Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swing Out Sister at 赤坂Blitz

先日彼らの新作のレビューをアップしたが、タイミング良く来日したので今回初めて観戦。
会場は新装となった赤坂ブリッツ。確かIsley Brothers以来だ。
客層は幅広い年齢層。でも女子大生や20代OLは極少。かつてはメインの購買層だったのに。まぁ最近は<Breakout>が携帯のCMに使われたくらいで、大きなヒットがないから仕方がないのかなぁ。その分禿白髪のオヤジ(筆頭は私...泣)もかなり多かった。考えて見ればデビューは1986年。まだまだ新しいグループと思いきや、もう大ベテラン・グループなんですな。

バンドは6人。一緒に同行した友人の話では、昔はコーラス隊やホーン・セクションもあり、かなり豪華な編成だったとの事。ここにもヒット無しの苦しい状況が出ているのかな。

オープニングは<Surrender>。日本だけの企画ライブは持っていないので、初めて生の彼らを聴いたのだけど、Corinneのヴォーカルはかなりソウルフルで歌い上げ系。もっと線が細いと思いきや、これは嬉しい限りだ。
ただ今回は新作お披露目ライブという事もあり、選曲はそこからが中心。ヒット曲しか知らない人間にとっては結構退屈だったと思う。私もレビューを書いていながら頭で覚える程聞き込んでいないので、「あれ?この曲何の収録曲だっけ?」と混乱する事もしばしば。
あと中ヒット曲を全て外し、アルバム収録曲に焦点を絞ったのが今回の大きな特徴。
選曲バランス的には
『It's Better To Travel』、3曲
『Keleidoscope World』、1曲
『Get In Touch Yourself』、2曲
『Living Return』、1曲
『Shapes And Pattan』、0曲
『Fifth And Dreams』、2曲
『Somewhere Deep In The Night』、0曲(何でこの大名盤から演らんの.....T_T)
『Where Our Love Grows』、1曲
『Beautiful Mess』、6曲
+<Now You're Not Here>
だった筈だが、間違いが有ればご指摘頂ければ幸いだ。

さて問題はバンド。少数精鋭であのサウンドの再現はどう考えても無理。したがってシンプル・イズ・ベストに徹した音作りとなった。アルバムで言えば『Fifth And Dreams』の路線。なので同アルバム収録の<Sugar Free>は、今回の演奏曲の中でも特に光っていた。ただ他の曲に関してはゴージャスなスタジオ録音盤に慣れている耳には、やはり空虚感は否めなかった。これを考えれば一大オーケストレーションを駆使した『Somewhere?』の選曲が0になったのも分かる気がする。
「あの音をキッチリ再現するのなら、キーボード2人でガッツリやるべき。そういう意味では今回のバンド・アプローチは正解。」という意見もあったが、やはりあのカラフルな色彩の音像を求めてしまうのは、ファンの悲しい性と欲求。やはりAndy Connnellの不参加は痛い限りですヮ。

アンコールでお約束の<Break Out>。でもアレンジ(と言うかリズム)が変わっていて違和感バリバリ。
と思いきや、後半あの<Sun Goddess>を間に挟むというなかなかのアイデア。
でもやはり最大の目玉曲なので、ここはオリジナル通りにやって欲しかった。

終演後は「良かった」という声多数。ただ今後シンプルなライブをやるのであれば、もうブリッツのようなオール・スタンディングのような会場は最後かなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mellowfloater.blog120.fc2.com/tb.php/101-ca19ca55
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。