラインでは初めまして。
でもYoutubeを拝見すると、何となく正体が分かるような...
最近またスランプ気味なのでブログ更新が滞っておりますが(汗)、
新しくネットラジオ更新したので、久々に頑張って書こうと思います。
次回お会いした時にでも色々な話題で盛りあがりましょう。
宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/135-eaac6bac
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。