Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kansas/Two For The Show

kansaslive.jpg
『Leftoverture(永遠の序曲)』『Point Of Know Return(暗黒への曳航)』の2大名盤を放ち、すっかり人気を確立させたKansas。今回そんな彼らの全盛期のライブ・アルバム『Two For The Show(偉大なる聴衆へ)』が、リマスターされて再発された。
しかし何度聴いてもその内容の素晴らしさには圧倒される。スタジオ録音の緻密なアンサンブルがここでも見事に再現。しかもライブならではの臨場感も加わっているので、どの曲も凄まじいまでの完成度だ。オープニングの<Song For America>からラストの<Magnum Opus>まで、とにかくテンションの高さは尋常ではない。選曲も素晴らしく、ライブ版ベストと言えるものである(私的には『Best Of Kansas』よりこちらをベスト盤に挙げたい程だ)。
尚元々アナログは2枚組であったが、CD化された時は1枚になったものの、秀逸トラックであった<Closet Chronicles>がカットされてしまったのだ。
今回のCDは2枚組。1枚目は最初にCD化されたモノと同じ。だが2枚目には77年?78年の未発表音源が多数収録。ちなみにカットされた<Closet?>も、ここに無事収録された。
これが出た78年はディスコ・ブームの真っ直中でありながら、産業ロックも徐々に勢力を蓄え、80年代の一大ブームへ向けての礎を築き上げていた時期でもあった。Bostonが『Don't Look Back』 で再び大旋風を巻き起こし、Foreinerも『Double Vision』 で1stを超える大ブレイク果たし、Styxが『Grand Illusion』『Pieces Of Eight』の連続ベストセラーを放ち、Queenも『News Of The World』『Jazz』で彼らなりの産業を体現させていた。そんな時代であった。
彼らはそれらグループの中でもかなり硬派な部類に分けられ、ちょっとマニアック的に扱われていた。だが80年初頭の武道館での初来日公演を大成功させ、ようやく日本でもメジャーな存在になった。実は私、2階南西スタンドで見たのだが、今まで見たコンサートの中でもベスト10に入る程の素晴らしい内容だった。このアルバムを聴く度に、あの時の感動がフラッシュバックする思いだ。
スポンサーサイト

Steve Winwoodと私

swinwoodninelives.jpg
安心する音がある。そして安心する声がある。
Steve Winwood。彼の存在はいつも我々世代に不思議な安心感を与えてくれる。

初めて彼を知った<While You See A Chance>は81年。ちょうど高校2年の時だ。
当時覚え立てのジャンルであった(笑)AORの1つとして認識していたものだ。
アルバム『Arc Of A Diver』もすぐに購入したが、テクノや牧歌など実にバラエティに富んでおり、この頃聴いていたAORと呼ばれるモノとは、一線を画す音作りに驚いたものだ。
82年の『Talking Back To The Night』。<Valerie>や<Still In The Game>は好きだったが、あとはあまり印象に残らない作品だった。むしろ翌年に彼がプロデュースを担当した、Traffic時代の盟友Jim Capaldiの『Fierce Heart』の方に、『Arc?』の面影を感じる事が出来た。ヒットした<That's Love>などは、彼自身の<While?>の亜流を組むものだったしね。
86年の『Back In The High Life』。当初『Arc?』とは全然違うサウンドに面食らったが、SoulやReggae、各種World Musicを消化した楽曲は聴くほどに虜となり、いつしか愛聴盤の1枚に。
再録を含むベスト『Chronicles』を間に挟んで88年にリリースされた『Roll With It』。彼のソウル流儀が貫かれた黒いアルバムで、丁度ブラック・チャートに傾倒しまくっていた私の好みにピタリと当てはまった。
でも90年の『Refugee Of The Heart』はそんなに夢中にならなかった。今聴くと<One And Only Man>などいい曲が揃っているが、前作と違って華やかさに欠けていたのかも知れない。
丁度この頃に来日。横浜アリーナで肉眼で顔が確認出来る席で体験出来た、貴重なライブであった。
しかしその後に出たTraffic名義の『Far From Home』は買わなかった。
この頃にはSpencer Davis GroupやBlind Faithなんかも知識の一環として聴いており、勿論その中にTrafficもあった。しかしいずれもソロ時代の音とはかけ離れていて、私の好みとはかなり違っていた。
やはりこのアルバムもポップさには相当欠けていたので、聴いた後はかなり落胆したものだ。
だが97年の『Junction Seven』は打って変わり、共同プロデュースにNarada Michael Waldenを迎えた今風R&Bの1枚。聴きやすさに重点が置かれ、Des Reeなんかもデュエットに参加した当該作は、あの『Arc?』を彷彿とさせるメロディアスな雰囲気に満ち溢れていた。だが彼独特の神通力はここでは失われてしまい、ただのR&Bアーティストになってしまった感は否めなかった。
彼独特の吸引力のあるサウンドが復活したのが、2003年の『About Time』。
3人編成のシンプル・イズ・ベストな音作り。1曲1曲が実に丁寧に作られていて、魅惑のハモンド・オルガンも随所で鳴り響く。オリジナルは言うに及ばず、Timmy Thomasのカヴァー<Why Can't We Live Together>も素晴らしい出来映えだ。
この後にフジロックで来日。これを見た友人の話では、見ていた人間こそ少なかったが、内容は相当に良かったらしい。行けず無念。

そして新作『Nine Lives』。
強固たる路線を築き上げる事によって完成度を高めた前作とは少し違い、バラエティに富んだ音楽性を見せている所は、あの『Back In?』を彷彿とさせる。だが収録曲には圧倒的なガッツが漲っており、Eric Clapton参加の<Dirty City>や<Hungry Man>における魅惑のメロディ展開は、彼をずっと追ってきた人間なら、興奮を禁じ得ないであろう。まだ購入したばかりなので多くは語れないが、何度か聴き込む度に凄さがひしひしと伝わっていくのだろう。

私と彼の楽曲との思い出を駆け足で紹介する形になってしまったが(専門的な事はレコード・コレクターズ6月号を読んで下さいまし)、もしこの駄文が彼に興味を持つキッカケになってくれれば幸いだ。
こちらも読んで下さい。

Chicago/Huey Lewis & The News@パシフィコ横浜

先日はChicago/Huey Lewis & The New@パシフィコ横浜へ。
最初は行く気が無かったのだが、広島や大阪の評判が良かったので気が変わり(をい!)、東京国際フォーラムへ行こうと思ったのだが、いずれもチケットは完売。ヤフオクでは良席が¥30000超えというプレミア・チケット化していたので、パシフィコ横浜公演へ。席は丁度真ん中でステージ全体を見渡せる位置。「2階、3階の後ろでも構わない」という考えだったので、これは嬉しい限りだ。

Huey Lewis & The Newsは多分代々木競技場以来かな?(あの時は酷い席でしたT_T)
オープニングから総立ち。各所のレポートにある通り、Hueyは全く変わっていない。元々ヲヤジ顔なので(大変失礼)歳を取ったなんて全然感じない。独特の歌声で健在をアピールし、余裕のパフォーマンスで客席を煽りまくる。Newsのメンバーは少し変更があったが、コチラによるとGtはNarada Michael Waldenの武道館公演に同行していた人らしい。BはJohn Pierce。AORを追っている人間なら一度は目にした事がある名前だろう。
土曜日の国際フォーラムで演った<Hip To Be Square>は無かったが、あとはお馴染みの曲のオン・パレード。<Do You Believe In Love>があったので、基本は日曜日のライブと一緒かも。
1時間半だったのでカットされたヒット曲も多かったが(<Stuck With You>は聴きたかったなぁ?)、それは次回に期待しよう。アカペラ・コーナーは<So Much In Love>。Doo Wopスタンダード。Timothy B Schmittや山下達郎で有名な曲だけど、彼らもライブで頻繁に披露している。
盛りあがったのはやはり<Power Of Love>。映画『Back To The Future』の人気もあって、日本では一番ヒットした曲だからね。
アンコールはChicagoのKeith Howlandを迎えて<Back In Time>。Bill ChamplinとTris Imboden(何とハーモニカ)を加えての<Bad Is Bad>。これは原曲を相当崩したアレンジで驚き。Billの歌はさすがにイイ感じでしたねぇ。


続いてChicago。多分見るのは3回目(全てPeter Cetera脱退後だが...)。
<Introduction>(大好き!)<Questions 67 and 68>(何と日本語!)、<Ballet for a Girl in Buchannon>組曲等、初期のナンバーが続く。<I'm a Man>はHuey達も加わった(浴衣姿!)一大セッション大会。
その後は新旧織り交ぜたヒット曲で構成されたのだが、Billの歌う<I Don't Wanna Live Without Your Love>が変な感じだったのが気になった。最初はキーを下げていたのに、ギターソロの部分だけオリジナルのキー。終わったら元の下げキーに戻っていたのだ。これなら最初からキーを全部下げれば良かったのに。あとちょっと崩したような歌い方も気になった。過去のライブでは問題なく(ちょっとあっさり過ぎるくらい)歌いこなしていたのに、どうしたのかなぁ?
<Alive Again>や<No Tell Lover>など、過去の公演で聴けなかった曲を演ってくれたのは嬉しかった。でも客席は<Saturday In The Park>や<Hard To Say I'm Sorry?Getaway>が大ウケ。
そう言えばCD即売会場ではベストばかりが立て続けに売れていたから、これは今回の客層の殆どがライトユーザーである事の証明なのかも知れない。
<Free>も<25 or 6 to 4(長い夜)>も、今やマニアな曲の仲間入りなのかな?

開始が19:05。終了が22:40。20分の休憩を挟んだとは言え相当な長丁場。しかも見ている間は完全に立ちっぱなし。終演後はふくらはぎが張ってしまい、動かすと足がつってしまいそうだった。
昔はMZA有明などで3時間ライブ等をオールスタンディングで見ていたのに。
歳ですかねぇ?

追悼Dan Fogelberg

danfogelberg1.jpgdanfogelberg2.jpg

http://www.danfogelberg.com/news.html
2007年12月16日朝6時。前立腺癌にて永眠。
享年56歳。

2004年に見つかって活動休止。その後一時期回復したという話を聞いたのだが(金澤寿和氏談)。結局最悪の結果になってしまった。

Free SoulやDJモノを追っている私の好みを知っている人は、彼のことを書くのは意外と思えるかも知れない。しかし実は好きなアルバムや曲はかなりの数にのぼり、最近でも『Netherlands』がヘヴィ・ローテーションになる程であった。
ここは彼への思い入れをタップリ書かせて頂く。

初体験はサントラ『FM』に収録されていた<There's A Place In The World For A Gambler>。しかし中坊の耳にはあまりにも地味。確か1回聴いただけでその後しばらく針を落とさなかった記憶がある(汗)。でも同年秋にヒットした<Power Of Gold>にはハマりまくった。ドラマティックなメロディを持ち、展開も最後まで息を付かせない程。買ったシングル盤は聴き過ぎて無惨な姿に。B面の<Lahaina Luna>もよく聴いていた。あちこちのラジオ番組でもBGMとしてかなり重宝されていたなぁ。

そして80年の『Phoenix』。これはいきなりアルバムで購入した。高坊になり小遣いも増え、何か冒険したかったのだろう。丁度<Longer>もヒットしていてタイミングも良かった。そして朝、夕、土、日と聴きまくった。<Heart Hotels>なんかはシングル・カット以前から好きだったし、<Beggar's Game>や<Along The Road>もフェイバリットだった。A面よりもB面が好きだった。
挙げ句の果てには当時の親友に貸した。彼はZepやPurple好きだったが、芸術的感覚の持ち主だったので、すぐに彼のファンになった(どうもJimmy Pageのアコースティックな感性と共通する部分があったらしい)。その彼から他の友人へと又貸し状態となり、ちょっとしたブームになったのだ。
その頃には前述の<There's?>もすっかり聴けるようになっていた。

その後は<Same Old Lang Syne>。彼の全楽曲の中でダントツの出来と断言しても良いだろうな。そして約半年後に『The Innocent Age』の洗礼。当時はレンタル・レコード全盛期で色々借りまくっていた時期。2枚組で高価だったので最初は借りてテープに録音し、ウォークマンで聴く日々が続いた。しかし大学に無事合格し、アルバイトで稼ぐようになってからようやく盤で購入した。その頃には聴き込んだテープは伸び切って無惨な状態になっていた。しかも同時期に『Greatest Hits』も購入したので、数日Dan漬け状態が続いた。

『Windows And Walls』は翌年に出たが、これもレンタルは使わずに盤で購入した。「アグレッシヴ過ぎる!」なんて意見もあって結果は賛否両論だったけど、ヒットした<The Langage Of Love>は格好良かったし、タイトル・ソングや<Sweet Magnolia>、<Believe In Me>は数ある彼の楽曲の中でも、屈指のフェイバリット・ナンバーとなった。またその頃に、今までLPとして持っていなかった『Twin Sons Of Different Mothers』も購入。これは今や『Phoenix』を超える愛聴盤となった。
また彼に時間を捧げる生活が続いた。

でもそんな熱も『遙かなる心と絆?High Country Snows』ですっかり醒めてしまった。まぁカントリー/ブルーグラスの企画モノなのだが、見事なくらい私の好みと対極の事をやられてしまったので、これは頂けなかった。丁度この時期バイト先のレンタル・レコードが閉店するので数枚安くレコードを譲ってもらい、その中にこれがあった。しかし聴かないまま中古盤屋に売ってしまった。しかし色々なジャンルを聴き込んだ今なら、また違った感覚で接する事が出来るかも。

その後は私の好みが完全にBlack一色になったので、彼を追う事もすっかり止めてしまったが、ひょんな事から熱が復活する。

91年に出た『Greetings From The West 』というライブ作。当時輸入盤販売店に配属された私。そこはルーツロック系が滅法強く、時には普段聴かないようなカントリー系アーティスト/グループなども多く耳にする事があった。その店はDanのファンも多数居たので、このアルバムを運良く耳にする事が出来た。そして印象は「?!」の一言。今まで優しいだけのイメージで捉えていたのだが、ここでの彼は実に力強かった。数多くのロードで歌い込んだ喉はハスキーになり、John Mellencampあたりを引き合いに出しても違和感がない程だった。そして演奏もそんな彼を盛り立てるようなシンプルでストレートなもの。そこにはロック・アーティストとしての意地も感じられたものだ。
実は映像もあるのだが、音質や内容等の評判が宜しくないので購入していない。でもこの機会に買ってみるかな?

それからはFree Soulを追いかけながらも、彼の昔のアルバムを引っ張り出して聴くようになっていた。そして95年のTim Weisbergとのコラボ第2弾『No Resemblance Whatsoever』。これが実に素晴らしい内容で、70年代後半?80年代の香りに満ちている。Youngbloodsの<Sunlight>やJesse Colin Youngの<Songbird>のカヴァーなんかは、オリジナルよりもイイ出来かも知れない。

最終作『Full Circle』は耳にしなかったが、評判がかなり高いのでこの機会に購入しなければ!

そう言えばこの意見は問題発言かも知れないけど、この人の曲ってトレンディ・ドラマに相応しいと思う。<Longer><Same Old Lang Syne>なんかは、月9あたりで使われたら今まで彼の事を知らなかった人間の間で話題騒然になるだろうし、『Greatest Hits』なんかは丸ごとドラマのサントラになりそう。
「流行のモノしか興味のないバカどもに、彼の崇高なる音楽を薦めるとは何事か!」というお叱りを多数受けそうだが、彼は日本に於いても、もう少し人気があっても良いのでは?と思う。EW&FやABBA、EaglesやELOのベタな曲を使うより、遙かに価値があると思うのだが、いかがなものか?

ホーンを除く全ての楽器をプレイし、コーラスも一人多重で決めまくる様子は、さしずめ一人Eaglesと言ったところ。そして作曲、編曲にも優れ、特に詞は独自の世界観を築き上げた素晴らしいものである。更に画家としても手腕を発揮。羨ましいくらいに各方面の才能に満ち溢れていた。真の天才であった。
後年はメジャー音楽シーンに見切りを付け、コロラドに移り住んでマイペースな活動を続けていたDan Fogelberg。
数多くの名曲、名演に思いを寄せながら、ご冥福をお祈りしたいと思います。

来日公演実現しなかったなぁ.....

The Alan Parsons Project 遂にリマスター化決定!

先日久々にAlan Parsons Projectのアルバムを引っ張り出して聴いていたので、ふと公式サイトにアクセスすると、とんでもない情報が!
Project名義のオリジナル・アルバム10枚。何とリマスター化決定!!!
いずれもAlan自身によるデジタル・リマスタリング。ボーナス・トラックも追加予定。
他、ブックレットにも色々な仕掛けがあるようです。
彼らのアルバムってCD出始めの頃(80年代後半)にまとめてCD化されていたけど、いずれも音圧が低く聴く時にはいつもアンプのヴォリュームを上げていたので、コレは久々に強力なRe-Issueになりそうだ。
リリース予定(公式サイトより)。
2007年1月22日
『Tales of Mystery & Imagination』30th anniversary Deluxe edition
『I Robot』
『Eye In The Sky』
『Vulture Culture』
APP1 APP2 APP6 APP8
『Tales?』はUniversalなので、お約束の2枚組Editionなのかなぁ?
それにしてもアメリカでコケた『Vulture?』を第1弾で出すのにはちょい疑問符。
まぁ、個人的には好きな作品ではあるが。

2007年3月26日
『Pyramid』
『The Turn Of A Friendly Card』
『Stereotomy』
APP3 APP5 APP9
真ん中を除くと実は持っていない作品。当時あんまりいい印象が無かったので、CD買わなかったんだろうなぁ。まぁ今の耳で聴けばまた違った印象があると思いますヮ。

2007年5月28日
『Eve』
『Ammonia Avenue』
『Gaudi』
APP4 APP7 APP10

大名盤『Ammonia?』が何で最後のリリースになるのか......(-_-+)
『Gaudi』も現在家に無い1枚。これも聴き直してみよう。

第4期パープルと最近のTOTO(後編)

どんなに素晴らしい作品を完成させても、それが多くのファンに受け入れられなければ話にならない。21世紀に入って更なる評価を上げている『Come Taste The Band』。しかし当時はその好内容に関わらず、Richie脱退でうちひしがれていた人間の更なる反感を買う形になってしまった。
(新しい試みがふんだんに盛り込まれたのも、怒りに拍車をかけた要因なのかな?)
結局ファンが期待するモノっていつでも全盛期の再現。ヒットを連発したり名盤を立て続けに生み出した時期を常に求めてやまないのだ。

あくまで私の主観だが、最近のTOTOがこの例に当てはまる気がしてならない。
最新作。最初は×だった私の印象も、聴く度にどんどん変わっていき、今や『Isolation』(いや、もしかして『?』.....!?)に匹敵する存在になっている。
しかし多くの購買層は「最初は×」の時点で聴くのを放棄している。ギターが縦横無尽に暴れたら即座に「Lukeのソロ」「Los Lobotomys」のレッテルを貼り、そこから先へ進もうとしない。
『In Rock』『Machine Head』『Made In Japan』を求める保守的Purpleファンとどこが違うのか?
これは彼らに取り憑いた悪霊的運命であり、今後は彼らもこれと戦わなければならないのだ。

その証拠が先日行われた来日公演。
ボビキンの声こそ不調だったが、演奏自体は前回より遙かに上。
やはり新加入のGregの影響が大きい。
2人分(Paich&S.Porcaro)のプレイを余裕で決め、しかも力強いヴォーカルを聴かせ、ハーモニーもバッチリ。更に随所でひょうきんな所を見せ、エンターテイナーに徹して会場を大いに盛り上げたのだ。Quincy Jonesに認められ、80年代ブラコンの屋台骨を支え続けた才能は今だに健在なのだ。
しかし友人知人の話では「客席が全然盛り上がっていなかった」との事。
原因は簡単。新曲中心だったから。
会場は30?50代のヒトが殆ど。やはり全盛期中心の選曲を望んでいるのが如実に分かる。
でもTOTOは現在進行形のバンド。しかも今回はNewアルバム引っ提げてのツアー。なのに肝心のアルバムを聴かずに旧曲だけ期待するのは大きな間違い。
しかも「Paich不在」を嘆いたヒトも多いと聞く。
でもそれは来日が決まった時点での周知の事実。
事前学習も出来ないのなら、ファン辞めた方がいいんじゃないの!?

2列ほど前で乗りまくっていた20代前半の女性。新曲に対してもイイ乗りで応えていた。
彼女みたいなヒトが、現在のTOTOにとって最高のファンであると断言出来ると思う。

今回のライブが『紫の燃焼』にならない事を祈るばかりですワ。

第4期パープルと最近のTOTO(前編)

先日町田の中古盤屋へ。特別欲しいものは無かったけど、CD化済みのため破格値となっていたアナログを数種購入。
その中から.....
?deeppurple(come)
いいですなぁ。一部で再評価著しいけど、それも大いに納得の1枚。
買ったら針を飛ばし飛ばし聴いてそれっきり状態になる盤も多いのだが(をい!)、
これは最初から最後まで一気に聴き通し、また繰り返している。
グループがグループだけにやっている事はハードロックそのものだが、
Richieの脱退により、Soul/Funk/Bluesの旨味が凝縮された作りになっている。
John BohnamのFunk趣味をメンバー全員が認め、
それを『House?Of The Holy』『Physical Graffiti?』にタップリと生かし、
完成度の高い音を構築したLed Zeppelin。
その一方でDeep Purpleは、基本的にRichie Blackmoreの趣味こそグループの憲法。
David CoverdaleやGlenn Hughesの黒人音楽指向は非国民(爆)。
そんな独裁者が脱退したからこそ、他のメンバーがフェイバリットとする(JohnとIanもその後のバンドで自己趣味を露呈)Soul色が浮き彫りになるのは必然。
そしてTommy Bolin。このヒトはっきり言ってRichieよりテクあります。
速弾きこそ劣るものの、スライドからカッティングまで変幻自在の業師ぶりはこちらの方が上!
そして楽曲。冒頭の<Comin'Home>こそあの<Highway Star>を意識しているけど、
次の<Lady Luck>なんかはRare EarthあたりがやりそうなFunk指向。
<Gettin'Tighter>の途中からのうねりなんかは、Graham Central Stationのあの世界(凄!)。
<Dealer>なんかはFreeみたいだし。
他の曲もいわゆるPurple風味はごく僅か。

あらゆるジャンルの音楽が認められた今だからこそ、
このアルバムの凄さが正当な形で伝わるというものだが、
当時はこれ、一部ファンを除いて惨憺たる結果に(泣)。
次回はそれについてちょこっと触れようと思う。

二人合わせて107歳!

 
骨折ですっかり固まってしまった関節を解すために、この3月は頻繁にスポーツクラブに通っている。水泳は先月から通っているが、ジムは今月から。そこではモニターが常に流れており、その中で『Music Air』というのがある。たまに邦楽も流れるが、大体は洋楽だ。
そこでHeartの最近のライブをやっていた。
Ann Wilson。かつての歌姫も今や体型は2倍(爆)。それでも55歳という事を考えれば、十分にお美しいお姿。そして一声一動が凄まじいまでの存在感。半端な若造が1兆人かかって挑んでも、彼女には絶対に勝てないだろうなぁ。
そしてNancy Wilson。52歳(!)。体型は何と全盛期そのまま(驚)。顔に刻まれた皺の数々は凄まじい生き様の証。そしてそれこそ現在の彼女の美しさを引き出すのに重要な小道具。これが整形で無理に若作りした顔だと、絶対にしらけてしまっただろうなぁ。
そして腕を振り回し、所狭しとステージを駆け回るその姿に感動!痺れるほどに格好良かったです。
1年前に発表したアルバムも好評をもって迎えられ、また最前線に復帰した彼女たち。あとは来日を望むしかありませんね。何か以前に見たときよりも熱狂しそうです。
もし決まったら誰か一緒に行きませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。