Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回AORセッション

昨日は第3回『AORセッション』でした。
開始時間は何と10:30。実に健康的ですね(笑)。

演奏曲(順不同)

Who'll Be The Fool Tonight / Larsen Feiten Band
Breakdown dead ahead / Boz Scaggs
Lately / Stevie Wonder
Nothing's Gonna Change My Love for You / George Benson
Pamela / TOTO
All in the Name of Love / David Roberts
Another day / Dream theater
Easy Lover / Philip Bailey with Phil Collins
Insincere / Planet3
Seek And You Will Find / Gino Vannelli
Sweetest Music / Mariya Takeuchi
Alone / Heart
Love And Emotion / Gino Vannelli
Don't look back / Boston
Stop Loving You / TOTO
Rockmaker / TOTO
Make Believe / TOTO
Island Nights / Tony Sciuto
A Man I'll Never Be / Boston
Don't worry baby / Vapour Trails
Georgy Porgy / TOTO
Through The Fire / Chaka Khan
Rosanna / TOTO
Waiting For Your Love / TOTO
One Of These Night / The Eagles
Tale of A Man / TOTO
Appaloosa / Gino Vannelli
99 / TOTO
Hotel California / The Eagles
Heart Of Mine / Boz Scaggs

今回はAOR以外の曲が多かったのですが、AORの定義は人それぞれ。
これはこれで良いと思います。
そして演奏の完成度の高さに唖然。
これでプロではなく普通の社会人なのですから恐いです。
しかもリハ無しの一発合わせですからね。
いかに凄腕の参加者が多かったという事です。

さて歌ったのは以下の曲です。

●Tale Of A Man/TOTO
ボビキンの声は出ませんから、ペイチによるコーラス部分を担当しました。
面白かったのはここでの演奏ヴァージョン。
途中のギターソロを弾き終わった後に延々と引っ張るのは、初来日で披露されたヴァージョン。
そして後半ピアノ・ソロが入るのは『XX』のヴァージョンですね。
だからある意味「完璧ヴァージョン」(笑)。
そして最後に<Lowdown>風になる所では、ウ?ウ?ウウウ?,アイワンダワンダ・・・♪って入れてしまうなど、かなり楽しめました。

●Rockmaker/TOTO
ペイチの声は丁度自分に合っているので、この曲は歌いがいがありましたね。
And You Think.....♪って入る所はやや早すぎたりしてヤバかったのですが(大汗)、あとは比較的良い出来だったと思います。
演奏の皆様のおかげですね。

他にも名演連発でした。
特に<Hotel California>ではダブルネック・ギターも登場。
後半のギターの掛け合いは、本家Felder/Walshを見ている錯覚に陥りましたね。
そして<A Man I'll Never Be>では目頭が本気で熱くなりました。
Bostonの中で最も好きな曲でしたからね。
Dream Theaterだけ知らなかったのですが、Saxまで入ったアダルトなナンバーだったのですね。
かなり高ポイントの曲でした。

参加された皆様、長時間お疲れ様でした&有り難うございました。
スポンサーサイト

Steely Dan Session@新中野弁天

dan1.jpg

昨年日比谷小音楽堂で見た奇跡のトリビュートライブ、「Steely Danの『Gaucho』を演奏する会」。まさかそのメンバーと同じステージに立つとは思っておりませんでした。日曜日に行われた「Steely Dan Session@新中野弁天」にヴォーカルで参加して来ました。
13:00?22:00まで実に9時間の長丁場。同日に行われた東京マラソンに勝るとも劣らない耐久レースでしたが、皆様のお力もあり、無事に完走する事が出来ました。

セットリスト

12:50 開会の挨拶
13:00 FM
13:10 I Got The News
13:20 Maxine
13:30 Reelin' In The Years
13:40 Haitian Divorce
13:50 King Of The World
14:00 The Royal Scam
14:10 The Goodbye Look
14:20 Aja
14:30 面白企画1? Kid Charlemagneギターソロ合戦
15:00 Rikki Don't Lose That Number
15:10 Green Flower Street
15:20 Everything You Did
15:30 Walk Between The Raindrops
15:40 The Fez
15:50 The Third World Man
16:00 The Caves of Altamira
16:10 Sign In Stranger
16:20 My Rival
16:30 Green Earrings
16:40 Bodhisattva
16:50 面白企画2?カルトクイズ
17:30 Peg
17:40 Josie
17:50 Rose Darling
18:00 H Gang
18:10 Glamour Profession
18:20 Don't Take Me Alive
18:30 New Frontier
18:40 Bad Sneakers
18:50 The Nightfly
19:00 Black Cow
19:10 Gaucho
19:20 面白企画3?Ajaドラムソロ合戦
20:00 Babylon Sisters
20:10 Godwhacker
20:20 Time Out of Mind
20:30 Home at Last
20:40 Ruby Baby
20:50 Doctor Wu
21:00 I.G.Y.
21:10 Hey Nineteen
21:20 Kid Charlemagne
21:30 Deacon Blues
21:40 My Old School
21:50 閉会の挨拶

充実の内容でした。

私の参加曲は以下の通り。

●FM
早速オープニング。以前三軒茶屋で歌った時よりも声が出ており、しかも無理な緊張も幾分取れて、かなりいい出来となりました。難所であったメロディをひねる部分も無事に歌いこなしました。しかも歌詞カードを殆ど見ずに歌いこなす事ができたのは、ある意味奇跡かも。演奏陣もガッチリ決まっており、今回の皆様の並ならぬ気合いをひしひしと感じました。

●Reelin'In The Years
以前も書きましたが、この曲は言葉が多くしかも早口。前回リハで歌った時も惨憺たる出来だったので、これは仕込みまくりました。で、実際の出来はやはり褒められるものではなかったですが、以前に比べると要所要所でオリジナル通りに歌いこなす事が出来たので、少しは成長したかも。演奏も躍動感があって実に格好良かったです。ギターが最高でした。

●Rikki Don't Lose My Number
結構この曲を期待されていた方が多かったので、実は一番緊張しました。で、出来はかなり良かったかも。サビでハモる部分の音が難所でしたが、そこはコーラス陣に助けられました。演奏もバッチリまとまっており、名演揃いの中でも特に印象的な1曲となりました。

●Green Earring
多分歌うのは4回目。歌詞がそれ程難しくないので完全に覚えて臨みました(ド忘れした時の保険用に用意はしましたが)。それだけに一番良い出来となりました。コーラスとハモる部分は集中的に仕込んだので今回はバッチリでした。
ライブヴァージョンを元にしていたのですが、更にホーンセクション5人がソロ回しをするので、うっかりヴォーカルを重ねてしまうのはNG。ここはDrのta★kettie氏とアイコンタクトを取りながらタイミングを計ったので、ブレイク後のヴォーカルがバッチリ決まりました。自分が参加した中では間違いなく一番の出来でした。

他にも<I.G.Y><A Goodbye Look>や、<Hey Nineteen><Deacon Blues>等でコーラスにも参加。写真撮影にも協力しました。
終演後あちこちで抱き合ったり握手しあったりする姿を見ると、目頭が熱くなりました。参加された皆様は勿論の事、今回のセッションライブ実現のために寸暇を惜しんで、色々企画をして下さった運営幹事の皆様に改めて感謝です。
お疲れ様でした。そして有り難うございました。

さて冒頭に触れた日比谷小音楽堂公演、また今年もやります。
今度は日曜日。しかも今回は私、もしかすると観客ではなく出演もするかも知れません。
もし決まったら歌詞覚えて頑張らなくちゃ!

Steely Dan Session@新所沢Nave

royalscam

昨日は新所沢ライブスタジオNAVEで行われた、Steely Dan Sessionに初参加。
今回のテーマは何と名盤『Royal Scam(幻想の摩天楼) 』の全曲演奏。彼らの中で一番フェイバリットとなった作品だけに気合いも十分。
しかし先週は面接準備に時間を費やしたので、本格的な仕込みが全然出来ず(泣)。でも元々曲自体は鼻歌で歌える程にしっかり記憶しているので、あとは歌詞合わせくらいで済んだのが不幸中の幸い(実はこれが想像を絶する位の難作業だったが...)。但しコーラスまではさすがに時間的余裕が無く、リードのみの仕込みしか出来なかったのが何とも心残りであった。

共演されたメンバーの殆どは9月に日比谷野外小音楽堂で行われた、『Steely DanのGauchoを全曲演奏する会』でステージに立たれた方々ばかり。それだけに緊張、緊張の連続。
諸事情により本題は後回し。その間にも名曲、意外曲の数々が披露され、観客としても大いに楽しめましたねぇ。

当日の演奏曲

01 Babylon Sisters
02 Peg
03 Maxine
04 Nightfly
05 Aja
06 Perker's Band
07 Boston Rag
08 Brother To Brother(休憩時間扱い)
09 滅びゆく英雄
10 アルタミラの洞窟の警告
11 最後の無法者
12 狂った町
13 トルコ帽もないのに
14 緑のイヤリング
15 ハイチ式離婚
16 裏切りの売女
17 幻想の摩天楼
18 Glamour Profession
19 Deacon Blues
20 Kid Charlemagne
21 Aja
22 菩薩

12までは観戦オンリーだったけど、Voの女性のご厚意があり、13、14と連続で参加。
14でコーラスが絡む部分の低い声域は相当な難所だったので、殆ど音痴状態に(泣)。あと独特のヴォーカル・スタイルなので分かり辛いのだが、Donald Fagenのキーって相当に高い。なので一部声が出切らない部分もあった。反省!
でも幾分緊張から解放されたので、19と21に参加。思い入れも多い名曲中の名曲だけに楽しく歌えましたねぇ。

今回も自分の参加曲の録音を敢行。聴く度に忸怩たる思いに身が包まれるが、AORセッションの時に比べると懸念事項が少し修正されていたので、ヘタレながらも少しは前に進んだのかな?

次回は2月。今度こそしっかり仕込んで頑張らなければ!

AOR Session Vol 2@新中野弁天

土曜日は第2回『AORセッション』でした。
今回は運営側を少しお手伝いさせて頂く形になりました。
しかし人前で司会をするなんて絶対に出来ない小心者のワタシ。
そこで司会ではなく曲解説という形をとらせて頂きました。
でも意外と記憶が違っていたり間違っていたりして、そこにツッコミが入るという失態もあったりして、しかもそこが観客にウケまくるという何とも言えない感じでしたね。

(演奏曲)

1部
01、Here To Love You/The Doobie Brothers
02、Marianne(I was only Joking)/Eric Tagg
03、Lowdown/Boz Scaggs
04、I'm A Camera/Marc Jordan
05、Lovin' You/Bobby Caldwell
06、Stay With Me/Gino Vannelli
07、Red Cab To Manhattan/Stephen Bishop
08、Look Away/Chicago
09、Sweet Love Anita Baker
10、Feeling Like We're Strangers Again Wilson Brothers
11、Just The Two Of Us Grover Washington Jr.
12、I Love Wastin' Time With You The Brecker Brothers
13、You Need A Hero Pages
14、ANIMAL TOTO
15、The Ending Steve Kipner
16、Breakdown Dead Ahead Boz Scaggs
17、Don't You Worry 'bout A Thing Incognito
18、Stranded Airplay
19、Bad Weather Melissa Mancheater
20、Hold The Line TOTO

2部
21、Peg Steely Dan
22、Save It For A Rainy Day Stephen Bishop
23、The Higher You Rise Maxus
24、You can have me anytime Boz Scaggs
25、Brother To Brother Gino Vannelli
26、Honesty Billy Joel
27、I Keep Forgettin' Michael McDonald
28、Jojo Boz Scaggs
29、Sister Golden Hair America
30、Walking With Strangers Marilyn Scott
31、Livin' It Up Bill Labounty
32、Answering Machine Rupert Holmes
33、Appaloosa Gino Vannelli
34、Beside You (Per Sempre Tu) Alan Sorrenti
35、Personally Karla Bonoff
36、It Never Crossed My Mind Ray Kennedy
37、It's The Falling In Love Carol Bayer Sager
38、Gotta Get Back To Love Bill Champlin
39、Cryin' All Night Airplay
40、Night Walker Gino Vannelli

相変わらず凄すぎ。曲名見ただけでグレイテストAORヒッツですね。
さて歌ったのは以下の曲です。
●Just The Two Of Us/Grover Washington Jr
この時点でかなり飲酒していたのですが(汗)、おかげで度胸が付き、良い感じで歌うことが出来ました。しかし『Winelight』のヴァージョンで仕込んでしまったので(提案はライブ・ヴァージョンだった...)歌うべき所で歌っていなかったらしく、混乱させてしまったようです。
あとサビの歌詞を間違えました(謝)。
何とか終わらせる事だ出来て良かったです。

●Peg/Steely Dan
勢いでエントリーしてしまいましたが、実は低音部分が全く取れずに苦労しまくりでした。でもコーラスの打ち合わせで、一番分かり易い高音の部分を担当するという事で決着。先日のSteely Dan Sessionの方々とも共演を果たし、かなり充実した出来となりました。

●Save It For The Rainy Day/Stephen Bishop
さて問題の...Bill Withersの時はイイ感じのほろ酔い加減でしたが、その後飲酒が過ぎヘタレモード全開に(汗)。曲自体は仕込み要らずで頭に入っていたのですが、かなり単語が並びまくる部分があり、ここが異様に早口なのです。ここは長時間練習しまくったにも関わらず、実際は全然歌えずモゴモゴ状態。最悪の滑舌になってしまいました。
あと声がいきなり出なくなりました。やはり過渡の飲酒はいけません。(反省)。

●You Can Have Me Anytime/Boz Scaggs
前曲の失態を払拭すべく、何とソフトドリンクのドーピングを行い(汗)、酔いを覚まして参戦。無事に歌いきる事が出来ました。
周囲からも「酔いが覚めたね」という声を多数頂戴してひと安心。
でもBozの曲って自分の声にマッチしていない事を再確認しました。
やはりBill Withersとか黒系の濃い声の方が良さそうです。

●Livin'It Up/Bill LaBounty
そしてコレです。
Steely Dan Sessionを見たときに感じた「ヴォーカリストは歌は勿論、見た目も大切」という心掛け、今回しっかりと実践させて頂きました。
今回凄い実力派ヴォーカリストが何人も参加されていたのですが、この曲に関しては「俺が一番だ!」という確固たるプライドで臨みました。普段躊躇しがちのワタシですが、これほどまで堂々と歌えたのは自分でも感心するくらいでした。
やはり見た目から入ると強いです。
ホンの一瞬だけ自分が好きになった気がしました。

更にCryin'All Night/Airplayではコーラスに乱入。
好評を得る事が出来ました。

今回他にも名演連発で凄いセッションになりました。
人数も増え、知らない方々も多かったのですが、皆様「AOR」というキーワードで一つになりました。

参加された皆様、長時間お疲れ様でした&有り難うございました。

AB's/2

ABs2

この一週間本当によく聴いたアルバム。何故か『Light Mellow 和モノ669』からは外されてしまったが(掲載は1stと3rd)、個人的にはこれが一番曲の粒が揃っていると思う。彼らの最高傑作と断言しても良い程だ。
閑話休題。何故AB'sばかり聴いていたかと言うと、11/3(土)に高田馬場のスタジオ「ノア」で行われたセッション、『AB's Session』にヴォーカリストとして参加したから。

当日の演奏曲は以下の15曲
・Deja Vu
・Dee-Dee-Phone
・Fill The Sail
・In the City Night
・Destination
・Japanese Punkish Girl(ちょこっとだけ)
・Morning Dew
・Just A Rainy Blues
・One Night In Moscow(不参加)
・Correspondence(不参加)
・Do You Remember Me?
・Cry Baby Blues
・Borderline
・Music Crusade(不参加)
・One On One(You're The One)(不参加)

ヴォーカルや演奏者を入れ替えて1曲を何ヴァージョンも演ったりして、6時間があっという間に経過。数年間観客としてライブに通い詰めていた藤丸関係のコピーバンド、『Romantic Guys』の皆様とも初めて共演を果たした。自分はヘタレで恥ずかしい限りだったけど(でも長年のフェイバリット曲、<Morning Dew>が歌えたのは嬉しかった)、他の方々はさすがのテクニシャン揃い。とにかくどの曲に対しても、「俺たちはAB'sが心底好きなんだ!」という強い意志が感じられた。
終了後の飲み会も恐ろしい位に盛り上がった。殆どAB'sとその関係の話題(メンバー個々は勿論、Shogunやスペクトラムetc、挙げ句の果てにはミルキーウェイまで.....)ばかりだけど、あそこまで炸裂&噴火しまくるとは、いやはや皆様の愛の深さにはひたすら驚嘆ですヮ。
今回はスタジオだったけど、いつかは先日のSteely Dan Tributeのように、野外音楽堂あたりでライブを演りたいなぁ。
勿論自分のヴォーカルは極限まで鍛え上げて。

AOR Session

土曜日は駒込で行われた『AOR Session』に参加しました。
何人か知っている方もいらしたのですが、殆ど初めての方が多く、
それだけで緊張度は大気圏に突入しそうな感じでした(汗)。

(演奏曲)

01.Arthur's Theme/Christopher Cross
02.Miss Sun/Boz Scaggs 
03.Heart To Heart/Kenny Loggins
04.Mr. Briefcase/Lee Ritenour
05.I Keep Forgettin'/Michael McDonald 
06.I Just Wanna Stop/Gino Vannelli
07.The Stranger/Billy Joel
08.Don't Stop Believin'/Journey
09.You Are The Flower/TOTO
10.Biggest Part Of Me/Ambrosia
11.Just The Way You Are/Billy Joel
12.No One There/Eric Tagg
13.Minuta By Minute/The Doobie Brothers
14.Hard times/Boz Scaggs 
15.Chuck E's In Love/Rickie Lee Jones 
16.Nothing You Can Do About It/Airplay
17.Escape/Rupert Holmes 
18.The Lady Wants To Know/Michael Franks
19.Just The Two Of Us/GROVER WASHINGTON,JR.
20.Georgy Porgy/TOTO 
21.Mornin'/Al Jarreau
22.Twilight Zone/Manhattan Transfer 
23.Whatcha Gonna Do For Me?/Ned Doheny 
24.What A Fool Believes/The Doobie Brothers
25.I'll Be Over You/TOTO
26.My Flame/Bobby Caldwell 

凄っ!曲名見ただけでグレイテストAORヒッツですね。
私は1曲目でDrを担当しました。
しかし...これが惨憺たる出来(勿論私のみ)。
緊張しまくりで体がまともに動かない状態。
例えるならば...行進しているときに手と足が一緒になるような感じですかぁ?。
案の定Drが入るとクロックアップ(+_+;;;)。Bの女性と全然合わない状態へ(土下座謝)。
更に打ち合わせしていたにも関わらず、一人だけ予定よりも早く終了.....orz
穴があったら入りたい状況に..... llllliiiii _| ̄|○ ●
ご迷惑をおかけしました>一緒に演奏された方々。m<(TT)>m

幸いながらDrは1曲だけだったのですが、この後04,17,20とヴォーカル担当。
今度はミスる事は許されません。なので(?)緊張緩和のため禁断の飲酒へ。
最初は缶チューハイ系だったのに、いくら飲んでも緊張状態なので、
安ワイン買って挙げ句の果てにそれをラッパ飲み...(><)。
しかしそのお陰で(?)何とか3曲とも満足のいく形で終える事が出来ました。
特に17はヴォーカルを分け合ったパートナーの方の機転が良く、ハモリもバッチリ!
勿論演奏の方々は全て完璧!
さすがに数々のバンドやセッションで鍛え上げただけあります!
本当に歌っていて気持ちよかったです。

第2回、第3回、そして第10回等々.....続けて行きたいですね。
今後とも宜しくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。