Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2008/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2008/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼Paul Davis

昨年のDan Fogelbergに続き、かけがえのない青春を私と共に歩んだアーティストがまた1人、この世を去った。
Paul Davis。享年60歳。
ヒット曲は決して多くないが、どれも心を確実に掴んで離さないものばかりであった。
そんな彼の思い出を、初体験から順に紹介をする。

初めて知ったのは77年に全米Top40に入っていた<I Go Crazy>。Barry Manilowを思わせる哀愁溢れるメロディは、当時中坊だった私の心を一発で掴んでしまったのだが、30位前後をうろちょろしていて、いつチャートから落ちるか気が気でなかった。しかし翌78年にはベスト10に到達。最高位7位を記録したのは意外だった。25週も40位以内にチャートインしていたのだから、これはチャート史に残る大きな記録の1つであった。

この後の<Darlin'>(Beach Boysのカヴァー) はTop40に入らなかったものの、前曲の暗いイメージを払拭する好曲であった。蛇足だがRobbie Dupreeの<Steal Away>と相性抜群なので、DJでも何度か流した記憶がある。
そしてトドメが<Sweet Life>。これは最高位17位を記録したが、チャートの上昇速度はかなりハイペースだったと記憶している。
収録アルバムは『Singer Of Songs.Teller Of Tale』。
pauldavis5.jpg

彼はBang Recordという所に所属していたのだが、日本との契約が無かったので、大ヒットになったにも関わらず、国内発売されなかったのだ。
その後何とあの『なんとなくクリスタル』に<I Go?>が使われた事により注目度が高まり、ジャケを変えて待望の国内発売となった。
pauldavis5-2.jpg

この出来事は彼の知名度を上げるのに一役買ったのだが、実は『Singer?』が国内でリリースされるまでに、実に3年半の歳月を費やしている。
この狭間となる1980年に1枚アルバムが出ている。
『Paul Davis(パステル・メッセージ)』だ。
pauldavis6.jpg

丁度<Do Right>がヒット(最高23位)しており、Christopher CrossやAir Supply、Rupert Holmesあたりが本国同様日本でもブレイクを果たし、AOR人気が定着していた頃であった。そんな背景もあり、彼のブレイクを目指してようやく日本のレコード会社もBangの契約に着手したのだ。
確かオリコンのアルバム・チャート100位以内に入った記憶があるので、そこそこの知名度は獲得した訳である。
そして81年秋から冬にかけて『Cool Night』が大ヒットし、一躍人気者となった。
pauldavis7-2.jpgpauldavis7.jpg

前作から楽曲の洗練度が高まっているのだが、ここでは格段に飛躍を遂げ、Michael McDonaldあたりの要素を積極的に取り入れて、アルバムを都会的な色彩に染め上げた。これがタイトル・ソング(11位)や<65 Love Affair>(6位)の大ヒットを生む事になった訳だ。

彼のアルバムは全部で7枚。

70年『A Little Bit Of Soap』
72年『Paul Davis』
74年『Ride 'Em Cowboy』
76年『Southern Tracks And Fantasies』
77年『Singer Of Songs Teller Of Tale』
80年『Paul Davis』
81年『Cool Night』
pauldavis1.jpgpauldavis2.jpg
pauldavis3.jpgpauldavis4.jpg

最初のヒットは70年の<A Little Bit Of Soap>。これは79年にNigel Olsonがカヴァーしており、そのアルバムのプロデュースをしていたのがPaulという、ちょっと意外な繋がりを確認する事が出来る。
Top40初めは<Ride'Em Cowboy>で最高23位。後のポップ・カントリー全盛を予見しているような曲調が実に心地よい。
その後76年に<Superstar>が最高35位。でも彼の個性があまり生かされていないような曲なので、お薦めはしませんが...。
aboutlastnight.jpg

その後は86年の『About Last Night...(きのうの夜は...)』というサントラに、<If We Can Get Through The Night>という新曲が収録されたが、アルバムとしては『Cool Night』が最終作となった。

最後に好きな曲。これは<Cry Just A Little>に尽きますねぇ。
80年の『Paul Davis』収録曲でスマッシュ・ヒットもしているのだが、個人的には彼の残した全楽曲中ダントツのフェイバリットである。長年過ごした恋人同志の別れを歌ったものだが、そのロマンティックな歌詞と泣きのメロディは何度聴いても素晴らしい限りだ。

この曲の歌詞のサビをちょい拝借して、思いを語らせて下さい。
「ほんの少しだけ僕は泣くだろう」
いいえ、貴方が亡くなってみんなが泣いております。
「ほんの少しだけ僕は死ぬだろう」
少しだけではなかったんですね.....

改めてご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

Chicago/Huey Lewis & The News@パシフィコ横浜

先日はChicago/Huey Lewis & The New@パシフィコ横浜へ。
最初は行く気が無かったのだが、広島や大阪の評判が良かったので気が変わり(をい!)、東京国際フォーラムへ行こうと思ったのだが、いずれもチケットは完売。ヤフオクでは良席が¥30000超えというプレミア・チケット化していたので、パシフィコ横浜公演へ。席は丁度真ん中でステージ全体を見渡せる位置。「2階、3階の後ろでも構わない」という考えだったので、これは嬉しい限りだ。

Huey Lewis & The Newsは多分代々木競技場以来かな?(あの時は酷い席でしたT_T)
オープニングから総立ち。各所のレポートにある通り、Hueyは全く変わっていない。元々ヲヤジ顔なので(大変失礼)歳を取ったなんて全然感じない。独特の歌声で健在をアピールし、余裕のパフォーマンスで客席を煽りまくる。Newsのメンバーは少し変更があったが、コチラによるとGtはNarada Michael Waldenの武道館公演に同行していた人らしい。BはJohn Pierce。AORを追っている人間なら一度は目にした事がある名前だろう。
土曜日の国際フォーラムで演った<Hip To Be Square>は無かったが、あとはお馴染みの曲のオン・パレード。<Do You Believe In Love>があったので、基本は日曜日のライブと一緒かも。
1時間半だったのでカットされたヒット曲も多かったが(<Stuck With You>は聴きたかったなぁ?)、それは次回に期待しよう。アカペラ・コーナーは<So Much In Love>。Doo Wopスタンダード。Timothy B Schmittや山下達郎で有名な曲だけど、彼らもライブで頻繁に披露している。
盛りあがったのはやはり<Power Of Love>。映画『Back To The Future』の人気もあって、日本では一番ヒットした曲だからね。
アンコールはChicagoのKeith Howlandを迎えて<Back In Time>。Bill ChamplinとTris Imboden(何とハーモニカ)を加えての<Bad Is Bad>。これは原曲を相当崩したアレンジで驚き。Billの歌はさすがにイイ感じでしたねぇ。


続いてChicago。多分見るのは3回目(全てPeter Cetera脱退後だが...)。
<Introduction>(大好き!)<Questions 67 and 68>(何と日本語!)、<Ballet for a Girl in Buchannon>組曲等、初期のナンバーが続く。<I'm a Man>はHuey達も加わった(浴衣姿!)一大セッション大会。
その後は新旧織り交ぜたヒット曲で構成されたのだが、Billの歌う<I Don't Wanna Live Without Your Love>が変な感じだったのが気になった。最初はキーを下げていたのに、ギターソロの部分だけオリジナルのキー。終わったら元の下げキーに戻っていたのだ。これなら最初からキーを全部下げれば良かったのに。あとちょっと崩したような歌い方も気になった。過去のライブでは問題なく(ちょっとあっさり過ぎるくらい)歌いこなしていたのに、どうしたのかなぁ?
<Alive Again>や<No Tell Lover>など、過去の公演で聴けなかった曲を演ってくれたのは嬉しかった。でも客席は<Saturday In The Park>や<Hard To Say I'm Sorry?Getaway>が大ウケ。
そう言えばCD即売会場ではベストばかりが立て続けに売れていたから、これは今回の客層の殆どがライトユーザーである事の証明なのかも知れない。
<Free>も<25 or 6 to 4(長い夜)>も、今やマニアな曲の仲間入りなのかな?

開始が19:05。終了が22:40。20分の休憩を挟んだとは言え相当な長丁場。しかも見ている間は完全に立ちっぱなし。終演後はふくらはぎが張ってしまい、動かすと足がつってしまいそうだった。
昔はMZA有明などで3時間ライブ等をオールスタンディングで見ていたのに。
歳ですかねぇ?

Frankie Valli全盛期の名盤が遂にCD化!

http://lightmellow.livedoor.biz/archives/51264719.html
Frankie Valliの70年代中期?後記のソロが、何と2in1でCDが決定した。
アナログも聴きすぎて無惨な状態になりつつあるので、これは嬉しい限りだ。

彼がFour Seasonsの中心メンバーである事はここで言うまでもない。しかし彼らの全盛期は時代的に体験不可能であった(この時代の音源はベスト盤くらいしか持っていない...^^;;;)。
リアルタイムで知ったのは、復活作である『Who Loves You』。タイトルソングは1975年当時、FM東京(現Tokyo FM)のダイアトーン・ポップス・ベスト10でも、結構上位にランクされていた記憶がある。その後の<December 1963(Oh What A Night)>にも夢中になったが、アルバム購入は結構後になってから。勿論即座に愛聴盤となったのは言うまでもない。現在手元には中古盤屋で買い直した国内盤アナログと、BR.Musicという所から発売になった怪しげなCDを所持している。

閑話休題。当時FENでは大晦日になると特集で年間チャートを紹介していて、15:00?16:00までは1970年。16:00?17:00までは1971年...みたいな感じで番組が進められていた。そこの1975年の所でかかっていたのが<My Eyes Adored You>だった。当時好きだったBarry Manilowや、Kenny Nolanを彷彿させる抜群のメロディ。直ぐに虜になりましたねぇ。考えてみれば作曲はKenny。確かに最初の印象は<I Like Dreamin'>に似ていたかも。Frankie Valliという名前は、<Grease>で覚えたばかりだった。
決定打になったのはTom Campbell's Playbackという番組。Jefferson Starshipの所でも書いたが、ちょい前のヒットを中心に構成された番組で、Average White Bandの<Queen Of My Soul>やMinnie Ripersonの<Inside My Love>等々、数々の名曲を覚えさせて頂いたものだ。
そこでかかっていたのが<Swearin'To God>(神に誓って)だった。これはようやくヒット・チャート小僧から離れて、AORなる音楽を嗜好し始めた私の、ド真ん中ストライク・ゾーンを直撃してしまった。

しかし曲紹介の単語が聞き取れない(><)。
ちなみに同時期NHK FMの『軽音楽をあなたに』で全米No1ヒットを振り返る企画があり、そこで<My Eyes?>は<瞳の面影>という邦題であった事が判明した。しかしこちらはどうしても分からない。それにたかが高坊の英語力では、ヒアリングなんてまともに出来る筈がない。
したがって<スウェナガン>と覚えていたものだった(^^;;;)。
曲のタイトルが曖昧なので当然探しようがない。それに75年のヒットだから、初めて体験した頃は、もうどこのレコ屋からも姿を消していたようだ。
それから入手出来たのは数年後。当時ちょこちょこ通っていた西武新宿の『American Blvd』の中にある輸入盤の店だった。
このベスト。
frankievallibest.jpg
そこで初めて<スウェナガン>の正体が、<Swearin'To God>である事が判明した訳だ。

その後社会人になって中古盤ハントが加速。オリジナル盤の『Close Up』は、確か渋谷の『ハンター』で500円くらいで買ったと記憶している。そこで10分近いロング・ヴァージョンを耳にした時の感動は。言葉では言い尽くせない程であった。
そんな個人的思い入れもあったので、今回のCD化は喜ばしい限りだ。

勿論他の作品も推薦だ。彼はポピュラー・シンガー的な佇まいがあるものの、実は根っからのソウルマン。従って彼自身のスキルが生かされたソウル・ナンバーは傑作が多い。
『Our Day Will Come』収録の<How'd I Know That Love Would Slip Away>や<You Can Bet(I Ain't Goin'Nowhere)>、<Heart Be Still>や<Elise>。
『Valli』収録の<You're The Song(That I Can't Stop Singing)>(オリジナルのJackie WilsonやMichael Kennyのカヴァーも必聴だ!)や<Boomerang>。
『Lady Put The Night Out』収録の<Native New Yorker>(Odysseyのヒットのカヴァー)や<Rainstorm>。
『...The Word』収録の<Needing You><Sometimes Love Songs Meke Me Cry >、<You Can Do It>(Evie SandのカヴァーでDobbie Greyのヒットが有名)や<A Tear Can Tell>(Bill LaBountyのカヴァーでRicky Petersonの好ヴァージョンも存在する)。
『Heaven About Me』のタイトル・ソング(Roberta Flack & Peabo Brysonの好カヴァーあり)。
などなど、どのアルバムにも必ずキラー・トラックが入っている。
今回のCD化が早くも各方面から注目を集めているのは、このような理由があるからであろう。

擦り切れて買い直したレコードも既にボロボロ。この機会に一気に大人買いして、リマスターされた音で、名曲の数々を存分に楽しみたいものだ。

4/12、『Shining Star 勝手に!?産業ナイト』セットリスト

昨日のイベント「Shining Star 勝手に!?産業ナイト」
ご来場有り難うございました。
久々に豪快なモノを連発で流す事が出来て楽しかったです。

こちらがセットリストになります。

01:Back In Black/AC/DC(Back In Black:1980)
02:I Love Rock'n Roll/Joan Jett And The Blackhearts(I Love Rock'n Roll:1982)
03:Cult Of Personality/Living Colour(Vivid:1989)
04:Sweet Emotion/Aerosmith(Toys In The Attic:1976)
05:Rocket Ride/Kiss(AliveII :1978)
06:Stone Cold Crazy/Queen(Sheer Heart Attack:1975)
07:Paranoid/Black Sabbath(Paranoid:1971)
08:Boys Of Summer/The Ataris(So Long Astoria:2003)
09:Atomic Punk/Van Halen(Van Halen:1978)
10:Burn?Stormbringer/Whitesnake(Live In The Shadow Of The Blues:2007)

産業ありメタルあり御三家(爆)ありのメチャメチャな内容でしたが、相性的には比較的まとまっていたと思います。Queenは驚かれた人間もいました(一般的な彼らのイメージとは、少し違うハードな曲ですからねぇ)。

そしてコレが一番反応良かったです。
ataris.jpg

Don Henleyの84年の大ヒットを、グランジ/オルタナ系のバンドが2003年にカヴァー。これが実にいい出来です。原曲の良さをキッチリ継承し、そこにハードでラウドでノイジーなサウンドをプラス。若者は勿論ですが、我々のようなヲヤヂにも是非聴いて欲しいです。


次回のDJは未定ですが、今度はAORでブラコン等々、ダンサブルかつメロウな路線で回す予定です。

Todd Rundgren at Billboard Tokyo

先日はTodd Rundgren@Billboard Tokyoへ。
しかしここに来るたびに、いつも怒りが込み上げる。
Midtown入口付近には案内が全然無いし(普通のフロア案内の一部で書いてあるが)、
しかも3Fまでで通路が途切れて、4Fは離れ小島状態。
その3Fにも案内が全くないので、どこから4Fに行って良いのか分からない。
通路を増やす事が出来ないのであったら、4Fへ行くエレベーターの側に大きく『4th Floor Billboard Tokyo』の表示を出して、「Today's Act ○○○」等の大きな看板を出して欲しいものだ。
『Bluenote』や『Cotton Club』を見習って欲しいものですヮ。

閑話休題。
頻繁に来日しているにも関わらず、彼のライブを見るのは今回が初めて。
91年のソウルショーや、92年のReduxツアー@五反田ゆうぽーとなんかは、再評価後の来日公演の中では最高のクオリティを誇っていた(という話...^^;;;)ので、期待は非常に大きいものだった。
Toddは体型こそ昔のままだけど、かなりお腹がメ○ボ。
それでも革のパンツを履き、派手なステージ・アクションをかましながら、豪快にギター・ソロを弾きまくる。しかも弦を切る程の大熱演。
59歳。還暦一歩手前とは思えない若々しさだ。
そして今回はUtopiaのKasim Sultonも同行。
彼もそれなりの年齢の筈だが、見た目はまだ40代前半と言った印象だ。
更にTubesのPrairie Princeも同行。もう1人のギターは知らないヒトだが、小技を多用するかなりのテクニシャンだ。

さて今回の感想.....
何とグランジ/オルタナ・ライブでしたねぇ。
全体的にシャウト系ヴォーカル。
これでは『フリーソウル...』のコンピから入った人間にとっては拷問。
私も『Something/Anything』や『Hermit Of Mink Hollow』、『A Wizzard A True Star(の途中から...^^;;;) 』や『Back To Bars』なんかを愛聴盤にしていたので、このコンセプトにはちょい疑問符を投げかけたい所。
でも曲自体は結構良く、中半にやったHip-Hop調のナンバーなんかはかなり気に入った。あとでセットリストをチェックしなければ。
あと<I Saw The Light>も披露されたが、シンプルなアレンジが逆に新たな魅力を引き出していて、これはこれで価値があると思いましたね。

ロックショーとしてはやはり完璧で、若手ロック・バンドとは一線を画す大人ならではたしなみと、ベテランらしい余裕が感じられた素晴らしいものだった。
でもやはり選曲にはチト不満。知っている曲も<I Saw?>以外には、<Black And White><Black Maria><Tiny Demons><Slut>くらいしか無かったのが何とも残念。今回のテイストなら<Love Of The Common Man>や<Couldn't I Just Tell You>、<Little Red Lights>や<Heavy Metal Kids>なんかを演ってくれたら、個人的には嬉しかったなぁ。
まぁ一つの所にとどまるという事を知らん人なので、次の来日公演を楽しみにしたい所だ。
本音としては.....やっぱりソウルショーが見てみたい!

Rodney Franklinが世界初CD化

「Rodney FranklinなんかもCD化が実現して欲しいけど、無理か?」
なんて書いたら本当に出てしまったから驚きですヮ。
遂に世界初CD化が実現!
メロウ・ソウル系フュージョンのマニアなら、避けては通れない存在。知名度に関してはWebster Lewisよりマイナーかも知れないが(フリーソウルのコンピにも入らなかったし)、私はこの人の方が強い思い入れがあったりするのだ。
本当はリリース順に紹介すれば分かり易いのだが、彼の楽曲と私の音楽人生との関わり合いは、意外と深いものがあったりするので、実体験を元に書かせて頂く。

一番最初に聴いたのは<The Groove>。1980年当時、曲だけはFENで頻繁に流れていたのですぐに覚えたものだ。しかし何故かDJがアーティスト名や曲名を言わなかったのだ。いや今考えたら単に聴き落としただけなのかも知れない。いずれにしても判明するにはかなりの年月を要した訳だ。
収録アルバム『You'll Never Know』(通算2枚目)もかなり遅れて購入。スピリチュアルなジャズ曲が多かったり、ヴォーカルは極少だったりするが、全体に漂う程良いメロウ感が心地よい秀作だ。当時のRamsey Lewisや、Lonnie Liston Smithあたりに共通する部分も多い。
rodney2.jpg

初めてRodneyの名を認識したのは81年。当時ヒットしていた<Hill Street Blues>(オリジナルはMike Post featuring Larry Carlton)のカバー。やはりキッカケはFEN。勿論彼の名前はその時に初めて覚えたのだが、近所のレコ屋は勿論、池袋の大きな所に行っても分からなかったのだ(後で分かったのだが、彼の作品は全て日本未発売)。それだけに近所の貸しレコード屋で発見した時には、心臓が止まるかと思いましたねぇ(大袈裟)。
アルバム『Endless Flight』(4枚目)は、ヴォーカル曲が少し増えてブラコン度上昇。先の<Hill?>のカヴァーも良いが、タイトルソングの出来が圧倒的に素晴らしく、過去のDJイベントでも時々流していた程だ。あるHPの解説で読んだのだが、Kyoto Jazz Massiveがネタに使ったらしい。さすがのセンスの良さですな。
rodney4.jpg

さて遡る形で2枚紹介。デビュー作である78年の『In The Center』には、あのJeff Porcaroが5曲に参加。彼独特のプレイが存分に楽しめる。ブラコン色こそ希薄だがメロウな曲も多く、内容的にもかなりお薦めだ。そして『Rodney Franklin』は80年暮れに発表された3rd。ややもするとムード音楽1歩手前の曲もあったりするが、そこはファンク度を隠し味に使い、楽曲をキッチリ引き締めている。<Theme From Jackie>はWebster Lewisの所で紹介したコンピ『Quiet Paradise』にも収録。あのSpyro Gyraの1stに収録されていた<Cascade>を彷彿とさせる、抜群のキラー・トラックだ。
rodney1.jpgrodney3.jpg

その他のアルバムにも触れておく。82年の『Learning To Love』と84年の『Marathon』の2枚はStanley Clarkのプロデュース。特に前者の内容は素晴らしく、あの名盤Clark Duke Projectのメロウな部分をフォーカスしたような、秀逸な楽曲が立ち並ぶ。Christopher Crossの<Sailing>や、名曲中の名曲<Thats The Way I Feel 'Bout Your Love>が素晴らしい。それに引き替え後者は、時代を感じさせる打ち込み濃度強めでNGだ。
rodney5.jpgrodney6.jpg

85年の『Skydance』も同じような路線だが、少し軌道修正されメロウな楽曲多めで構成。86年の『It Takes Two』もその延長線上にあるが、Michel Colombierが制作に関与したので、更に完成度が上がった印象だ。Brenda Russellがヴォーカルを担当した、<Look What's Showing Through>はナイス・トラックだ。
rodney7.jpgrodney8.jpg


88年の『Diamond Inside of You』と92年の『Love Dancin』は、未所持のためコメント不可(>_<)。

さて今回CD化になったのは『In The Center』と『You'll Never Know』の2枚のみ。
これはSME社の企画「スーパー・プレミアム・シリーズ:Vintage in 70's」のアイテムとして出されたものだ。
他のラインナップは

Freestyle/Bobbi Humphrey
Spread Of The Future/Ndugu & The Chocolate Jam Company
Don't Let Go/George Duke
Reach For It/George Duke
Love Satellite/Ronnie Foster
Writers/Writers
All In Fun/Writers
Elementary/Wah Wah Watson

凄ひ.....(◎_◎)
全部買ったら金がいくらあっても足りないので(アナログは所持)、この中から選んで購入する事になりそうだ。でも生産限定盤。無くなったらヤフオクあたりで高額必至。ここは思い切って大人買いするかぁ!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。