Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2008/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2008/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJのお知らせ

個人的事情によりなかなか更新出来ずスミマセン。
さて久々にDJをやる事になりました。

お題、真夏のソウルナイト
日時、8月2日
場所、中目黒バードソング・カフェ
http://birdsongcafe.oops.jp/
DJ、我田飲水、ふり?まん、etc

今回のお題はソウル/ファンク。
私は7?8月に怒濤のCD化となるユニバーサル・ミュージックの、『サーファー・ソウル?アラウンド1980』。そして『SOUL MASTERPIECE VOL.1 』。この2つのシリーズ中心のセレクトでまいります。
私の出演は22:00?の予定。トリを務めさせて頂きます。
この日は色々なイベントが目白押しですが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
お待ち申し上げております。
スポンサーサイト

Kansas/Two For The Show

kansaslive.jpg
『Leftoverture(永遠の序曲)』『Point Of Know Return(暗黒への曳航)』の2大名盤を放ち、すっかり人気を確立させたKansas。今回そんな彼らの全盛期のライブ・アルバム『Two For The Show(偉大なる聴衆へ)』が、リマスターされて再発された。
しかし何度聴いてもその内容の素晴らしさには圧倒される。スタジオ録音の緻密なアンサンブルがここでも見事に再現。しかもライブならではの臨場感も加わっているので、どの曲も凄まじいまでの完成度だ。オープニングの<Song For America>からラストの<Magnum Opus>まで、とにかくテンションの高さは尋常ではない。選曲も素晴らしく、ライブ版ベストと言えるものである(私的には『Best Of Kansas』よりこちらをベスト盤に挙げたい程だ)。
尚元々アナログは2枚組であったが、CD化された時は1枚になったものの、秀逸トラックであった<Closet Chronicles>がカットされてしまったのだ。
今回のCDは2枚組。1枚目は最初にCD化されたモノと同じ。だが2枚目には77年?78年の未発表音源が多数収録。ちなみにカットされた<Closet?>も、ここに無事収録された。
これが出た78年はディスコ・ブームの真っ直中でありながら、産業ロックも徐々に勢力を蓄え、80年代の一大ブームへ向けての礎を築き上げていた時期でもあった。Bostonが『Don't Look Back』 で再び大旋風を巻き起こし、Foreinerも『Double Vision』 で1stを超える大ブレイク果たし、Styxが『Grand Illusion』『Pieces Of Eight』の連続ベストセラーを放ち、Queenも『News Of The World』『Jazz』で彼らなりの産業を体現させていた。そんな時代であった。
彼らはそれらグループの中でもかなり硬派な部類に分けられ、ちょっとマニアック的に扱われていた。だが80年初頭の武道館での初来日公演を大成功させ、ようやく日本でもメジャーな存在になった。実は私、2階南西スタンドで見たのだが、今まで見たコンサートの中でもベスト10に入る程の素晴らしい内容だった。このアルバムを聴く度に、あの時の感動がフラッシュバックする思いだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。