Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2009/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2009/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットラジオ Round207

毎度のネットラジオ更新です。
前回は簡単なMIXモノを入れたりしましたが、リスナーの皆様の高評価を得る事が出来なかったので、結局元に戻しました(^^;;;)。
今回も前回同様メロディアスなナンバーを中心にセレクトしました。
但し私のお約束であるブラコンやフュージョン系は控えめ。
ポピュラー系のメジャー・アーティストが多めです。

01. Al Jarreau / Save Me 『Jarreau』 (1983)
<Mornin'>を筆頭に名曲名演目白押し。非の打ち所の無い大名盤からセレクト。
どこかあの<Spain>を彷彿とさせる展開が実に印象的です。

02. George Howard / Let's Live in Harmony 『A Nice Place to Be』 (1986)
通算5枚目。そして彼の作品の中で最もブラコン・テイストに溢れた傑作であります。この曲はアーバン・テイストを強調した逸品で、アルバム中ベストカット。どこか幻想的なメロディに乗る、味わい深いGeorge自身のヴォーカルが大きな聴き所です。

03. Peter Allen / You'll Always Get Your Way『Not the Boy Next Door』(1983)
ライブやベストを除くと通算7枚目となる作品。そして前作はあの大傑作『Bi-Coastal』という事で、このアルバムも大きな注目を集めました。全体的には『Bi?』ほどカッチリしてはおりませんが、彼独特のメロディ・センスはどの曲でもふんだんに楽しめます。この曲は大仰なアレンジのタイトル・ソングの後に入っているので目立たない存在ですが、聴く程に心に染み渡る珠玉の名曲です。

04. Patrick Simmons / Why You Givin' Up 『Arcade』(1983)
Doobie Brothers一時解散後、前年のMichael McDonaldのソロ『If That's What It Takes(思慕)』が大ヒットを記録。その翌年に彼もソロを発表しこれまた好評を持って迎えられました。あの「オールナイトフジ」のBGMにも使われた事で知られているヒット曲<So Wrong>や、Huey Lewis & The NewsやChi-Litesのカヴァーも収録されたヴァラエティに富んだ内容ですが、Michael McDonaldと共作したこの曲は後期Doobie色が漂うベストカットです。

05. Barry Manilow / London 『Barry』(1980)
70年代後半?80年代前半は発表するアルバムは全て大ヒットを記録。一時代を築き上げた彼の最も脂の乗った時期にリリースされた名盤より。Gerald Kennyの<I Made It Through The Rain(悲しみをこえて)>やポップな<Bermuda Triangle>が有名ですが、他にもAOR的な楽曲が大半を占めており、彼流AORアルバムと言えそうな内容です。その中でも哀愁感漂うこの曲の出来は抜群です。
近年彼の作品はボーナス・トラック入りでCD化されていますが、何故かこの1枚は無視されています(泣)。

06. Barbra Streisand / When I Dream 『Emotion』(1984)
その存在感や知名度が逆に災いとなり、AORファンから敬遠されている彼女ですが、名盤『Guilty』は勿論の事、David FosterやTOTOのメンバーが参加した『Wet』や『Streisand Superman』あたりは、偏見を捨てて是非聴いて頂きたいものです。
この曲のプロデュースは何とMaurice White!『I Am(黙示録)』や『Faces』あたりに入っていてもおかしくない、洗練されたミディアム・フロウです。

07. Neil Diamond / Front Page Story 『Heartlight』(1982)
大ヒットとなったタイトルソングが有名ですが、実は半数の曲であのBurt Bacharachが絡んでおり、AORアルバムとしても合格点が付けられる1枚です。この曲は同作品から3枚目のシングルとなっており、アダルト・コンテンポラリー・チャートでスマッシュ・ヒットを記録しております。

08. El DeBarge / Lost Without Her Love 『El』(1986)
DeBargeのメンバーとして、<I Like It>や<All This Love>等々、数多くのヒットを放ってきた彼の初のソロ作より。以前ここから<Someone>を選曲した事がありますが、この曲は何とJayとRandy Goodrumとの共作です。2008年に話題となったあのJaRが、86年の時点で既に実現していたのです。演奏も2人のみですし。曲はAORの魅力が凝縮された最高のバラード。Richard Pageのコーラスも素晴らしい限りです。

09. Peabo Bryson and Roberta Frack / Blame It on Me 『Born to Love 』(1983)
人肌のぬくもりが欲しい秋から冬にかけて必ず定番となる1枚。大ヒットした<Tonight I Celebrate My Love(愛のセレブレイション)>は今や日本の結婚式でも使用される程のスタンダードですが、このアルバムの真骨頂は他の楽曲にあります。その中でもBurt Bacharach独自の美学が凝縮されているこの曲には、永遠に色褪せない真の感動が存在します。

10. Rupert Holmes / So Far So Good 『Scenario 』(1994)
名盤『Ful Circle』から実に13年ぶり。当時はBoz Scaggsの『Other Roads』を始めBobby Caldwellの『Heart Of Mine』、Ned Dohenyの『Life After Romance』等々、往年のAORアーティストの復活作が頻繁にリリースされていた時期でした。この作品は過去の彼の作品と比較するとサウンド的にややチープですが、独特のメロディ&歌詞展開はさすがの一言。その中でも大ヒット作『Partners In Crime』に入っていてもおかしくないような雰囲気に満ち溢れているこの曲は、アルバム中問答無用のベストカットです。

11. The Manhattans / Just The Lonely Talking Again 『Forever By Your Side』(1983)
最近ようやくCD化が実現した名盤より。少し前に怪鳥氏が選曲した<Crazy>に代表されるように、アップをソリッドに仕上げるなど新境地を見せ、今までのスィートなバラード路線から少し方向転換し、80年代ブラコンに相応しい音作りを全面に押し出した作品であります。この曲はあのSam Dees作。アーバン・テイストをふんだんに利かせた都会派サウンドが実に心地よいです。あのWhitney Houstonも87年の2ndで取り上げております。

12. Dionne Warwick / We Had This Time 『No Night So Long 』(1980)
Barry Manilowが制作しグラミーを受賞した前年の『Dionne』とほぼ同路線の1枚。プロデュースはMelissa Manchester等を手掛けたSteve Buckinghamです。その関係があるのか分かりませんが、ここではMelissaの曲を1曲取り上げております。オリジナルはゆったりしたミディアム・ナンバーでしたが、ここではお涙頂戴モノの珠玉のバラードに仕上げております。当時オムニバス・テープを制作する際に必ずB面の最後に入れていた程の、長年のフェイバリット・ナンバーです。

?ネットラジオの聴き方?

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左上に黄色いラッパのマークが出てきます。
ラッパのマークをクリックするとログインを則すウィンドウが出てきますので
メールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後はラッパのマークをクリックすると聴けるようになります。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
詳細→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その2の方が手っ取り早いと思いますが
会員登録して聴くとそれぞれの曲に☆で評価ができますよん!

オンエアー中の曲は↓から見ることができます。
http://www.live365.com/pls/front?handler=playlist&cmd=view&handle=breeze_aor

全ての選曲は↓まで。
Yahoo!AORファンの方の掲示板


barrymanilow8.jpgeldebarge1.jpgdionne7-1.jpg
スポンサーサイト

ネットラジオ Round204

毎度のネットラジオ更新です。
今回は躍動感に溢れた前回の選曲とは打って変わり、ミディアム系を中心としたメロディアスなナンバーでまとめてみました。
そしてワタクシ自ら曲繋ぎを行った、簡単なMIXモノを入れてみました。
『Mellowfloater's Mix』。
10曲目になります。
是非聴いてみて下さい。

01. Narada Michael Walden / Awakening Suite Part 1?The Awakening 『The Awakening』(1979)
プロデューサーとして、ドラマーとして、そしてソロ・アーティストとして圧倒的な実力を持つ彼。95年の「JTスーパープロデューサーズ」のライブも記憶に新しいです。このアルバムは3枚目にして初のヒット作。アナログではA面がダンスサイド。B面がメロウサイドになっておりますが、そのB面もオープニングを飾っていたのがこの曲。印象的なギターは前半がRaymond Gomez。後半は何とCarlos Santanaが担当しております。実はCDだと2曲に分かれてしまうのですが、やはり通して聴かないと曲本来の魅力が伝わらないので、C_VineというフリーソフトをDLしてmp3ファイルを繋げました。

02. Billy Ocean / Whatever Turns You On 『City Limit』(1980)
通算2枚目のアルバムより。意外とレアでebayでもなかなか見かけなかったのですが、最近ようやくCD化されました(1stとの2枚組)。時代の希求もありようやくブラコン的な音作りを目指した感があります。実はここの収録曲は半分以上3rdの『Nights』とダブっているのですが、この曲に関しては全くバックの演奏が違います。

03. Omega Sunrise / Eternal Day 『Feel The Change』(1983)
AORの中でも究極のレア盤と言われ、オークションでは常に万越え、100ドル越えが当たり前となっていたアルバムがようやく待望のCD化!SeawindのKim Hutchcroftがプロデュースを手掛けたこの作品は全曲が名曲と呼べる素晴らしいものばかりですが、その中でもこの曲は陰影に富んだ<He Loves You>と言える作りで、個人的にはベストカットに推したいナンバーです。

04. Ju-Par Universal Orchestra / Time 『Moods & Grooves』(1976)
Free Soul教科書『Suburban』に掲載された事により一気に有名になった1枚。グループ名やジャケットはクラシックもしくはムードミュージックを連想させますが、実は黒いノリの曲多数。Love Unlimited OrchestraやSalsoul Orchestraのような存在だったのかな?その中でも特にスマートでメロディアスなのがこの曲。ちなみにジャケットは3種類ありますが、小さめの滝の写真は見た事がありません。

05. Jermaine Jackson / Where Are You Now 『Let's Get Serious』(1980)
Jackson5からソロになってから通算6枚目のアルバムより。プロデュースは何とあのStevie Wonder。タイトルソングは大ヒットを記録しました。この曲は特にStevie的なメロディを持つ逸品で、ヴォーカルの説得力もあり、問答無用のベストカットと言えるものです。JermaineがStevieから学んだものは大変大きなもので、この後の2?3作はセルフ・プロデュースでありながら、作りが非常にStevie的だったりします。

06. Johnny Bristol / Do It To My Mind 『Bristol's Cream』(1977)
Boz Scaggsの『Slow Dancer』を始めTavaresの1st等々、数々のプロデュース/ソングライターとして素晴らしい実績を残しているヒト。この曲は3枚目のソロより。彼のメロディ・メーカーとしての才能が最大限に発揮された珠玉の名曲です。全米ヒットチャート43位。R&Bチャート5位は自身にとってあの<Hang On In There Baby>に次ぐものです。余談ですがこの曲を初めて知ったのは何と中2。ニッポン放送の「日立ミュージックインハイフォニック」という番組でした。

07. Leon Ware / Slow Motion 『Undercover』(1987)
Cotton Clubで行われた来日公演も大成功。日本でもようやく人気が定着した彼の通算6枚目より。マイナーレーベルからのリリースのため存在すら知られていないアルバムですが、実は前作『Leon Ware(夜の恋人たち)』に勝るとも劣らない好内容です。その中でも彼独特のアーヴァン・メロウ節が炸裂している、最高のナンバーを今回セレクト。ちなみにこのCDの音圧レベルの低さは致命的なので、是非リマスター化して頂きたいものです。

08. Steve Turner / Shante' 『Harbor Place』(1983)
ジャズ、ムードミュージック、アメリカンポップスの要素が詰まった好盤。アーティストとして何者かは分からず(汗)。このアルバムは銀座ハンターあたりでジャケ買いした記憶があります。よくDJイベントのクロージングに使った<I'm Afraid The Masquerade Is Over>も良いですが、輝くようなメロディに満ち溢れたこの曲は、アルバム中ダントツのベストトラックです。

09. Earth Wind & Fire / Take It To The Sky 『Faces』(1980)
2枚組という大作にも関わらず思った程の実績を上げる事が出来ず、不当な扱いをされてきた作品ですが、実は『I Am(黙示録)』と共にAOR的視点で聴くと最高の楽曲が詰まりまくった名盤。是非正当な評価をお願いしたい所です。この曲はバラードの<You>やDavid Fosterの手腕が冴えまくった<And The Love Goes On>。Steve Lukatherのギターが炸裂している<Back On The Road>などに比べると印象は地味ですが、聴けば聴くほど味の出るナンバーで個人的にはアルバムの中で最もフェイバリットです。ちなみにアナログではギターのイントロからスタートしているのですが、CDでは何故かその後のエレピの部分から曲が始まっております。今回はNaradaの所で使ったC_Vineを再び用い、アナログ通りにしてみました。

10. Lulu Toby Beau / If I Were You 『Mellowfloater's Mix』
(元々は『Lulu』(1981)『If You Believe』(1980)に収録。)
以前J-Waveの『Aohata Morning Groove』にMixが採用された時の事を思い出して作ってみました。
今後も機会があればやってみようかと思います。
Luluは<To Sir With Love(いつも心に太陽を)>のNo1ヒットで知られている、ブルーアイド・ソウルシンガー。この曲は81年に突然リリースされたカムバック作より。Pagesを思わせるアレンジが秀逸です。ちなみにこの作品からは<I Could Never Miss You(More Than I Do)(思い出のかけら)>が、18位を記録するヒットとなっております。
Toby BeauはEaglesのフォロワー的な形で出てきたカントリー・ロックバンド。78年の1stからは<My Angel Baby>が13位を記録するヒットとなっていますが、それ以上に我々世代にとってかけがえのない名曲として記憶に残っております。この曲は3rdからなのですが何故かBalde Silva以外のメンバーは参加しておりません。しかし内容はAOR度濃厚で3枚の中でもダントツの出来映えです。

11. O'Bryan / You And I 『You And I』(1983)
第2のMichael Jacksonを目指して各レコード会社が色々なアーティストを仕掛けていた時期。彼もその中に入るのかな?残した4枚のアルバムは全て高品質で、どれも名曲が所狭しと詰まっておりますが、2ndにあたるこの作品は特に完成度が高いです。その中でもStevie Wonderの『Talking Book』収録のバラードを、ミディアム・フロウに仕立て上げたこの曲は長年のフェイバリット。オリジナルよりも好きな位です

12. Keith Thomas / Midnight Celebration 『Instrumental Appetite』(1983)
Amy Grantを始めBebe&Cece Winans、Vanessa WilliamsやJames Ingram等々、枚挙に暇がない程に多くの作品をヒットさせているプロデューサー。CCM界では80年代前半から様々なアーティストを手掛けております。自身のソロ作も2枚出ており、2ndである86年の『Keleidoscope』はAORの名盤としても知られておりますが、個人的にはこの1stがダントツのフェイバリットです。ShakatakやFruitscakeあたりの美GMがお好きな方なら卒倒しそうな曲が詰まっておりますが、特に哀愁風味に溢れたこの曲はアルバム中のベストカットと言えるモノです。

?ネットラジオの聴き方?

その1:LIVE 365で簡単な会員登録して聴く方法

http://www.live365.com/stations/breeze_aor

ここにアクセスすると左上に黄色いラッパのマークが出てきます。
ラッパのマークをクリックするとログインを則すウィンドウが出てきますので
メールアドレスとパスワードを入力して会員登録(もちろん無料!)をして下さい。
その後はラッパのマークをクリックすると聴けるようになります。


その2:iTunesかReal Playerを使用して聴く方法

http://www.geocities.jp/breeze_aor/play.pls
↑のURLをコピーして

●iTunesの場合
詳細→ストリームを開く→URLをペーストしてOK

●Real Playerの場合
ファイル→開く→ボックスにURLをペースト→OK


その2の方が手っ取り早いと思いますが
会員登録して聴くとそれぞれの曲に☆で評価ができますよん!

オンエアー中の曲は↓から見ることができます。
http://www.live365.com/pls/front?handler=playlist&cmd=view&handle=breeze_aor

全ての選曲は↓まで。
Yahoo!AORファンの方の掲示板

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。