Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peabo Bryson/I Am Love

peaboiamlove

強烈な猛暑もようやく過ぎ去り、深まる秋を実感する最近。聴きたい音楽は人それぞれだけど、ワタシが無性に聴きたくなるのはブラコンのバラード系。
今回紹介するのは彼の通算6枚目(Duo作除く)で81年の丁度今頃にリリースされた。そして数ある彼の作品の中でもトップクラスの誇る内容である。
特に<I Am Love>、<Spirit Decision>、<There's No Guarantee>、<Let The Feeling Flow>の4曲のミディアム・バラードの出来は圧倒的で、その後の彼の快進撃の先鞭をつけたと言っても過言ではないであろう。
他にも歌い上げるスローの<Impossible>と<You>も心に染み渡る。そしてアップも素晴らしく、その中では軽いスウェイ・ビート仕立ての<Get Ready To Cry>が秀逸だ。名曲は多いものの全体を通すと少し曲の出来に差が出てしまう彼だが、その中でも一番凹凸が少ないまとまった逸品であると言えるだろう。

76年のデビューから着実なヒットと4枚のアルバムをリリースし、80年のNatalie ColeとのDuo作でようやく日本デビュー。その後はRoberta Flackとのライブや、81年初頭に『Turn Back The Hands Of Time』と出ているが、当該作でようやく日本のメーカーも本腰を上げて彼の売り出しにかかっていた。しかし本国ほどの成果を得られず、次にあたる82年の『Don't Play With Fire』は内容の良さに反してまたも日本未発売に終わる。彼の知名度がこちらに浸透するのは、再びRoberta Flackと組んだ『Born To Love』と大ヒット、<Tonight I Celebrate My Love(愛のセレブレーション)>まで待たなければならなかったのだ。

<Beauty And The Beast>や<A Whole New World>のイメージでどうしても軽く見られている感は否めないが、ここの収録曲はどれも重厚で聴き応えがあるものばかり。是非誤解を払拭する意味を込めて多くの方々に聴いて頂きたいものである。
でもこれ実は未CD化。中身が中級のレア盤のCD化ばかり目立っているブラコン界であるが、こういうモンスター級の名盤が置き去りにされている現状は何とも耐え難い。早急に何とかして欲しい限りだ。
スポンサーサイト

コメント

Thanx

教えてくれてかんひゃです。
どうも最近情報が疎くて困りますワ。
早速レビューしてみました。

ふむふむ。

たしかにエレクトラ以前のピーボって全然CDになりませんね。
Wounded Birdから出たのも過去国内盤で発売済み
のヤツばかりだったし。
新作が出てたけどチェックしましたか?
一応Prod.はBarry J. Eastmondだったよ。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/13-6fdd40b0
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。