Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いしだあゆみ/S.T

ayumi.jpg
「あゆ」と言えば いしだあゆみ(笑)。
<ブルーライト・ヨコハマ>を始め数々のヒットで有名であり、女優としても今や大御所的な存在である、元祖「きれいなお姉さん」の彼女。ティン・パン・アレイとの共演盤はCity Popsの名盤として崇められているが、実は今回紹介する作品もそれに匹敵する1枚だ。先日格安で入手したので紹介する。
ジャケを見るといかにも演歌!というイメージだが、中身の音は正反対。洗練された都会派サウンドが詰まりまくっているのだ。
シングルカットされた<赤いギヤマン>は歌謡曲をベースに、テクノとレゲエが微妙に交差する佳曲。
作曲は名盤『レオニズの彼方に』でも知られている、当時売れっ子だった滝沢洋一。
彼は4曲書いているが、他にも佐藤健が3曲書いていたりする。
そして続く<波になって>でいきなりシティ・ポップス度にググっと接近。
作詞の呉田軽穂は説明不要(笑)。この曲は自身の『昨晩にお会いしましょう』あたりに収録されてもおかしくないテイストかも。
次のバラードの<砂時計>も作家陣が同じため路線は変わらず。
都会路線一直線の<夢さがし>は、<波になって>とともにアルバム中ベスト・カット。
などなど、やや曲の凹凸はあるとは言え、全体の出来はかなりのものだ。

さて仕掛け人だが、編曲にまず井上鑑(7曲担当)。そして参加メンバーは林立夫、マイク・ダン、松原正樹、今剛などなど。つまりパラシュートですな(笑)。
確かに曲によってはその後に出る、寺尾聰の『Refrections』を彷彿とさせる部分があったりするかも。

昭和歌謡とJ-AOR(この表現一部では不評だが、私は敢えて使わせて頂く)の融合。そんな不思議なテイストの1枚である。CD化にはなっていないようだが、中古盤で見つかればかなりの破格値である筈なので、もしバーゲンコーナーで見つけたら、是非購入してもらいたいものだ。

そう言えば先日の『サンデー・ソング・ブック』で、石川さゆりの意外とも言えるシティ・ポップス調のナンバーが流れた。もしかすると演歌/歌謡曲と呼ばれる人間のアルバムにも、とてつもないLight Mellowテイストの曲が入っているのかも知れませんな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/113-19e63c3c
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。