Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2013/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2013/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットラジオ Round 398

今回のテーマはズバリ。
このB面がおまえにわかるかw

まだLPレコードの買えぬ小坊~中坊時代。
少ない小遣いで買ったシングル盤。
A面は勿論の事、B面もしっかり聴き倒したものでした。
今回はそんなシングル・ヒットのB面に収録された曲を集めてみました。
これらの曲が気に入った事により後日。もしくは数年経ってアルバム購入に繋がったものも多数存在します。
珍しいほどにw有名アーティストが立ち並んでおります。

最新プレイリスト

【Breeze AOR Radio Station】 Round 398 (2013/10/13)

Artist Name / Song Title / Album Title

★選曲:Mellowfloater
01. Electric Light Orchestra / Fire On High『Face The Music』(1975)
初めて買った彼らのシングル盤が「オーロラの救世主(Living Thing)」。そのB面に収録されていたのがこの曲。クラシカルでドラマティックな展開の虜となってしまいました。ちなみに次のシングル「哀愁のロッカリア(Rockaria!)」のB面に収録された「Poker」も気に入ってしまい、こちらもA面を差し置いてヘビロテ。両方とも当時ヒットしていた「A New World Record」ではなく前作「Face The Music」収録曲。翌年にアルバムを購入。曲調がオーケストラに相応しいため、今回はELO表記は避けました。

02. Sweet / Lost Angels 『Off The Record』 (1977)
産業ロックからも1曲。「Fox On The Run」「Action」の2枚のシングルを所持していた中坊時代の私。「Fever Of love(愛の炎)」はAT40にはおろか日本のヒットチャートにすら入っていなかったマイナーな曲ですが、当時FM/AMの洋楽番組でかかっており、そこで耳にして気に入り購入。B面のこの曲も聴きまくりました。ただLP購入は少し遅れ、数年後にDisk Unionの中古盤で500円くらいで買いました。

03. Dionne Warwick / In Your Eyes 『Dionne』 (1979)
Barry Manilowプロデュース。全米5位の大ヒットを記録し彼女の第2の黄金期を飾った「I'll Never Love This Way Again(涙の別れ道)」。そこのB面に収録されたのはBarry書き下ろしのスローバラード。こちらもA面に負けず劣らず聴き倒したものでした。アルバム購入は次のシングル「Deja Vu(恋にめぐり遭い)」ヒットの直後。

04. Chicago / Together Again 『Chicago X』 (1976)
彼ら初の全米No1にしてポピュラー界を代表するスタンダード「If You Leave Me Now(愛ある別れ)」。美しいバラードのA面と対照的にB面はLee Loughnan作/Voによる軽快な逸品。あの「Call On Me」を彷彿とさせる優しいメロディに溢れたナンバー。私はやはりこの頃の彼らが一番好きです。

05. Player / Every Which Way 『Player』 (1977)
デビュー・ヒットで全米No1。AORを代表するナンバーとなった「Baby Come Back」で華々しく登場した彼ら。この曲は2枚目のシングルで10位を記録した、「This Time I'm In It For Love(今こそ愛のとき)」のB面。どことなくMichael McDonaldがやりそうな雰囲気ですが、この時点ではまだ「What A Fool Believes」未発表。もしかしたらMichaelではなく彼らがあの独特のパターンを作ったのか?

06. Heatwave / Turn Out The Lamplight『The G.T.O. Singles Collection』 (2010)
今回の趣旨だと本来ならば「Boogie Nights」や「The Groove Line」のB面を取り上げるべきなのでしょうが、George Bensonで有名なこの曲にオリジナルがある事を知った時、絶対にラジオで流したいと思っていたので今回選曲しました。ちなみに「Super Soul Sister」のB面に収録。シングルはイギリスでしかリリースされなかったみたいです。

07. Billy Joel / Get It Right The First Time 『The Stranger』 (1980)
初の全米Top3ヒットにしてポピュラー史を代表するスタンダード「Just The Way You Are(素顔のままで)」。大名曲のB面はA面に負けず劣らずの大名曲。フュージョンとラテンがクロスオーヴァーした刺激的なナンバーです。『Glass Houses』でロックンローラーになる前の彼の曲ってどれもメロウで魅力的。この曲と次作『52nd Street』収録の「Rosalinda's Eyes」はフリーソウル系のイベントでも頻繁に流した記憶があります。

08. Queen / '39『A Night At The Opera』 (1976)
初めて買った洋楽シングルレコードが「Bohemian Rhapsody」そのB面に入っていた「I'm in Love With My Car」もお気に入り。そしてその数ヶ月後出た「You're My Best Friend」も速攻で購入。そのB面であったこの曲には驚きました。完全なカントリー・ミュージック。でも随所で彼ららしいサウンド・メイキングを感じさせる所は流石です。その後LP『オペラ座の夜』購入。Queenというロック・バンドの凄さ。美しさ。グロさw。すっかり骨抜きにされてしまった中坊でありました。

09. Santa Esmeralda / You're My Everything 『Santa Esmeralda』 (1977)
オリジナルのAnimalsは勿論、尾藤イサオも知らぬ中2。「悲しき願い」と言えば彼らでした。そしてB面のこの曲には驚き!モロに歌謡曲的な泣きのメロディに一発でノックアウトされてしまいました。コレ野◯伸司あたりの脚本のドラマに使われたら大ヒットしそうな感じですねぇ。

10. Bee Gees / Edge Of The Universe 『Main Course』 (1975)
「You Should Be Dancing」を始め彼らのシングルを買い集めていたワタクシ。「Nights On Broadway(ブロードウェイの夜)」は実家近くのレコード屋には置いておらず、確か池袋西武のDisk Port(後のWave)で買った記憶があります。で、そのB面がコレ。実はこの曲は後にライブアルバムからシングルカットされ、最高26位を記録するヒットとなりました。

11. Eric Carmen / My Girl 『Eric Carmen』 (1976)
「All By Myself」「Never Gonna Fall In Love Again(恋にノータッチ)」の美メロにすっかりやられしまった中坊。聴いた事の無かったこの曲も買っちゃいました(シングル3枚買うくらいならLP買えばいいのに...)。で、B面のこの曲も気に入ったのですが、今改めて聞くとメロディ。アレンジなどなど。モロにBeach Boysですね。で、数年後にアルバムを買ったのですが、キッカケは単に「All By~」のロング・ヴァージョンが入っていたからw

12. Boz Scaggs / We're All Alone 『Silk Degrees』 (1976)
そして最後は超有名曲。でもコレがB面だった事、結構知らないヒトが多いみたいですね。何とあの「Lido Shuffle」のB面でした。勿論購入当時からAB両面お気に入りでしたが、Rita CoolidgeがカヴァーしてからはB面ばかり聴くようになりました。ちなみに「Lowdown」のB面は「Harbor Lights」だったりします。


全曲リスト

★選曲:くらっきん氏
13. The Dukes (Bugatti & Musker) / Mystery Girl 『The Dukes』 (1982)
14. Adrian Gurvitz / Untouchable And Free 『Sweet Vendetta』 (1979)
15. The Doobie Brothers / Takin'It It To The Streets 『Takin'It It To The Streets』 (1976)
16. Christopher Cross / Spinning 『Christopher Cross』 (1979)
17. Bobby Caldwell / Can't Say Goodbye 『Bobby Caldwell』 (1978)
18. Pages / Let It Go 『Pages』 (1978)
19. Average White Band / A Love Of Your Own 『Soul Searching』 (1976)
20. Robert Byrne / I Did It All For Love 『Blame It On The Night』 (1979)
21. Photoglo / The Best that I Can Be 『Photoglo』 (1980)
22. Messenger / Changin' Me 『Bringin' The Message』 (1978)
23. Madelaine / Who, What, When, Where, Why 『Who Is She』 (1978)
24. Boz Scaggs / Tomorrow Never Came / Tomorrow Never Came (Reprise) 『Down Two Then Left』 (1977)

★選曲:海鳥氏
25. Joey Scarbury / Love Me Like The Last Time 『America's Greatest Hero』 (1981)
26. Bee Gees / Someone Belonging To Someone 『Staying Alive (O.S.T.)』 (1983)
27. Peter Allen / Simon 『Bi-Coastal』 (1980)
28. Linda Ronstadt / Easy For You To Stay 『Get Closer』 (1982)
29. Gino Vannelli / Sally (She Says The Sweetest Things) 『Nightwalker』 (1981)
30. Michael Johnson / Rosalee 『Home Free』 (1981)
31. Brenda Russell / Le Restaurant 『Get Here』 (1988)
32. Johnny Hates Jazz / Turn Back The Clock 『Turn Back The Clock』 (1988)
33. Wilson Bros. / Like Yesterday 『Another Night』 (1979)
34. Randy Crawford / I Don't Want To Lose Him 『Windsong』 (1982)
35. James Ingram with Patti Austin / How Do You Keep The Music Playing (Theme From "Best Friends") 『It's Your Night』 (1983)
36. Kenny G / Esther 『Duotones』 (1986)


-ネットラジオの聴き方-

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左横に「Live365」と書いてあるプレイヤーが出て来ます。
(ジャケットが表示される事もあります)
そこの左中央にある再生ボタンをクリックすると再生が始まります。

もしかするとログインを則すウィンドウが出て来るかも知れません
その時はメールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後は画面中央、ベイブリッジの写真をクリックすると聴けるようになります。

最近は会員登録しなくても再生ボタンをクリックすれば聴けるようになったようです。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
ファイル→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その3:スマートフォン(iPhone/iPod/iPad)を使用して聴く方法
App StoreからLive365のアプリをダウンロード。
Search/BrowseでBreeze AORを検索。
画面が出てきたらクリックして試聴。
右下のボタン(▲+)をクリック。
Presetの所を押して登録。

これで聴きたいときにいつでも聴けるようになります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。