Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いしだあゆみ/S.T

ayumi.jpg
「あゆ」と言えば いしだあゆみ(笑)。
<ブルーライト・ヨコハマ>を始め数々のヒットで有名であり、女優としても今や大御所的な存在である、元祖「きれいなお姉さん」の彼女。ティン・パン・アレイとの共演盤はCity Popsの名盤として崇められているが、実は今回紹介する作品もそれに匹敵する1枚だ。先日格安で入手したので紹介する。
ジャケを見るといかにも演歌!というイメージだが、中身の音は正反対。洗練された都会派サウンドが詰まりまくっているのだ。
シングルカットされた<赤いギヤマン>は歌謡曲をベースに、テクノとレゲエが微妙に交差する佳曲。
作曲は名盤『レオニズの彼方に』でも知られている、当時売れっ子だった滝沢洋一。
彼は4曲書いているが、他にも佐藤健が3曲書いていたりする。
そして続く<波になって>でいきなりシティ・ポップス度にググっと接近。
作詞の呉田軽穂は説明不要(笑)。この曲は自身の『昨晩にお会いしましょう』あたりに収録されてもおかしくないテイストかも。
次のバラードの<砂時計>も作家陣が同じため路線は変わらず。
都会路線一直線の<夢さがし>は、<波になって>とともにアルバム中ベスト・カット。
などなど、やや曲の凹凸はあるとは言え、全体の出来はかなりのものだ。

さて仕掛け人だが、編曲にまず井上鑑(7曲担当)。そして参加メンバーは林立夫、マイク・ダン、松原正樹、今剛などなど。つまりパラシュートですな(笑)。
確かに曲によってはその後に出る、寺尾聰の『Refrections』を彷彿とさせる部分があったりするかも。

昭和歌謡とJ-AOR(この表現一部では不評だが、私は敢えて使わせて頂く)の融合。そんな不思議なテイストの1枚である。CD化にはなっていないようだが、中古盤で見つかればかなりの破格値である筈なので、もしバーゲンコーナーで見つけたら、是非購入してもらいたいものだ。

そう言えば先日の『サンデー・ソング・ブック』で、石川さゆりの意外とも言えるシティ・ポップス調のナンバーが流れた。もしかすると演歌/歌謡曲と呼ばれる人間のアルバムにも、とてつもないLight Mellowテイストの曲が入っているのかも知れませんな。
スポンサーサイト

東北新幹線/Thru Trafific

thrutraffic

さて17日に発売となった2タイトル。
・東北新幹線/Thru Traffic
・楠木恭介/Just Tonight
J-AORの隠れた名盤でありながら、いずれも長い間CD化を望む声が絶えなかった程である。こうして無事に入手できるようになったのは非常に有り難い。
個人的には東北新幹線への思い入れがとにかく強い。昔Revolverで当時DJパートナーであった女史が流した<Summer Touches You>にノックアウトされ、それ以来5年以上も中古盤を探し続けていた程だ。当然の事ながら見つからず。ガイドブック『Light Mellow和モノ669』に掲載後、少し前のヤフオクにてようやく発見。金額は何と¥15000!。しかしそれも終了する頃には落札される結果に!そんな今だからこそ、絶好のタイミングのCD化と言っても良いだろう。
入手しプレイボタンを押す。前述の曲が流れ満足感に浸りまくる。
ガイド本には他に、<Up And Down><ストレンジワイン><月に寄りそって><Cloudy>の計5曲がレコメンドされていたが、実はそれ以外の曲も必聴。個人的にやられてしまったのが英語詞の<Spell>。基本的にはインストなのだが、僅かながら効果的に入る山川恵津子の清涼感に満ち溢れた声は、聴いているこちらの身と心を瞬時に溶かしてしまいそうである。勿論残る3曲の出来も素晴らしく、全編通して狂おしいまでのメロディ・ラインが展開され、胸が焼け焦げてしまいそうである。
もう何回繰り返しているか分からない。それだけの内容を誇る真の名盤だ。これを「日本語だから...」の理由で敬遠するのはあまりに勿体ない。ここまでの質の高さ。洋楽AOR名盤群を引き合いに出して比較しても全く遜色がないと言っても、決して褒めすぎではないと思う。
さてあまり触れられていない情報を。
2曲目の<Up And Down>についてだが、03:55あたりで音切れがあるのだ。これ実は意図的なものである。ライナーに「いま聴くと無音の部分が少し不自然ですけど」と書かれているのが証拠。あとオリジナルのアナログ所有者からも証言を得ている。
間違って「不良盤です!」と、メーカーや販売店にクレームを付けないように。

P.S.楠木恭介に関しても少し。実はバンド時代にライブを見た事がある。確か82年か83年頃。場所は日本青年館。何とあのRandy Meisnerの来日公演の前座として出演していたのだ。その時はザ・ウッド(柳ジョージ&レイニーウッドの御大抜きバンド)のヴォーカリストだった。当時からかなりの実力者であったが、やはり前任者を超える個性を見いだす事が出来ず、苦労していたように感じられた。
その後はライナーにある通り、カシオペアの世界ツアーで実力を認められ、傑作ソロを3枚残し、更に講師としてプロ/アマチュア・ヴォーカリストの育成に努め、作曲やヴォーカルなどで日本の音楽界をバックアップし、現在も裏方とは言え第一線で活躍をし続けている。対するRandyは現在も活動しているようだが、その規模は一時期に比べるとあまりにも小さく、日本には全くその近況が伝わってこない状態である。
これぞ音楽界下克上と言うべきなのか.....

吉田正美(政美)に熱い興奮

masami1masami2

偏見というのはいかなる物事に対しても存在する。勿論音楽も例外ではない。特に以前どこかのグループに在籍している人間のソロ作ならば、在籍時のイメージで括られてしまうのは御約束と言っても良いだろう。
例えば70年代に一世風靡した、“グレープ”。そして中心人物はさだまさし。氏の強固たる個性と音楽性は敢えてここでは取り上げないが、その名前を出せば音が即座に連想される程だ。
さてその相棒である吉田正美(政美)が残した2枚のアルバムがCD化された。
これが凄い。何度耳にしても驚くばかりである。
グループ時代とやっている事が全然異なる、非常に洗練された内容になっているのだ。
Kissから独立した直後のPeter Criss?それともBaker Gurvitz&Army解散後に出したAdrian Gurvitzの『Sweet Vendetta』?他にも例が数多く存在するだろうが、これも方向性を一変した事による、好例の一つとして挙げられるのは間違いない。
一般的にはAORに根ざした2ndの評判が良いのだが、ここでお薦めしたいのは76年の茶坊主名義の1st。
まずヴォーカルを担当している菊池まみ(真美)の声が良い。レイジーなスキャット系からしっかりした歌声を聴かせるバラードまで変幻自在。あくまでも自然体感覚で楽しめる。
そして収録曲はどれもCTIや70年代後期のブルーノート。ソフトロックやウェストコースト・サウンド。Sergio Mendesに代表されるポップ化したブラジル・サウンドからの、多大な影響力を感じさせるものばかりだ。恐らく彼はグループとして活動するにあたって、無理矢理封じ込めた自己の趣味を、ソロになった瞬間に大噴火させたのであろう。しかしそれはまだコンテンポラリー系の音が定着していない、当時の音楽シーンには余りにも早すぎた。そして絶対に外せない“グレープ”という看板。これが足かせになっていたのは想像に難くない。
しかしフリーソウルや渋谷系などを通過した今だからこそ、ジャストフィットする音がここには存在する。
是非偏見を捨てて、素直に音として楽しんでもらいたいものだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Still Crazy For You (Pt.2)

物心ついた時から、彼は私の記憶の中に居りました。
親子三人間借りで住んでいた時、下の床屋の白黒テレビで流れていた番組。
(『シャボン玉ホリデー』だったのかなぁ?)
多分私は3歳くらいなんですが、何故かうっすらと覚えているんです。
その後TVを付ければ、色々な番組で彼らと遭遇した気がします。
生まれて最初に覚えた芸能人ですからね。

団塊から少し後の世代である私。
『スーダラ節』も『無責任シリーズ』も完全に後追い。
今だから分かるオピニオン・リーダーとしての大きな存在価値。
仕事で叩かれ、家庭でも叩かれ、出口が無くなったサラリーマンの心の拠り所。
今これほどの存在の人間っているのかなぁ?

新春かくし芸大会。ずっと西軍キャプテンでしたよね?
これでもかのギャグ応酬で、腹の底から笑ったあの日。
世代交代で(多分)出なくなってから番組自体もつまらなくなり、
見なくなってからもう20年以上は経っている気がします。

そして高校か大学の時に見た何かの特番。
そこでの彼らはコメディアンではなく、ジャズ・ミュージシャン。
彼のギターの腕前に驚愕しました。
Wes Montgomery、Joe Pass、Jim Hall、そしてGeorge Bensonが頭をよぎります。
みんな売れる前は身をこなすバンドマン。
米軍基地での演奏活動も長い訳ですから、個々のテクニックもバンド・アンサンブルも完璧!
ここでのクレイジー・キャッツはコミック・バンドではなく、
本気の音楽集団でした。

でもそこから一人、二人、三人旅立ち.....
お呼びでない筈のあの世から遂に呼ばれてしまったんですね。

ここの ゲスト参加が恐らくラスト・レコーディング。
そう言えば彼が気になる台詞を言っているんです。

いやいや待たせてゴメン。
さ、行こうか!
行こうって?????
幸せのある所に決まってんじゃないの.....

彼はもうこの世に見切りを付けてしまったのでしょうか.....?

植木等様、安らかに.....

Still Crazy For You

stillcrazyforyou1.jpgstillcrazyforyou2.jpg

ここ最近のヘヴィ・ローテーション。
クレージー・キャッツ、20年ぶりの新曲です。
ユーミン作詞作曲、そしてデュエットという異色の組み合わせ。
お相手は谷啓。ややぶっきらぼうっぽいヴォーカルですが、これが実に味があっていいのです。
曲自体はかつてのシャボン玉ホリデーを彷彿とさせるノスタルジー溢れるもので、
あのNatalie & Nat King Coleの<Unforgettable>も脳裏をよぎります。
演奏にはクレイジーの他のメンバーも参加。
植木等はお約束の語りをバッチリ決める。これが曲にマッチしており、実にカッコイイ。
これだけで涙モノなのに、鬼籍に入った3人の生前の演奏までサンプリング。
これで7人全員参加。感無量です。

 初回限定盤はDVD付き。これにはプロモは勿論、レコーディングの様子も収録。
メンバーはすっかりおじいちゃんになったけど、歌や楽器をバリバリこなす姿は、何度見てもシビれます。
私もあんな風に歳をとりたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。