Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2010/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  ≫ 2010/03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットラジオ Round219

前回同様Soul/Black Contemporary中心です。
しばらくはこの辺の路線が続きそう.....

01. Michael Jackson / We're Almost There 『Forever Michael』(1975)
Jackson5時代の子供声から変声期を過ぎ、いよいよ魅惑のマイケルヴォイス生誕!この曲は後の大ヒット曲群に比べると語られる機会は少ないですが、込み上げ系のメロディが実に印象的な隠れた名曲です。彼自身の歌唱による<I Wanna Be Where You Are>を彷彿とさせる部分も多いです。R&Bチャートで7位、総合チャートで54位を記録したスマッシュ・ヒットでもあります。

02. G.C.Cameron / You're What's Missing In My Life 『You're What's Missing In My Life』(1977)
元Spinnersのリード・ヴォーカリスト。彼がヴォーカルを担当した<It's A Shame>はR&Bチャートで4位、総合チャートで14位のヒットとなりました。グループはその後Atlanticに移籍しますが、彼はソロとしてMotownに残り3枚のアルバムを発表。その中では1stの『Love Songs & Other Tragedies』が名盤として知られております。
この曲はソロ3作目のタイトル・ソング。R&Bチャートで最高24位を記録しております。
ちなみに彼は一時期あのTemptationsにも在籍しておりました。

03. Stanley Clarke with Howard Hewett / Heaven Sent You 『Time Exposure』(1984)
数多くのアルバムを発表しJazzを基調に様々なジャンルの音楽へのアプローチを行っていた彼。このアルバムはロック色を大幅に強めつつ打ち込みを多用し、当時全盛だったBritish Invasionあたりも視野に入れたアグレッシブな意欲作ですが、一曲だけブラコン・テイストのナンバーが!歌うのはHoward Hewett(当時はShalamarに在籍)。圧倒的な説得力は心に染み渡ります。

04. D.C.LaRue / Do You Want The Real Thing 『Thank God It's Friday』(1978)
意外なアルバムから意外な曲を。これは『Saturday Night Fever』の大ヒットを受けて制作された二番煎じ映画。だがDonna Summerの<Last Dance>や、<Romeo And Juliette>のヒットで知られるAlec R. Costandinosが手がけたディスコ・プロジェクト、Love And Kissesによるタイトル・ソングもスマッシュヒットを記録しました。
これはチョット怪しい雰囲気を持つ曲ですが、一度耳にしたら脳裏から離れない魅力を持っています。
ちなみに彼はディスコ屋で、76年には<Cathedrals>という曲がヒットしています。

05. The Commodores / Girl, I Think the World About You 『Hot On The Tracks』(1976)
70年代後半から80年代初頭は正に彼らの時代。ここでは書き切れない程のヒットを連発。特にLionel Richieの書いたバラードはグループの代名詞になりました。
これは通算4作目。あのMuroのMix Tapeに収録された事がキッカケとなりDJ周辺で人気曲に。このような安値レコードもひょんな事から再評価の対象となった典型的な例です。ちなみに私はアルバムを数年前から所持していたにも関わらず、この曲はBGM程度に聴き流していただけでした。(汗汗)

06. The Temptations / Aiming At Your Heart 『The Temptations』(1981)
数限りなくアルバムやヒット曲を残している彼ら。この作品は『Power』でMotownに復帰後の2作目。プロデュースは何とThom Bellが担当しております。そのため全体的に往年のPhiladelphia Soulの香りが漂っており、目隠しして聴いたら誰もTemptationsとは気付かないと思います。この曲はアルバム中のベスト・カット。R&Bチャート、総合チャートでそれぞれ36位、67位を記録しております。

07. Jermaine Jackson / You Like Me Don't You 『Jermaine』(1980)
『Let's Get Serious』に於けるStevie Wonderとの邂逅は彼自身の才能を大きく開花させ、それはその後のセルフ・プロデュース作に大いに生かされております。同年末に発表された当該作にはStevie的な要素に独自性を溶け込ませた、非常に完成度の高い楽曲が立ち並んでおります。特にこの曲はトロピカルな雰囲気に絶品のメロディを絡ませた最高のナンバー。R&Bチャート、総合チャートでそれぞれ13位、50位を記録しております。

08. Jerry Butler / Thank You Early Bird 『Love's On The Menu 』(1976)
かつてはImpressionsに籍を置き、あのCurtis Mayfieldとヴォーカルを分け合った彼。その後はシカゴ・ソウルの立役者として活躍。Philadelphia Internationalにも在籍していたのでその範疇で語られる事もあります。このアルバムはMotown移籍第1弾。作者はLeon Ware。独特のアーヴァン・マジックが冴え渡ります。実はJerryのオリジナル・アルバムは未所持(をいをい)。この曲は『Leon Ware And Friends』という、Leonの曲を集めたコンピからセレクトしました。

09. Kool & The Gang / Wild Is Love 『Good Times』(1974)
Jazzを基調としつつJB/JB'sからのインフルエンスを取り入れたサウンド・アプローチを魅せていた初期K&G。ポップなR&Bにシフトしたのは72年の『Music Is The Message』から。その次作にあたる当該作では以前セレクトした<I Remember John Coltrane>に代表されるような、メロウな感覚を帯び始めております。その路線が最高の形で結実したナンバーがこれ。輝くようなメロディ・ライン。幻想的なストリングス・アレンジ。正に珠玉の名曲であります。この曲はその後『Kool Jazz』という、彼らの曲からJazzyなナンバーをセレクトしたコンピにも収録されているのですが、何故か同アルバムがCD化された際に外されております。

10. Luther Vandross / Make Me A Believer 『Busy Body』(1983)
Michael JacksonやTeddy Pendergrass同様、今でも私の心の中で生き続けるLuther。この時期はAretha FranklinやCheryl Lynnのアルバムをヒットさせ、時代をリードするクリエイターぶりを発揮しておりました。その路線を自らのアルバムに反映させたのが通算3枚目にあたるこの作品。何故かあまり評判は良くなかったのですが(ダンスに色目を使い過ぎたとかの理由で)、個人的には名盤の誉れ高き1st以上に聴き倒した1枚。その中でも彼の才能が100%以上発揮されたこの曲の完成度は圧倒的。彼の残した全てのナンバーの中で頂点に位置すると言っても過言ではありません。

11. David Hudson / Honey Honey 『To You Honey Honey With Love』(1980)
今回セレクトした中では最もマイナーなアーティストと言えるでしょう。キッカケは『USブラックディスクガイド』。数年前に下北のFで安値で入手しました。あのManhattansが81年の『Black Tie』で取り上げており、初めてこの曲を知ったのもそちらが最初でした。

12. Teddy Pendergrass / Lonely Color Blue『Workin'It Back』(1985)
交通事故からのカムバック作の中では最も好きな1枚。以前ここからAOR色濃厚な<One Of Us Fell In Love >を選曲しましたが、この曲は往年のPhiladelphia Soulの香りに80's Black Contemporaryの要素を大幅に加味した逸品。プロデュースを手がけたのはWomack And Womackです。
スポンサーサイト

ネットラジオ Round216

今回はTeddy Pendergrass追悼の意を込めて、久々にソウルもので統一してみました。
勿論Teddyも選曲。彼に関係する曲は5曲あります。

James Brown、Michael Jackson、Marvin Gaye、Luther Vandross、etc.....
そしてTeddyも伝説の偉人に.....

01. Teddy Pendergrass / Come Go With Me『Teddy』(1979)
<Turn Off The Lights>に続いてシングルカットされ、R&Bチャートで14位を記録したナンバー。個人的には彼の曲の中でも5本指に入る程のフェイバリットです。ちなみに下北沢のイベントでこの曲を流した時に、店に居たカップル客の仲の良さがピークに達し(と言ってもキス程度ですが)、それに対して妙に納得した記憶があります。あのカップルは私以上に曲の魅力を熟知し、それを実践に移していたのか(^。^;)。

02. David Oliver / Love T.K.O『Here's To You...』(1980)
Teddyの代表曲として知られ、R&Bチャートで3位、総合チャートでも43位を記録しました。これはちょっとマイナーなカヴァーです。さすがにオリジナルの足下に及びませんが、これはこれで面白い出来だと思います。David Oliverは78?80年の間に4枚のアルバムを残しているシンガーで(82年没)、当該作はWayne HendersonのプロデュースによるAt Home Production制作。それだけに収録曲はどれも粒揃いです。

03. Stephanie Mills & Teddy Pendergrass / Two Hearts『Stephanie』(1981)
ミュージカルからブラコン・シーンへ。80年代は正に彼女の時代。<Whatcha Gonna Do With My Lovin'(恋の手ほどき)><Sweet Sensation><Never Knew Love Like This Before(燃える恋心)>等、数多くのヒットを放っております。この曲は通算4枚目のアルバムより。R&Bチャート、総合チャートでそれぞれ3位、40位を記録しています。James Mtume/Reggie Lucas独特のサウンド・マジックが効いたナイス・ミディアムで、Teddyとのヴォーカルの掛け合いは、聴いてるこちらにも熱気が伝わる程です。

04. Howard Johnson / Keepin'Love New『Keepin'Love New』(1982)
Niteflyteで2枚発表後ソロで3枚。Johnson/Branson名義で1枚残しているシンガー。グループ時代を除けば代表作として挙げられるのは、このファーストに相違ないと思います。そこから絶品のタイトル・ソングを。前曲との相性が抜群の為、DJイベントでは繋げて流す事も多かったのですが、この曲のプロデュースは何とKashif。どう聴いてもMtume/Lucas Productionにしか聞こえないのですが.....

05. Leo's Sunshipp / Madame Butterfly『We Need Each Other』(1978)
フリーソウル/レアグルーヴの隆盛で一気に名盤の仲間入りを果たした作品より。アルバムは8曲入っているものの、内訳は4曲+同じ曲のインスト4曲。詐欺ですね(爆)。でもその4曲の出来は素晴らしく、Al JohnsonやMarlena Shawの名カヴァーを生んだ<I'm Back For More>や、DJ人気曲<Give Me The Sunshine>の完成度は圧倒的。そしてこの曲はその中でも頂点に位置するモノだと断言しても良い程です。Tavaresのヴァージョンも最高です。

06. Maze featuring Frankie Beverly / Can't Get Over You『Silky Soul』(1989)
昨年のプレミアムライブも大成功。日本でも人気を確立した彼ら最大のヒット作より。R&Bチャート制覇。ブラック・ミュージックの主流がNew Jack SwingやRap/Hip-Hopに変わる前の、ソウル・ミュージック最後の輝きと言った所ですかね?

07. Marvin Gaye / I Wanna Be Where You Are(Unedited Mix)『I Want You(Deluxe Edition)』(1976)
彼の代表作でもあり、尚かつあのLeon Wareの出世作としても有名な一枚。オリジナルはMichael Jacksonの『Got To Be There』に収録されており、R&Bチャート2位、総合チャート16位を記録しております。Marvinのヴァージョンは元々1分18秒しかなかったのですが、2003年に出た2枚組デラックス・エディションの2枚目『The Sessions』に、何と6分7秒のロング・ヴァージョンが収録。今回はこちらをセレクトしました。

08. Harold Melvin & The Blue Notes / You Know How to Make Me Feel So Good『Wake Up Everybody』(1975)
ここで再びTeddy関係を。彼のグループ在籍時代のヒットと言えば、Simply Redのカヴァーが総合チャートを制覇した<If You Don't Know Me by Now(二人の絆)>を始め、ダンス・クラシックとしても有名な<Love I Lost><Bad Luck>あたりが挙げられます。この曲はややマイナーな存在ですが、個人的には彼らの曲の中で一番のフェイバリットです。メインはHarold Melvin(多分)とSharon Page(ヒット曲<Hope That We Can Be Together Soon>ではTeddyとデュエットしております)。途中で絡むTeddyのヴォーカルが何とも説得力に溢れており、聴く度に心が熱くなります。フリーソウルではCollins And Collinsのカヴァーも有名ですが、やはりオリジナルをオススメしたい所です。

09. Marlena Shaw / (Theme From“Looking For Mr.Goodbar”)Don't Ask To Stay Until Tomorrow『Acting Up』(1977)
あのDavid T WalkerやChuck Rainey、Harvey Masonなどをバックに従えた2009年の来日公演も大成功。すっかり日本でも人気になった彼女。代表曲である<Street Walking Woman>、<Loving You Was Like a Party>などに比べると知名度こそありませんが、実はこの曲が私がリアルタイムで初体験した彼女のナンバー。それだけに思い入れも強いです。
映画は見た事ありませんが、女教師がクスリとセックスに溺れ、やがて身を滅ぼしていく様を描いた秀作との事です。日本公開時の邦題は『ミスター・グッドバーを探して』。

10. Al Johnson / Tonight's The Night For Love『Back For More』(1980)
ここで前曲と相性バッチリのナンバーを。フリーソウル世代にはガイドブックにも掲載された1stの『Peaceful』が人気ですが、ブラコンをリアルタイムで聴いてきた世代にはやはりこちらでしょう。哀愁に満ち溢れたメロディ。幻想的とも言える曲調。完成度の高い逸品です。

11. Tavares / God Bless You『Loveline』(1981)
詳しくはHPを参照して下さい(Tavaresの部分をクリック)。このアルバムはヒットの規模こそ小さいものでしたが、躍動感溢れるアップ。哀愁系ミディアム。心に染み入るバラード。全てが完璧と呼べる内容で、後年は大きな再評価を受け、名盤の仲間入りを果たしました。この曲は作者であるBrenda Russellのヴァージョンも素晴らしいのですが、持ち前のコーラス&ハーモニーを駆使した彼らの方がやはり出来は上です。

12. Teddy Pendergrass / You're My Latest,My Greatest Inspiration『It's Time For Love』(1981)
最後は勿論Teddyで締めくくります。R&Bチャート4位。総合チャート43位は決して大きなヒットではないのですが、個人的には彼の残した名曲の中で最も敬愛する、崇高なる逸品だと思います。メロディに泣き、歌唱に泣き、アレンジに泣き.....何度耳にしても号泣するばかりです。

?ネットラジオの聴き方?

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左上に黄色いラッパのマークが出てきます。
ラッパのマークをクリックするとログインを則すウィンドウが出てきますので
メールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後はラッパのマークをクリックすると聴けるようになります。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
詳細→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その2の方が手っ取り早いと思いますが
会員登録して聴くとそれぞれの曲に☆で評価ができますよん!

オンエアー中の曲は↓から見ることができます。
http://www.live365.com/pls/front?handler=playlist&cmd=view&handle=breeze_aor

全ての選曲は↓まで。
Yahoo!AORファンの方の掲示板


davidoliver3.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。