Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rodney Franklinが世界初CD化

「Rodney FranklinなんかもCD化が実現して欲しいけど、無理か?」
なんて書いたら本当に出てしまったから驚きですヮ。
遂に世界初CD化が実現!
メロウ・ソウル系フュージョンのマニアなら、避けては通れない存在。知名度に関してはWebster Lewisよりマイナーかも知れないが(フリーソウルのコンピにも入らなかったし)、私はこの人の方が強い思い入れがあったりするのだ。
本当はリリース順に紹介すれば分かり易いのだが、彼の楽曲と私の音楽人生との関わり合いは、意外と深いものがあったりするので、実体験を元に書かせて頂く。

一番最初に聴いたのは<The Groove>。1980年当時、曲だけはFENで頻繁に流れていたのですぐに覚えたものだ。しかし何故かDJがアーティスト名や曲名を言わなかったのだ。いや今考えたら単に聴き落としただけなのかも知れない。いずれにしても判明するにはかなりの年月を要した訳だ。
収録アルバム『You'll Never Know』(通算2枚目)もかなり遅れて購入。スピリチュアルなジャズ曲が多かったり、ヴォーカルは極少だったりするが、全体に漂う程良いメロウ感が心地よい秀作だ。当時のRamsey Lewisや、Lonnie Liston Smithあたりに共通する部分も多い。
rodney2.jpg

初めてRodneyの名を認識したのは81年。当時ヒットしていた<Hill Street Blues>(オリジナルはMike Post featuring Larry Carlton)のカバー。やはりキッカケはFEN。勿論彼の名前はその時に初めて覚えたのだが、近所のレコ屋は勿論、池袋の大きな所に行っても分からなかったのだ(後で分かったのだが、彼の作品は全て日本未発売)。それだけに近所の貸しレコード屋で発見した時には、心臓が止まるかと思いましたねぇ(大袈裟)。
アルバム『Endless Flight』(4枚目)は、ヴォーカル曲が少し増えてブラコン度上昇。先の<Hill?>のカヴァーも良いが、タイトルソングの出来が圧倒的に素晴らしく、過去のDJイベントでも時々流していた程だ。あるHPの解説で読んだのだが、Kyoto Jazz Massiveがネタに使ったらしい。さすがのセンスの良さですな。
rodney4.jpg

さて遡る形で2枚紹介。デビュー作である78年の『In The Center』には、あのJeff Porcaroが5曲に参加。彼独特のプレイが存分に楽しめる。ブラコン色こそ希薄だがメロウな曲も多く、内容的にもかなりお薦めだ。そして『Rodney Franklin』は80年暮れに発表された3rd。ややもするとムード音楽1歩手前の曲もあったりするが、そこはファンク度を隠し味に使い、楽曲をキッチリ引き締めている。<Theme From Jackie>はWebster Lewisの所で紹介したコンピ『Quiet Paradise』にも収録。あのSpyro Gyraの1stに収録されていた<Cascade>を彷彿とさせる、抜群のキラー・トラックだ。
rodney1.jpgrodney3.jpg

その他のアルバムにも触れておく。82年の『Learning To Love』と84年の『Marathon』の2枚はStanley Clarkのプロデュース。特に前者の内容は素晴らしく、あの名盤Clark Duke Projectのメロウな部分をフォーカスしたような、秀逸な楽曲が立ち並ぶ。Christopher Crossの<Sailing>や、名曲中の名曲<Thats The Way I Feel 'Bout Your Love>が素晴らしい。それに引き替え後者は、時代を感じさせる打ち込み濃度強めでNGだ。
rodney5.jpgrodney6.jpg

85年の『Skydance』も同じような路線だが、少し軌道修正されメロウな楽曲多めで構成。86年の『It Takes Two』もその延長線上にあるが、Michel Colombierが制作に関与したので、更に完成度が上がった印象だ。Brenda Russellがヴォーカルを担当した、<Look What's Showing Through>はナイス・トラックだ。
rodney7.jpgrodney8.jpg


88年の『Diamond Inside of You』と92年の『Love Dancin』は、未所持のためコメント不可(>_<)。

さて今回CD化になったのは『In The Center』と『You'll Never Know』の2枚のみ。
これはSME社の企画「スーパー・プレミアム・シリーズ:Vintage in 70's」のアイテムとして出されたものだ。
他のラインナップは

Freestyle/Bobbi Humphrey
Spread Of The Future/Ndugu & The Chocolate Jam Company
Don't Let Go/George Duke
Reach For It/George Duke
Love Satellite/Ronnie Foster
Writers/Writers
All In Fun/Writers
Elementary/Wah Wah Watson

凄ひ.....(◎_◎)
全部買ったら金がいくらあっても足りないので(アナログは所持)、この中から選んで購入する事になりそうだ。でも生産限定盤。無くなったらヤフオクあたりで高額必至。ここは思い切って大人買いするかぁ!?
スポンサーサイト

コメント

No title

>夜鳥氏
先日は花見乙でした。
それにしても凄まじい買い方ですな。
自分はまだ買ってません。
モタモタしていたら無くなりそう。

しちゃいましたよ

大人買い。
世界初CD化のものは全て購入しました。
Webster Lewisもまとめ買いしたので
全然聴けてません。汗
ま、嬉しい悲鳴ってヤツですか。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/102-e1fcada3
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。