Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2005/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2005/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゾンと言えば彼らです!知らざぁ、買って聴きましょう!

ozone1  ozone2 ozone3  

 オゾンと言えば、今は必殺空耳ソング<恋のマイアヒ>で有名だが、はっきり言ってあの曲、私の耳には鋭い爪でガラスを引っ掻く音と大して変わらない。最近ではどこのCD屋行ってもあの曲が流れるし、TVを付けると猫プロモばかり。私のような嫌いな人間もいるんだから、何とかして欲しいものですなぁ。

 そしてオゾン。この名前で思い出すのは例の1発屋(多分)の事ではなく、80年代のFunkバンド(つまり同名異グループ)。5枚のアルバムをモータウンに残した彼らの事である。

 詳しいデーターは分からないので説得力が無くて申し訳ないのだが、確かモータウンのセッション・マンが集まったバンドだと思う。

 デビュー作は『Walk On』。内容はインストという事なので所持はしていない。彼らの本気は81年の2nd『Jump On It』から。アップ、ミディアム、バラードと、全てが抜群の出来栄え。特にA面1?3曲目の流れが凄まじい。タイトル・ソングはソリッドなファンク。続く<Come On In>も同じアップ曲ながら、メロウなブリージン・ムードを隠し味に使った秀逸トラック。そして<Your Love Stays On My Mind>は美しいメロディを聴かせるミディアム・フロウ。何度耳にしても圧巻である。他にもポップ仕立ての<Mighty-Mighty>(勿論EW&Fとは同名異曲。そしてDaytonの<Cutie Pie>と相性抜群!)。これまたメロウな<My Fantasy>等々、とにかく曲の粒が揃いまくりである。一部ガイド・ブックに掲載されたが、それも納得の逸品だ。

 同年冬には3rd『Send It』を発表。そしてTeena Marieが半数の曲でプロデュースをしている。案の定Funk濃度が濃くなり、同時期にチャートの常連であったCameoやCon Funk Shunに近くなっている。ミディアム・フロウは減ってしまったが、その分アップとメロウの区分けがすっきりとしており、全体的にまとまった印象を受ける。推薦曲はタイトル・ソング。極上の雰囲気を醸し出すメロウな一品だ。

 翌82年には4thの『Li'l Suzy』。前作の延長線上にありながら随所で新しい試みも。その代表格がタイトル・ソング。ファズの利いたハードなギターを効果的に用いた、ちょっとロック仕立ての異色なナンバー。ちょっとFoxyの<Hot Number>にも似ているかな?

 そして最終作の『Glasses』だが、何と持っていない!(大汗)。所持はしていた筈。数年前に失敗作を大量処分した事があるので、多分その中に入っていたのかも知れない。80年代テクノロジーが前面に出た内容で落胆した記憶があるが.....今度買い直して聴き直してみよう。

 以上でアルバム・レビューは終わり。<マイアヒ>なんぞ足下にも及ばない彼らの重厚なサウンドを、是非多くの方々に楽しんで頂きたい。

スポンサーサイト

ミナミの女帝(違)

fonda
かの『Evening For Light Mellow』で金澤氏が、最近の愛聴盤として流したFonda Feingold。
知る人ぞ知る作品なので、海外通販でもそれ程高値にはなっておらず、そこそこの値段で無事に購入。

 しかしジャケが.....この方悪役?(爆)。『鬼畜』出演時の岩下志麻とか、性別違うけど、まだ悪役だった頃の八名信夫とか中田博久(よく『水戸黄門』で悪代官や悪奉行など演じるヒト)、そしてあの竹内力を彷彿とさせる程だ。さしずめ「ミナミの女帝」と言った所か?(爆)。これで出て来る音がオルタナ系ロックなら、まだつじつまが合う。しかしアダルト&メロディアスなのだから驚きだ。

 さて冗談はこれくらいにして、まじめにレビューを。発表は78年。丁度AORがブームになる前夜であり、数多くの名盤が連発していた時期である。発売元はMercury。それだけに何故当時日本発売にならなかったのか不思議な所だが(やっぱりジャケが原因か?)、曲は粒揃いである。
全体的にはSSW色が濃いものの洗練度はそこそこ。そしてメロディの良さ。これが最大の魅力である。

まず1曲目の<Fly>が悶絶モノ。ストリングスを絡ませた絶妙なアレンジが心に響く。ゆったりした<Feelin'Your Love>も胸キュンのメロディに虜状態。イベントで流れたキラー・トラックの<Day Dreamin'>。金澤氏はLauren Woodと比較していたが、私が感じたのは初期Brenda Russell。<I'll Never Let You Know You're Breaking My Heart>などで聴かれる繊細なメロディ・メイキングは、明らかに共通のセンスが感じられる。しかしリリースはこちらが先なので、もしかすると彼女。AOR系女性SSWの先駆者かも。
 CD化は未定ながら、可能性は十分に有り得るとの事なので、もし実現したら是非とも多くの方々に聴いて頂きたい好盤である。あ、勿論ジャケは差し替えてネ!(夜のCafeの内装とか似合いそうな気がします)。
 ちなみについ最近『Before And After』というアルバムがリリースされ、こちらもかなりの好内容だそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。