Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2006/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2006/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

George Benson & Al Jarreau

benson&jarreau
某所日記やBlog等で既に話題沸騰の噂の共演盤。私も数日前に輸入で入手してから、すっかりヘビーローテーション状態である。本日から国内盤が店頭に並んでいるので、この機会に取り上げようと思う。
Fusion界を代表する大物二人のコラボレイト作なので、内容はさぞかし...と思いきや、これが実に肩の力が抜けた作品だ。

しかも選曲は殆どがカバー。これには驚いた。冒頭はいきなりの<Breezin'>。しかもAlのヴォーカル入りである。続く2曲目はあの<Mornin'>。これらの出来を受け入れるか否かによって、アルバムそのものの評価が決まってしまいがちだが、個人的には結構面白く楽しめた。特に<Breezin'>は否定される程の悪い出来とは思わない。
他にも<Summer Breeze>や<Everytime You Go Away><God Bless The Child>等々、意外なところでは<Long Come TUTU>(Marcus Millerがプロデュースした、Miles Davisの『TUTU』収録曲)なども演っている。

参加ミュージシャンは予想していたよりも地味目だが、それでもMarcusを始め、Herbie HancockやPatrice Rushen、Vinnie ColaiutaやPatti Austin、Dean Parks、Abraham Laboriel、Marion Meadows、Michael White、Larry Williams、Paulinho Da Costa、Chris Bottiなど、やはり豪華メンバーが集結。しかもラストの<Bring It On Home To Me>でヴォーカルを聴かせているのは、何とPaul McCartneyである。
ちなみにもし20年前ならば、それこそ大ベストセラーを目指し、Jay GraydonやDavid Foster、Quincy JonesやArif Mardin、Russ Titleman、Narada Michael Walden、Nile Rodgers、Burt Bacharach等々(当時の)旬のプロデューサーを迎え、バックもTOTOのメンバーを核に、LA&NYのオールスターズ大集合。楽曲も先に挙げたプロデューサー陣を中心に、Tom SnowやRandy Goodrum、Michael Masserなどがコンポーズを行い、内容も当時のAORの魅力を集結させた、お約束路線になった事は想像に難くない。
これを聴いて思い出したのは、約10年前のLee Ritenour&Larry Carlton。これも出る前はテクの火花散るぶつかり合いになるとか、大騒ぎしまくりだったけど、実際はリラックス・ムードに包まれたスムースな内容で、良い意味で肩透かしをくらったものだった。
さて2人揃っての来日は.....もし実現すれば妥当な所で国際フォーラム・ホールA、あとBluenoteとかCotton Clubの可能性も有るだろうが、相当にバブリーなお値段になると予想される。日本青年館かオーチャード・ホールあたりでやってくれないかなぁ。それでもチケット代は5桁必至だろうけど.....。

皆様おなじみのこちら でも書かれているが、やはり考えている事は一緒ですな。
スポンサーサイト

先日のJuso

先日は祝日なのに責任者不在(家庭の事情らしい)。
しかも売り物も揃っているので恐ろしい位の多忙状態。
かなりの残業をし、ヘタヘタになりながらもJusoのライブへ!
前回書いたけど、彼らを見ると抜群の元気をもらえる。
今回はBaritone Sax奏者であるAさん不在だったけど(育児頑張って下さいネ)、その分前々回あたりから加入した若いSaxのヒトが元気いっぱいで、見ていて頼もしい限り。
また今回は新曲が多く、どれもヲヤヂ(ワタシね)殺しのナンバーばかり。
<Cut The Cake>のイントロ数秒で叫び(^^;;;)、<Funkytown>で燃えまくり(あんまり好きな曲ではないんだけど、ライブでやられるとさすがに...)、そして<Soul Searching>で失神寸前になりましたワ。AWBの中でも5分指に入るくらいのフェイバリット・ソング。VoのA嬢に合わせて歌いまくったワタシ.....(^^;;;)
?
今回は一人だった&体調的にもあまり良くなかったので、終演後はDrのT氏に軽く挨拶をしただけで退散。話もせずに立ち去ってスミマセン...(Voss、きたさん、etc)
?
次回は12/23(祝)、町田Cloveで2006年ファイナル。
勿論見に行きます!

お買いもの

先日のセッションで人生の英気を養った(チトオーバー)ので、いつものお買い物も久々に入魂!
という事でいつものDUへ。

♪Paradise/World's Midnight
英国産メロウ・ソウル・バンドの82年作。レコードは高嶺の花だったので、嬉しいCD化。1発目のタイトル・ソングから抜群のメロウ・ファンク。他にも<Here And Now>や<Your Love>などなど、珠玉の名曲が立ち並ぶ。一時期ソロ・アーティストとしてアルバムをリリースしていたPaul Johnsonはここ出身。ちなみに83年の『Love Is The Answer』も名盤の誉れ高き1枚。こっちもCD化してくれい!

♪Rick Smith/We Should Be Lovers
特にネタという訳ではないのに、時々キッカケが分からぬCD化があったりするのだが(最近だとRichard Jon Smithとか)、これもそんな1枚。83年当時輸入盤店で見たことがあるような無いような.....。内容はLuther VandrossやKashifあたりの亜流の域を出ないながらも、かなり出来は良い。タイトル・ソングや<I Never Give Up On Love>、<We Belong In Love>などで聴かせるスッキリしたアップ・ナンバー。ストリングスが効果的なバラードの<Just Like In The Movies>、メロウ度満点の<Love Came Today>などなど、収録された楽曲はどれも高品質。でもこんなのCD化して、採算取る事出来るの???

♪Special Edition Band/At Last
USブラック・ディスク・ガイドの『究極のLPコレクション』コーナーに掲載された事で。認知度が一気に上がった激レア盤を恐れ多くもCD化。何と言っても1発目の<SEB>が壮絶!メチャ・アップながらメロウ度もふんだんに感じさせるベスト・カット。ちょいテンポを落とした<Feelings>や、ややイナタいメロウ・ナンバーの<Crying On The Inside><Yesterday's Dream>など、結構バランスの取れた作品。でも完成度は今イチかなぁ?
それにしても「グループなら誰でも気絶してしないそうなバラードがタップリ」ってガイドブックに書いてあったけど、それ程バラード中心ではありませぬ。しかもこの紹介文、何か読んでいて変な気がしまする(爆)。

♪Perfect Touch/Touching You.....
随分前に出ていたが、買い逃していた上に最近見なくなったので、思い切って購入。都会仕立ての音を聴かせるが、これまたどこかイナタい。アップはありきたりの音でそれ程耳に残らないが、ミディアム?バラードの出来はそこそこ良く、哀愁風味の<Won't You Come Home>や、美麗なストリングスが絡んだ<Merry Go Round>あたりがベスト・カット。しかしこの内容ならCDで十分!高いオリジナル・アナログ買わなくて良かった!!!

paradise2 rick.smith special.edition.band perfect.touch
♪Rainbow Team/Rainbow Team
♪Rainbow Team/A Song For You
♪Orlando Johnson And Trance/Turn The Music On
♪Flowchart/A Little Love A Little Wine

今まで買い逃していたイタロ・ディスコ系もそろそろ見なくなってきているので、思い切って購入。
しかし...どれも今イチ(泣)。
前者は初期ChicやChangeあたりの影響モロって感じ。これなら本家聴いた方がよっぽどマトモ。
Orlando?はLutherあたりのアイデアを拝借した感じで、出来は悪くないものの、何か一本芯がビシッと通っていないような内容。BGMで流しておくには最適だが、じっくり聴いてみようとは思わない。
カッティング・ギターが効果的なメロウ・ナンバーの、<On The Loosing Side>がベスト・カットかなぁ?
Flowchartは以前買ったBoxに1枚入っており、それがなかなかだったので今回も購入。
しかし...曲が思いっきりダブっておりました(T_T)。
一応<A Little Love A Little Wine>という曲がこちらにしか入っていない上、数曲ボーナスが入っているのだが、ヴァージョン違いやインストばかり。これはお買い損でしたヮ。
安く売るので誰か買いませんか?(切望)
rainbow.team1 rainbow.team2 orlando.johnson flowchart2

AOR Session

土曜日は駒込で行われた『AOR Session』に参加しました。
何人か知っている方もいらしたのですが、殆ど初めての方が多く、
それだけで緊張度は大気圏に突入しそうな感じでした(汗)。

(演奏曲)

01.Arthur's Theme/Christopher Cross
02.Miss Sun/Boz Scaggs 
03.Heart To Heart/Kenny Loggins
04.Mr. Briefcase/Lee Ritenour
05.I Keep Forgettin'/Michael McDonald 
06.I Just Wanna Stop/Gino Vannelli
07.The Stranger/Billy Joel
08.Don't Stop Believin'/Journey
09.You Are The Flower/TOTO
10.Biggest Part Of Me/Ambrosia
11.Just The Way You Are/Billy Joel
12.No One There/Eric Tagg
13.Minuta By Minute/The Doobie Brothers
14.Hard times/Boz Scaggs 
15.Chuck E's In Love/Rickie Lee Jones 
16.Nothing You Can Do About It/Airplay
17.Escape/Rupert Holmes 
18.The Lady Wants To Know/Michael Franks
19.Just The Two Of Us/GROVER WASHINGTON,JR.
20.Georgy Porgy/TOTO 
21.Mornin'/Al Jarreau
22.Twilight Zone/Manhattan Transfer 
23.Whatcha Gonna Do For Me?/Ned Doheny 
24.What A Fool Believes/The Doobie Brothers
25.I'll Be Over You/TOTO
26.My Flame/Bobby Caldwell 

凄っ!曲名見ただけでグレイテストAORヒッツですね。
私は1曲目でDrを担当しました。
しかし...これが惨憺たる出来(勿論私のみ)。
緊張しまくりで体がまともに動かない状態。
例えるならば...行進しているときに手と足が一緒になるような感じですかぁ?。
案の定Drが入るとクロックアップ(+_+;;;)。Bの女性と全然合わない状態へ(土下座謝)。
更に打ち合わせしていたにも関わらず、一人だけ予定よりも早く終了.....orz
穴があったら入りたい状況に..... llllliiiii _| ̄|○ ●
ご迷惑をおかけしました>一緒に演奏された方々。m<(TT)>m

幸いながらDrは1曲だけだったのですが、この後04,17,20とヴォーカル担当。
今度はミスる事は許されません。なので(?)緊張緩和のため禁断の飲酒へ。
最初は缶チューハイ系だったのに、いくら飲んでも緊張状態なので、
安ワイン買って挙げ句の果てにそれをラッパ飲み...(><)。
しかしそのお陰で(?)何とか3曲とも満足のいく形で終える事が出来ました。
特に17はヴォーカルを分け合ったパートナーの方の機転が良く、ハモリもバッチリ!
勿論演奏の方々は全て完璧!
さすがに数々のバンドやセッションで鍛え上げただけあります!
本当に歌っていて気持ちよかったです。

第2回、第3回、そして第10回等々.....続けて行きたいですね。
今後とも宜しくお願い致します。

Paul Mauriat そして幼少期の想ひ出

paul mauriat1

洋楽にはまるキッカケ。これは人それぞれである。私の世代ならばBeatlesかCarpentersが最もポピュラーな存在。私の場合は後者である。
しかしそれ以前から洋楽的な基礎は出来ていたのかも知れない。日曜日の朝食のBGMに、必ずかかっていたTBSの番組「バックグラウンド・ミュージック」(現在は渋谷Hi-Fiレコードの総帥、大江田信氏が選曲を担当)。幼稚園の卒園祝いにもらった「母と子の名曲大全集」(4曲入りEPが10枚くらい入っていた)などなど。
そして漫画の立ち読みに入り浸っていた近所の本屋。ここの有線は趣味が良く、必ずイージーリスニングを流していた。<男と女><白い恋人たち><シバの女王>などが、小坊のガキの琴線を刺激しまくった。
それらに混じって流れたのが<恋はみずいろ><エーゲ海の真珠>の2曲。勿論そのメロディは頭にこびりつき、何日、何ヶ月、そして何年も頭の中から離れなかった。
それをPaul Mauriatの演奏という事を認識するのに、さほど時間はかからなかった。

数年後、誕生日の祝いにシングルレコードを何枚か買ってくれた母親。その時自分用にも数種レコードを購入していた。その中にあったのが彼の2枚組ベスト。これには前述の2曲を始め、<オリーブの首飾り>や後年何かのトレンディ・ドラマに使われた、<薔薇色のメヌエット>などが収録された超お買い得盤。そして私は当の所有者である母親以上にこれを聴き倒し、盤はズタズタに磨り減った。
その後も7inch<夜明けのカーニヴァル>も針による攻撃によって摩耗。エアチェックした<エーゲ海?><恋?>のディスコ企画盤のテープは伸びまくる始末。

トドメは<ペガサスの涙>(このEPも無惨な姿に)直後の来日公演に母親同行で行きましたヮ。
音の美しさにひたすら陶酔。この『普門館』という会場、いい所でしたねぇ。
その後は音楽の好みも変わってしまい、すっかり彼からは離れてしまったが、今回の訃報を期に彼の楽曲を聴き直し、幼少期の淡い思い出に浸ろうかと思う。

Free Soul-Drive with Paul Mauriat(違) Selected By Freeman
01,恋はみずいろ’77(ラブ・イズ・スティル・ブルー)
02,恋はみずいろ(オリジナル・ヴァージョン)
03,エーゲ海の真珠(ディスコ・ヴァージョン)
04,エーゲ海の真珠(オリジナル・ヴァージョン)
05,オリーブの首飾り
06,夜明けのカーニバル
07,ペガサスの涙
08,薔薇色のメヌエット
09,涙のトッカータ
10,男と女
11,パリのめぐり逢い
12,白い恋人たち
13,シバの女王
14,蒼いノクターン

改めてご冥福をお祈り申し上げます。

The Alan Parsons Project 遂にリマスター化決定!

先日久々にAlan Parsons Projectのアルバムを引っ張り出して聴いていたので、ふと公式サイトにアクセスすると、とんでもない情報が!
Project名義のオリジナル・アルバム10枚。何とリマスター化決定!!!
いずれもAlan自身によるデジタル・リマスタリング。ボーナス・トラックも追加予定。
他、ブックレットにも色々な仕掛けがあるようです。
彼らのアルバムってCD出始めの頃(80年代後半)にまとめてCD化されていたけど、いずれも音圧が低く聴く時にはいつもアンプのヴォリュームを上げていたので、コレは久々に強力なRe-Issueになりそうだ。
リリース予定(公式サイトより)。
2007年1月22日
『Tales of Mystery & Imagination』30th anniversary Deluxe edition
『I Robot』
『Eye In The Sky』
『Vulture Culture』
APP1 APP2 APP6 APP8
『Tales?』はUniversalなので、お約束の2枚組Editionなのかなぁ?
それにしてもアメリカでコケた『Vulture?』を第1弾で出すのにはちょい疑問符。
まぁ、個人的には好きな作品ではあるが。

2007年3月26日
『Pyramid』
『The Turn Of A Friendly Card』
『Stereotomy』
APP3 APP5 APP9
真ん中を除くと実は持っていない作品。当時あんまりいい印象が無かったので、CD買わなかったんだろうなぁ。まぁ今の耳で聴けばまた違った印象があると思いますヮ。

2007年5月28日
『Eve』
『Ammonia Avenue』
『Gaudi』
APP4 APP7 APP10

大名盤『Ammonia?』が何で最後のリリースになるのか......(-_-+)
『Gaudi』も現在家に無い1枚。これも聴き直してみよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。