Mellow Floater.com

a.k.a.Mellow Floater Net. AOR、Light Mellow(ライトメロウ)、Black Contemporary(ブラック・コンテンポラリー...ブラコン)、Freesoul(フリーソウル)...そんな音楽を今でもこよなく愛し続ける方々の為のページです。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJのお知らせ

個人的事情によりなかなか更新出来ずスミマセン。
さて久々にDJをやる事になりました。

お題、真夏のソウルナイト
日時、8月2日
場所、中目黒バードソング・カフェ
http://birdsongcafe.oops.jp/
DJ、我田飲水、ふり?まん、etc

今回のお題はソウル/ファンク。
私は7?8月に怒濤のCD化となるユニバーサル・ミュージックの、『サーファー・ソウル?アラウンド1980』。そして『SOUL MASTERPIECE VOL.1 』。この2つのシリーズ中心のセレクトでまいります。
私の出演は22:00?の予定。トリを務めさせて頂きます。
この日は色々なイベントが目白押しですが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
お待ち申し上げております。
スポンサーサイト

4/12、『Shining Star 勝手に!?産業ナイト』セットリスト

昨日のイベント「Shining Star 勝手に!?産業ナイト」
ご来場有り難うございました。
久々に豪快なモノを連発で流す事が出来て楽しかったです。

こちらがセットリストになります。

01:Back In Black/AC/DC(Back In Black:1980)
02:I Love Rock'n Roll/Joan Jett And The Blackhearts(I Love Rock'n Roll:1982)
03:Cult Of Personality/Living Colour(Vivid:1989)
04:Sweet Emotion/Aerosmith(Toys In The Attic:1976)
05:Rocket Ride/Kiss(AliveII :1978)
06:Stone Cold Crazy/Queen(Sheer Heart Attack:1975)
07:Paranoid/Black Sabbath(Paranoid:1971)
08:Boys Of Summer/The Ataris(So Long Astoria:2003)
09:Atomic Punk/Van Halen(Van Halen:1978)
10:Burn?Stormbringer/Whitesnake(Live In The Shadow Of The Blues:2007)

産業ありメタルあり御三家(爆)ありのメチャメチャな内容でしたが、相性的には比較的まとまっていたと思います。Queenは驚かれた人間もいました(一般的な彼らのイメージとは、少し違うハードな曲ですからねぇ)。

そしてコレが一番反応良かったです。
ataris.jpg

Don Henleyの84年の大ヒットを、グランジ/オルタナ系のバンドが2003年にカヴァー。これが実にいい出来です。原曲の良さをキッチリ継承し、そこにハードでラウドでノイジーなサウンドをプラス。若者は勿論ですが、我々のようなヲヤヂにも是非聴いて欲しいです。


次回のDJは未定ですが、今度はAORでブラコン等々、ダンサブルかつメロウな路線で回す予定です。

12/15、『Strange Sunset Vol4』セットリスト

koolthegang(good).jpgmachiko.jpgpages1.jpgcitron.jpg

12/15のイベント『Strange Sunset Vol4』。無事に終了しました。
ご来場された皆様、お疲れ様でした&有り難うございました。

セットリストです。

1st Set
01:Stronger Than Before/Carole Bayer Sager(7inch:1981)
02:Wild Is Love/Kool & The Gang(Good Times:1972)
03:蝶のように/渡辺真知子(Feel Free:1981)
04:This Night We Fell/Heatwave(Hot Property:1979)
05:東京イン・ザ・ブルー/ソニア・ローザ(サンバ・アモール:1979)
06:Downlight Women/Boz Scaggs(Moments:1971)
07:ボッサ・デ・スー /矢沢透(アリス)(バラエティ・ツアー:1978)

2nd Set
01:Steal The Night/Stevie Woods(Take Me To Your Heaven:1981)
02:Let It Go/Pages(Pages:1978)
03:なぜ/小林泉美(シーフライト:1978)
04:I Keep Forgetten'/Michael McDonald(If That's What It Takes:1982)
05:Pass This Time/Peter Allen(Bi-Coastal:1980)
06:Every Little Hurt/松田聖子 with David Foster(Citron:1988)
07:海/吉田美奈子(愛は思うまま:1978)

10/14、セットリスト

10/14(日)に弁天にご来場の皆様、有り難うございました。
今回は無事にDJをこなす事が出来ました。
回しながら色々会話もしたので繋ぎはメチャメチャでしたが(汗)、
どの曲も反応が良くて楽しかったです。

セットリスト
1st Set
01:シンガーレディ/しばたはつみ(シンガーレディ:1975)
02:シンプル・ラブ/大橋純子(Rainbow:1976)
03:埠頭を渡る風/松任谷由実(流線形80:1980)
04:Havana Express/寺尾聰(リフレクションズ:1981)
05:トーキョー・レギー/高中正義(Seychelles:1976)
06:Agatha/今剛(スタジオキャット:1980)

2nd Set
01:傷ついた白夜(Island Night)/新田一郎(残像?After Image:1983)
02:愛は思うまま/吉田美奈子(愛は思うまま:1978)
03:I Thought It Was You/笠井紀美子(バタフライ:1979)
04:ジゴロ/中原めいこ(2時までのシンデレラ:1982)
05:風になれるなら/伊藤銀次(Deadly Drive:1977)
06:On The Move/深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ(On The Move:1978)

3rd Set
01:ムーンライト・ジルバ/やまがたすみこ(Flying:1977)
02:ファッシネイション/門あさ美(ファッシネイション:1979)
03:マイ・ピュア・レディ/尾崎亜美(Heart Box Amii:1981)
04:男と女のいる舗道/大橋純子(クリスタル・シティー:1977)
05:Summer/阿川泰子(Lady September:1985)
06:鎌倉物語/サザン・オールスターズ(Kamakura:1986)
07:Love Trip/間宮貴子(Love Trip:1982)
08:入江にて/郷ひろみ(スーパードライブ:1979)
09:海にうかぶピアノ/佐藤奈々子(スウィート・スウィンギン:1977)
10:Winter Blue/西城秀樹(7inch(Do You Know)B面:1984)
11:いねむり/ケン田村(Light Ace:1981)
12:Rainy Street/吉田正美&茶坊主(トゥリー・オブ・ライフ:1976)
13:レディ・ヴァイオレッタ/四人囃子(ゴールデン・ピクニックス:1976)

8/11、『Strange Sunset Vol3』セットリスト

8/11のイベント『Strange Sunset Vol3』のセットリストです。

1st Set
01:Make It With You/Breeze(Breeze:1974)
02:Firefly/Summer(In Malibu:1976)
03:Got To Find You Girl/Kalapana(Northbound:1978)
04:Six Feet Lower/Gabriel(This Star On Every Heel:1975)
05:Have You Ever Had That Feelin'/Cecilio & Kapono(Night Music:1977)06:Dance Romance/Sunshine(Sunshine:1977)
07:Souch On 101/Shogun(You're The One:1979)
08:Communication(ワン・ノート・サンバ)/二名敦子(Play Room?戯れ:1983)
09:Lizzy Go Round/R.J.Keen Band(Some Days Are Just So Blue:1978)
10:Lady Of My Heart/Hawaii(Out Of The Dark:1980)
11:Let's Go Now/Henly Kapono(Stand In The Light:1981)
12:A Million Stars/Mackey Feary Band(Macky Feary Band:1978)
13:Countryside Of Beauty/Tenderleaf(Tenderleaf:1982)
14:Crossfire/Bellamy Brothers(Plain & Fancy:1977)
15:Heroes And Villains/Brian Wilson(Smile:2004)

2nd Set
01:Ngiculela-Es Una Historia I Am Singing/Stevie Wonder(Songs In The Key Of Life:1976)
02:Feelin'Your Love/Fonda Feingold(Fonda Feingold:1978)
03:You Know How To Make Me Feel So Good/Collins And Collins(Collins And Collins:1980)
04:Steal My Love/Shivers(Falling In Love:1981)
05:フォーカス/松任谷由実(パールピアス:1982)
06:Summer Blue/ブレッド&バター(レイト・レイト・サマー:1979)
07:Livin'It Up/Bill Labounty(Bill Labounty:1982)
08:夜風のインフォメーション/濱田金吾(ハートカクテル:1985)
09:哀しみは夜の向こう/間宮貴子(Love Trip:1982)

6/9、Strange Sunset Vol 2、Set List

さて『Strange Sunset Vol2』ですが、大盛況のうちに終了しました。
今回はジャム・セッション的なバンドのライブも交え(<Play That Funky Music>のアコースティック・ヴァージョンなんかもあったりして、かなり見応えありましたねぇ)、前回以上に充実した内容でした。
しかもワインに日本酒、更には手作りサラダから何とカレーまで!至れり尽くせりの豪華ラインナップ。
御馳走様でした。m<(_ _)>m
DJの皆様、バンド・メンバーの皆様、お酒や料理でサポートして下さったスタッフの皆様、そして何よりもいらして下さったお客様!感謝の限りです。
有り難うございました。

次回は8月頃との事。
サーフ系やハワイ系を中心に、耳に涼しい選曲でお待ちしております。

最後に今回のセットリストなんぞ。
guinn.jpgakira.huse.jpgf.parris.jpg
1st Set
01:Dreamin'/Guinn(Guinn:1986)
02:Two Places At The Same Time/Ray Parker Jr & Raydio(Two Places At The Same Time:1980)
03:オーファニー/布施明(サバイバル:1979)
04:My Flame/Bobby Caldwell(Bobby Caldwell:1978)
05:Float On/Floaters(Floaters:1977)
06:Oh!Honey/Delegation(The Promise Of Love:1977)
07:夏への扉/難波弘之(Sence Of Wonder:1979)
08:Kiss Me Again/岩崎宏美(Wish:1980)
09:Let Me Be The Last One/Fred Parris And The Satins(Fred Parris And The Satins:1982)

1はVanessa Williamsのヒットとして有名。こちらがオリジナルです。3は驚きのネタ。今までの彼のイメージを180度一転させてしまう程のメロウ・ナンバー。その意匠を借りたと思われる3曲を後に連発。5と6なんか相性抜群の域を超えて、「殆ど同じ」でしたからね(笑)。7はその後山下達郎が『Ride On Time』で取り上げる程の名曲。8は岩崎宏美版<Jojo>です。9も実に良く似ています(笑)。

2nd Set
01:Spring Rain/Silvetti(World Without Words:1976)
02:凍った太陽/スペクトラム(セカンド・ナビゲーション:1981)
03:Try A Piece Of My Love/Wild Cherry(Only The Wild Survive:1979)
04:This Is All I Have For You/松下誠(First Light:1981)
05:Just Be You/Rob Galbraith(Throw Me A Bone:1976)
06:Havana Express/寺尾聰(リフレクションズ:1981)
07:Let's Be Friends/Marilyn Scott(Dreams Of Tomorrow:1979)
08:スペース・ドライヴ/原久美子(ノー・スモーキング:1978)
09:Brazilian Scandals/Oscar Castro-Neves(Brazilian Scandals:1987)
spectrum4.jpgrob.galbraith.jpg
2は名グループの意外ナンバー。メロウな雰囲気もさることながら、ホーン無しというのも大きなポイント。4は下北Revolverでも数回流しておりますが、日本語で歌われている事で驚く人間多数。それ程洋楽色の濃い曲です。5も各所で流している大ネタ。6?9は相性責め(爆)。繋ぎも大成功しました(笑)。

『棚からわしづかみ』セットリスト

10020824497.jpg10020824540.jpg

先日行われた『棚からわしづかみ』のDJセットリストです。

1st Set
01:Tropical Love/Angela Bofill(Something About You:1981)
02:False Faces/Hubert Laws(Say It With Silence:1978)
03:It's Just The Way I Feel/Gene Dunlap(It's Just The Way I Feel:1980)
04:I've Got My Second Wind/AL Johnson(Peaceful:1978)
05:I've Got My Second Wind/AL Johnson(Back For More:1980)
06:Never More/大野雄二(Space Kid:1978)
07:Street Dancer/岩崎宏美(Wish:1980)
08:Let Go/Pages(Pages:1978)
09:I'd Rather Be Flying/Jerome Olds(You Lift Me Up:1980)
10:Carry My Blues Away/Tamarack(Tamarack:1981)
11:Whatchersign/Michael Omartian(Adam Again:1976)
12:You And Me/Galaxy(Hot Wet & Sticky:1978)
13:Destiny/Exile(All There Is:1979)
14:Sunday Night To Monday Morning/Char(Have A Wine:1977)

まずはゆるめに。
2は先日の来日公演で好評を博したナンバー。4と5は同じ曲のヴァージョン違い。6は実はかける曲間違えました(汗)。でもこちらもPlayerの<Baby Come Back>を彷彿とさせる秀逸なメロウグルーヴ。9は大阪の某所で入手してから、ebayでもヤフオクでも見ないかなりのレア盤。私も詳細は知りません(をい)。10はJohn Patitucciがメンバーとして在籍していたバンド。11はPratt & McClainのフリーソウル・ヒットのオリジナル。12はRockie Robbinsでも知られるメロウ・グルーヴの隠れた名曲。作者はExile(USの方)のメンバー。という事で13にも関連モノを。これはWoods Empireのヴァージョンでも有名ですね。エンディングはジャケット見せなければ、誰もCharだって気付かない程の洋楽濃度100%のナンバー。

10020824639.jpg10020824697.jpg

2nd Set
01:Slow Motion/Chicken Shack(?:1986)
02:As/笠井紀美子(Butterfly:1979)
03:When You're Near/Sharalee(Daughter Of Music:1978)
04:Woman In Love/アンリ菅野(Showcase:1981)
05:Fool Of The Year/Cuba Gooding(The 1st Cuba Gooding Album:1978)
06:You're The Reason/Micki Fuhrman(Look Again:1981)
07:Lowdown/Brand New Funk(Brand New Funk:1978)
08:Lowdown/Joe Thomas(Get In The Wind:1978)

1、2と洋楽濃度100%のナンバーでスタート。
3はカントリー/フォーク系CCMのヒトのアルバムから奇跡のメロウ・グルーヴ。4はBarbra Streisandの大ヒットのカヴァー。ギターは何とSteve Lukatherです。5、6は<Lowdown>インスパイア系。7と8はちゃんとした(?)本家のカヴァーです。

4/7、Strange Sunset Vol 1、Set List

10019291514.jpg10019291844.jpg

先日千石空房で行われたイベント『Strange Sunset』のセットリストです。

1st Set
01:For You/Dionne Warwick(Friends ln Love:1982)
02:If You Want It/Niteflyte(Niteflyte:1979)
03:Living Inside Your Love/Imperials(One More Song For You:1979)
04:Give It Up/Lava(Cruisin:1981)
05:The Other Way Around/Stevie Woods(The Woman In My Life:1982)
06:いねむり/ケン田村(Light Ace:1981)
07:Gotta Get Back To Love/Bill Champlin(Runaway:1981)
08:Queen Of My Heart/DeBarge(The DeBarges:1980)
09:You'reThe Song(That I Can Stop Singing)/JackieWilson(Nobody But You:1975)
10:海/サザン・オールスターズ(人気者で行こう:1984)
11:Seeing You(For The First Time)/Jon Stevens(Jezebel:1980)

まずはゆるめに。
大好評だったのが5。曲自体はどう聴いても洋楽なので、日本語の歌詞が飛び出した時点で皆様驚かれたようです。その元ネタとも言える11もしっかりかけました。但しJim Messinaではなく、ちょいレアなヴァージョンを。9は過去にFrankie Valli、Michael Kennyのヴァージョンを流した事がありますが、これがオリジナルです。そしてやはり10は名曲!

10019292949.jpg10019292994.jpg

2nd Set
01:Girls Know How/Al Jarreau(Nightshift.O.S.T:1982)
02:Love Is Easy/尾崎亜美(Hot Baby:1981)
03:I'm In Love With You/DeBarge(All This Love:1982)
04:海風/風(海風:1977)
05:Your Imagination/Maxus(Maxus:1981)
06:You're The Only One/One Line Band(Yellow Magic:1978)
07:My Simple Heart/The Dukes(12inch:1982)
08:Take You To The Sky High/角松敏生(On The City Shore:1982)
09:Love Won't Wait/Bobby Caldwell(Bobby Caldwell:1978)
10:Jasmine/森園勝敏(4:17 p.m:1985)
11:Rainbows Of Love/Lonnie Liston Smith(Dreams Of Tomorrow:1983)
12:機嫌を直して/ケン田村(Light Ace:1981)
13:What You Want Do For Love/Bobby Caldwell(Bobby Caldwell:1978)

ややアゲた2nd Set。そして洋モノと和モノを交互にかけるという試みは初!2でいきなりブースに人だかりが!何しろTOTO+David Fosterですからね。6はShogunの前身バンド。7はCarol Douglasでお馴染みのナンバーの作者ヴァージョン。12inch Onlyです。10も人気曲でしたねぇ?!

セットリスト

先日のセットリストとなります。

1st Set
01:Mutual Feeling/Erik Tagg(Rendez-Vous:1977)
02:I'll Never Say Never Again/Tavares(Check It Out:1973)
03:Twisted/Quick(One Light?In A Blackout:1982)
04:The Other Side Of Midnight/The Mystic Moods Orchestra(Erogeuous:1975)
05:Give Me Love/Santana(Festival:1977)
06:Livin'It Up/Three Dog Night(It's A Jungle:1983)
07:Give Me A Reason To Be Gone/Maureen McGovern(Nice To Be Around:1974)
08:Days Of Salvation(II Corinthians6.2)/Sonlight(Sonlight:1972)
09:As Long As You're Here/Kuh Ledesma(I Think I'm In Love:1984)
10:Walk With Me/Valerie Horton Brown(Walk With Me:1981)
11:Love Not Then/Azteca(Azteca:1972)
12:Lookin' Out For #1/Backman Turner Overdrive(Head On:1976)

ソフトサイドと呼ぶべきこのセット。3はテクノポップユニットですが、この曲に関してはあのChaka Khanが、82年のアルバム(邦題、ビバップを歌う女)で取り上げておりました。6はあまり知られていないカヴァー。アルバム自体もあまり知られておりません(一時的な復活ミニアルバムの為)。何と不評でした(泣)。Peter Pringleかければ良かったかなぁ?8は数年後に同じメンバーでKoinoniaを結成します。一番好評だったのがフィリピン産の9。他に数曲キラーが入っております。10はRitchie Familyが取り上げた事でも知られる、メロウフローターのオリジナル。12は小野リサがやりそうなボッサ・タイプ。意外性はダントツ!何しろグループがグループですからねぇ(苦笑)。

2nd Set
01:Oooh Baby/Alan White(Ramshackled:1976)
02:And I Moved/Pete Townshend(Empty Grass:1980)
03:Believe/Donn Thomas(You're The One:1981)
04:Don't Hold Back Your Love/Loose Ends(12inch:1983)
05:Say You Will/Isley Brothers(Go All The Way:1980)
06:In Love With Love/Wham!(Wham!:1978)
07:Sad Girl/Carl Graves(7inch:1978)
08:As Long As You Come Home/Michelle White(Sweet Innocent:1978)
09:One Night Affair/Jay Black(12inch:1976)
10:Was It Something I Said/John Valenti(Anything You Want:1976)
11:Too Late/Junior(J.I.:1982)
12:I'm Afraid The Masquerade Is Over/Steve Turner(Harbor Place:1983)

こんなヒトがこんなナンバーを!みたいな意外性を狙った冒頭2曲。4は12inchのみ。確かこれがデビュー曲だった筈。ちなみにB面のメロウ・フローターもキラーです。ジャケット見て一同仰け反ったのが6。勿論George MichaelもAndrew Ridgleyも無関係です。B...いやC級ブルーアイド・ディスコバンド。7は金澤寿和師匠がBlogで取り上げたナンバー。これまたB面のバラードもキラーです。8のギターは何とBobby Caldwell!アルバム・デビュー前のTKセッションマン時代のお仕事。9はStylisticsもやっていたメロウ・ディスコ。10は祝!CD化ですね。

イベントのお知らせ

久々にイベントやります。
日時:9月16日(土)
時間:19:00?恐らく23:00前後
場所:洗足Little Bean(場所の詳細http://blog.so-net.ne.jp/Littlebean/archive/c309475
DJ:BVJ(Rare Groove Master)、ez2go、ふり?まん
料金:リーズナブルに飲食代のみ
中心となるのはAORやブラコン、フュージョン、フリーソウルやレア・グルーヴなどからセレクトしたメロウ・ナンバー。名曲から珍曲、奇曲まで。70年代、80年代独特の贅沢な世界、ライトメロウな質感盛り沢山です。
お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さい。心よりお待ち申し上げております。

『棚からわしづかみ』セットリスト

1st Set
01:Revelation/SSKO(SSKO:1998)
02:Heartbreak In The Making/Tony Stone(For A Lifetime:1988)
03:Two Roads/Chris Rea(On The Beach:1986)
04:Let's Live In Harmony/George Howard(A Nice Place To Be:1986)
05:Better Friend/Newtone(Newtone:1997)
06:Just A Little Love/Don Ciccone(Forever Begins Today:1991)
07:Just To See Her/Lou Pardini(Live And Let Live:1996)
08:Getting Better/Robbie Nevil(A Place Like This:1988)
09:Where The Hell Did I Go Wrong?/Swing Out Sister(Somewhere Deep In The Night:2001)
10:The Feeling I Get/By All Means(It's Real:1992)

今回は普段の私のテリトリーである時代(1975?85)以降のナンバーを集めてみました。
90年代多めでかなり異色でしたが、質感は勿論「棚わし」そのもの。
多くの方々にお聴かせしたかったです。

2nd Set
01:Bitter Sweet Samba/Herb Alpert & Tijana Brass(Whipped Cream & Other Delights:1965)
02:Take Me To The Marti Gras/Bob James(Two:1975)
03:Sun Goddes/Ramsey Lewis(Sun Goddes:1974)
04:World Wide Sports/Instant Funk(Instant Funk:1979)
05:It Doesn't Matter/Spyro Gyra(Morning Dance:1979)
06:Spring Rain/Silvetti(World Without Words:1976)
07:We're Here To Please You/Fruitcake(Fruitcake:1983)
08:Doc/Earl Klugh(Dreams Come True:1979)
09:悪魔のようなあいつ?メインテーマ/井上尭之バンド(サウンドトラック:1975)

ここではTVやFM/AMなどのテーマやジングルなどで使われた曲を集めてみました。
「オールナイト・ニッポン」「世界あの店この店」「プロ野球ニュース」などの有名番組から、私しか知らぬカルトな番組まで、正に「あの頃の雰囲気」ムンムンでしたねぇ。

『棚からわしづかみ』一夜限りの復活

一年ぶりの『棚わし』、 今回パートナーである我田飲水氏のオーガナイズで久々に復活します。

ゲストはBlog『れしのお探しモノげっき』...と言うより幻の和モノHP、
『Sunrize-Sunset』でJapanese City-Pops再隆盛を築いたえこりん@れっし?女史。
そして最近では金澤寿和氏とイベント、「AOR Light Mellow」をオーガナイズしているez2go氏。

今回は雰囲気重視の自由感覚で臨みたいと思います。
繋ぎは一切無視しますので、かけてる最中も色々話しかけて下さい。
あと珍しくCDが多めになりそうです。
90年代以降の音源もかけたい所です。

最近ゲストのお声がかかった時しかDJをやらなくなった不精者の私ですが、
久々に羽を伸ばして楽しみたいと思います。
お時間がある方は是非いらして下さい。
お待ちしております。

7/29(土)
『棚からわしづかみReturns』@中目黒バードソングカフェ
http://birdsongcafe.oops.jp/
Start:18:00? 
Fee: drink or food代のみ。
DJ: 我田飲水/ えこりん@れっし?/ez2go/ふり?まん

7/7、Evergreenセットリスト

7/7に行われたイベント『Evergreen』。参加された皆様お疲れ様でした。
歴史のある隠れ家的な店で独特の雰囲気。結構お客さんも入っておりました。
やはり人前で流すのは緊張する反面、大変気持ちいいものです。

セットリストはこんな感じです。

1st Set(AOR Light Mellow)
01:Never Turnin'Back/Bruce Hibbard(Never Turnin' Back:1981)
02:Undecided/Sweet Comfort Band(Hold On Tight:1979)
03:Rain/Barry Manilow(One Voice:1979)
04:Valdez In The Country/Cold Blood(First Taste Of Sin:1972)
05:Ain't Nothing Wrong/KC And The Sunshine Band(KC And The Sunshine Band:1975)
06:You're Young/Mackey Feary Band(Mackey Feary Band:1978)
07:George Porgy/TOTO(12inch:1979)
08:Where You Want Me/Nielsen And Pearson(Blind Luck:1983)
09:Betta/Twennynine feat.Lenny White(Best Of Friends:1979)

2nd Set(Dance Classics)
01:Here I Am/Dynasty(The Second Adventure:1981)
02:Make That Move/Shalamar(Three For Love:1980)
03:I Can't Shake This Feeling/Klique(Let's Wear It Out:1981)
04:Keep On/D Train(You're The One For Me:1982)
05:A Lovers Holiday/Change(The Glow Of Love:1980)
06:Love Come Down/Evelyn King(Get Loose:1982)
07:It Must Be Love/Alton Mcclain & Destiny(Alton Mcclain & Destiny:1979)
08:Take Your Time/The SOS Band(The SOS Band:1980)
09:Call Me/Skyy(Skyy Line:1982)
10:Disco Nights/GQ(Disco Nights:1979)
11:Boogie Oogie Oogie/A Taste Of Honey(A Taste Of Honey:1978)
(今回は2nd収録のシングル・ヴァージョンでかけました)

最後にはDJ全員のバトルがあり、私は
*Keep On Dancin'/Gary's Gang(Keep On Dancin'1979)
*That's The Way/KC And The Sunshine Band(KC And The Sunshine Band:1975)
*K.Y.And The Curve/Harvey Mason(Earth Mover:1976)
を流しました。

終了しました



本日は
「Remember Of 1976 Mix」
More More More/Andrea True Connection
December 1963(Oh What A Night)/The Four Seasons
Winners And Losers/Hamilton Joe Frank & Reynolds

このMixは月曜日と同様、前回のアウトテイクを完成させたものです。
1?2曲目の繋ぎが何度やっても巧くいかなかったので送付しなかったのですが、
その要因が判明。
Four Seasonsですが、イントロと曲自体のビートがかなり違うのです。
そこで今回、曲の方にクロスフェードを合わせてみました。
本当はイントロを切ってカット・インすれば良かったのかも知れませんが、
イントロのずれたテンポが段々合っていく様子が如実に表れているので、
これはこれで良かったと思う次第です。
カット・インは2?3曲目、これは本当に巧くいきました。
イベントでもこんなに綺麗に決まった事は無かったです。

そして本日で終了しました。
聴いて下さった皆様、本当に有り難うございました。
5つ送ったうち、3つ採用でした。
全てボツにならなかっただけでも良かったです。

ボツになった2つの要因。
一つはMixミス(送ってから考えてしまった程...だったら最初から送るな!!(汗))。
もう一つはMixはそこそこ巧くいったのですが、曲がいかんせんマイナー過ぎた事。
基本はヒット曲中心ですから、その辺の一般性も考えなければいけなかったんです。
これならばMixが気に入らず送らなかったモノの方が良かったのかな?
(Marty Balin『Hearts』やら、Adrian Gurvitz『Seventeen』、Nicolette Larson『Lotta Love』等を使用したMixも数種作っていました。しかし繋ぎが汚かったので封印。)
これで採用のコツみたいなものを掴んだ気がします。

次回は秋頃ですかね?
今から徐々にネタ集めをしたいと思います。
今度は素直にダンクラで固めてみますかね?
番組の主旨はそちらの方が合っているのですから。

Aohata Morning Groove2日目



本日は「Mellow Groove Mix」

Find It In Your Heart/Heatwave
Too Hot/Kool & The Gang
There's A Master Plan/Roy Ayers

これを完成させるのは本当に大変でした。
撮り直し実に100回以上。
何しろ繋ぎが巧く行きません。プロなら簡単に決めるでしょうが、いくら5年以上DJキャリアがあるとは言え、ズブの素人ですからねぇ。苦労しまくりでした。
問題だったのは1曲目?2曲目。元々の曲がそうなのか、それともプレイヤーの回転の問題なのかは分かりませんが、出だしがピッタリ合ってもすぐにズレてしまうんです。
ピッチ・コントロールでBPMをキッチリ合わせたにも関わらず。これだけで著しくスタミナ消耗する始末(汗)。
それだけにバッチリ決まった時は本当に嬉しかったです。

ちなみにBPMがコントロール不用で合っていた2?3曲目は、幸いながらそれ程苦労せずに決める事が出来ました。
その甲斐もあり正に奇跡と呼ぶに相応しい仕上がりとなりました。
今まで作ったMixの中では勿論の事、イベントでもここまで綺麗決まった事はありません。

カヴィラ氏大絶賛。前回採用された時にも、あそこまで褒められた事はありませんでした。
心底嬉しかったです。

約1年ぶりのAohata Morning Groove



DJ:ふりーまん
「クロスオーバーなあの頃MIX」
Room335/Larry Carlton
First Light/松下誠
Sunburst/Lonnie Liston Smith

Aohata Morning Groove、今回も無事に採用でございます。
先週のヒトが想像を絶する程に巧かったので、今回は却下されたかと思いきや、2連続採用。嬉しい限りです。

今回のMix第1弾。
曲の相性、ビートの繋ぎ等々、細かく突っ込めば色々難点はありますが、個人的には自負しております。

これ実は前回失敗した組み合わせでした。繋ぎが本当に難しかったんです。
1?2曲目で成功しても、2?3曲目で失敗。
繰り返しているうちに疲れたので結局ボツにしたんですが、
相性の良さが抜群なので、今回応募するにあたり再びチャレンジ。
何とか決めました。

ちなみに2曲目がちょこっとEditされてました。
放送の進行上、ちょっと長かったのかな?

友人の結婚披露パーティにて

?
先日は友人の結婚披露パーティ。新郎は何と45歳で初婚。少しは私も希望が持てるかなぁ(ムリムリ)。
キッカケは『Mellow Floater net』!(当時は『ふりーまんのお部屋』)。私が企画したオフ会でした。
要するにHP立ち上げなければ、二人は出会わなかったのです。
そういう意味では、私は恋のキューピッドですな。
でもその事については全然話題に昇らず。何か悲しいです(T_T)。
まあパーティは最高潮に盛り上がり、私も大いに楽しんだからOKです。
貴重な体験も盛り沢山だったし。

そんなオメデタイ席でDJを行いました。しかし本業が異常なまでに多忙を極めてしまい、選曲が全然決まらず。結局棚からわしづかみ(汗)。繋ぎ&曲の相性メチャクチャ(謝)。でも久々の大舞台でのDJ。かなり充実した雰囲気を味わう事が出来ました。

セットリストです。
01:Reminiscing("Night And Day" Intro)/Little River Band(Backstage Pass:1980)
02:You're So Good To Me/Bruce Hibbard(Never Turnin' Back:1980)
03:Steal The Night/Stevie Woods(Take Me To Your Heaven:1981)
04:Pretend He's Me/Robert Byrne(Blame It On The Night:1979)
05:Living It Up/Peter Pringle(Fantasies:1984)
06:So Much In Love/The Dukes(Bugatti & Musker)(The Dukes:1982)
07:It's For You/Player(Room With A View:1980)
08:You'll Call It Love/Billy Field(Bad Habits:1981)
09:You Are The Song/Michael Kenny(Michael Kenny:1976)
10:Rosalinda's Eyes/Billy Joel(52nd Street:1979)

要所では新郎選曲のスタンダード・ナンバーが流れたので、レア過ぎず、マイナー過ぎず、そして当たり前過ぎない曲を選んでみました。
曲の流れを見て気付いたヒトも多いと思いますが、流れは8曲目で終わっています。
当初は持ち時間が20分×2という予定だったので、8曲目までが一つの括り。
しかし時間が余ったので、2nd Setに予定していた2曲を無理矢理持ってきました。
5はBill LaBountyがかかったと思った方、多いと思います(歓談中のBGMでしたからねぇ)。
7は本当は<Baby Come Back>をかけるつもりでしたが、歌詞の問題でこちらに差し替え。
でもちょっとマイナーだったかも(反省)。

9/11 set list


9/11(日)に中目黒Birdsong Cafeで行われたRuben氏のイベント、『Sunday DJ On Bird Song Cafe』に参加しました。実に久々のDJだったのですが、色々と忙しく選曲は棚からわしづかみ状態(謝)。繋ぎと曲の相性無視(再謝)。それでも何とか満足のいく内容となりました。

1st Set List
01:Love's The Way I Feel 'Bout Cha/Alfonso Johnson(Yesterday's Dream:1977)
02:What's On Your Mind/Taffy McElroy(The Heartbreak Kid:1981)
03:Bring Back The Sixties Man/Country Joe McDonald
(Rock And Roll Music From The Planet Earth:1978)
04:Antes De Mais Nada/Pacific Jam(Pacific Jam:1981)
05:Can't Stop Loving You Baby/The Whispers(This Kind Of Lovin':1981)
06:Lovin'You Is Like A Dream/Real Thing(4 From 8:1977)
07:Madame Blue/Valentine(Valentine:1978)
08:Live?Inside Your Love/河合奈保子with David Foster(Daydream Coast:1984)
09:One Note Samba/水町理沙(Spicy:19??)
10:We Are One/Maze Featuring Frankie Beverly(We Are One:1983)

一番周囲を驚嘆させたのは河合奈保子。L.A All Stars勢揃いのとんでもないアルバムより、一番Light Mellow色が濃いナンバーをチョイス。「やまがたすみこ」「八神純子」なんて声も飛んでいましたが、ジャケット見せた瞬間、皆様仰け反っておりました(笑)。あとはCountry Joe McDonald。これまたJay GraydonやDavid Foster等々参加の意外作。その中でもフリーソウル・チックな16ビート・ナンバーを。ちなみに<Y-O-U>なんて曲も一時期Light Mellowのコンピに使用予定でした。ウッドストック・スピリットはここにはありません(爆)。あと水町理沙は先日衝動買いしたジャズ・シンガー。松下誠編曲が3曲収録されており、そのうちの1曲。噂の二名敦子のヴァージョンよりも英語で歌っている分、こちらの方に軍配が上がるかも。

2nd Set List
01:Valdez In The Country/Dan Siegel(Oasis:1981)
02:Reach Up/Santana(Festival:1977)
03:There's A Master Plan/Roy Ayers(Africa Center Of The World:1981)
04:Tears For The Stars/Daniel Sahuleka(Sunbeam:1981)
05:The Real Thing/D.C.larue(12inch:1978)
06:Rosalee/Michael Johnson(Home Free:1981)
07:Feels Like I'm Falling In Love/Bar-Kays(Nightcruising:1981)
08:Summer Madness/Kool & The Gang(Light Of The World:1974)

20分しか時間がなかったので、『Aohata Morning Groove』のように短時間で繋ぎまくり。周囲を驚かせるナンバーは無かったものの、平均的にどの曲も好評を得ました。話題はSantanaとBar-Kaysあたりかな?

Aohata Morning Groove2

●2005/5/25
Leo Sayer/Thunder In My Heart
The Manthattan Transfer/Twilight Zone?Twilight Tone
Rhythm Heritage/Blockbuster

実はLeo SayerとRhythm Heritageは、99年のAORナイト(今は無き南青山Ojas Lounge)で流した組み合わせでした。そこに今回Manhattan Transferを加えて完成しました。この曲は一度番組で流れているのですが、その時は何と肝心のギターソロがカットされてしまったのです(泣)。そこは自称AORDJの私、こだわって入れました。だってギターソロが無いと、曲そのものの魅力が半減しますからねぇ。あとはLeo。一小節早く繋げてしまいましたが、ボーカルが重なってしまうので、やむなしと言った所です。いずれもカット・インの繋ぎ。ジョン・カビラ氏はRhythm Heritageに驚いておりました。ちなみにこの曲は名番組、『オールジャパン、ポップ20』のエンディング・テーマでした。同アルバムからは<Theme From S.W.A.T(反逆のテーマ)>が76年に全米No1に輝いております。
星影のマリンバ
●2005/5/26
Starbuck/I Got To Know(星影のマリンバ)
John Valenti/Anything You Want
Dick St.Nicklaus/Magic

今回もっとも巧く決まったMixがこれ。2曲目?3曲目はビート合わせてのクロス・フェード方式。これも結構難しく、何回も失敗しました。今聴くと3つとも曲同士の相性はあまり良くないのですが、いざ完成してみると違和感なく決まっているから不思議です。レア盤にして超絶人気盤、John Valentiを遂に使ってしまいましたが(謝)、EP盤は結構流通があったみたいで(76年に全米37位のスマッシュ・ヒットも記録)、EbayではBuy It Nowの激安価格で入手可能です。あとStarbuck。J-Waveのページには、<Moonlight Feels Right(恋のムーンライト)>のEPジャケが掲載。違うっつーの!

●2005/5/27
Average White Band/What'Cha Gonna Do For Me
Dr.Hook/Sexy Eyes
Boz Scaggs/Hollywood

初日同様、最後も基本モノを3曲。実は<Sexy?>は決めていたものの、他の2曲が結構難航。Andrea True Connectionの<More More More>、The Four Seasonsの<December 1963(Oh What A Night)>等々、色々と引っ張り出しましたが、最終的にはここに落ち着きました。Bozは<Miss Sun>も候補に挙げましたが、ピッチを変えても違和感の無いこちらを選択。それにBozは使いたかったしね。さてこのMix、1曲目?2曲目が苦労ひとしきり。両曲とも数秒でビートが微妙に変化するので、美しく決める事が非常に困難。イベント等なら許されても、ラジオとなると話は別。それなりに決めなければ!(ちなみに2?3曲目はすんなり繋ぎが決まる)と何十通りもMDに録音。レコードも少し擦り切れちゃいました。しかし.....全然決まらず(泣)。曲が重なる所でどうしても0.数秒くらいずれてしまいます。さすがに疲れたので(汗)今まで録音したやつから選択開始。一番出来が良かったものを今回応募しました。
そして無事にオンエアーされましたが、何と<Sexy?>に放送局独特のエディットが施されました。それも違和感皆無の納得エディットで。これは非常に貴重。満足です。

また応募します。今度は夏頃。採用されるべく、また修行の日々が続きそうです。

Aohata Morning Groove1

5/23?5/27まで、J-Waveの朝の番組、『Good Morning TOKYO』の 『Aohata Morning Groove』で、私が担当した3曲Mixが流れてます。
ここではMixの裏話なぞ書かせて頂きます。

●2005/5/23
Robbie Dupree/Steal Away
?The Doobie Brothers/What A Fool Believes
?Donald Fagen/New Frontier

実はこれ、1曲目?2曲目の繋ぎが微妙に失敗しております。
10テイクほどMDに録音したのですが、この2曲に関してはもっといいテイクがありました。
しかし2曲目?3曲目が意外と難しく失敗続き。
要因は<What?>。
12inch Versionを使用したのですが、この曲、途中でBPMが微妙に早くなるのです。
だからビートを合わせても、数秒でずれてしまうんです。
したがって奇跡的に繋がったこちらを採用しました。
本当は3曲目にAmy Hollandの<How Do I Survive?>か、
Lauren Woodの<Please Don't Leave>を予定していたのですが、ピッチ変えると曲の印象を変えてしまうので辞めました。
あとLauren Wood、アナログ持っていませんでした(汗)。

●2005/5/24
Daryl Hall & John Oates/Maneater
?Clarence Clemons & Jackson Browne/You're A Friend Of Mine
?Right Between The Eyes/Wax

これは当初考えておりませんでした。
元々はLarry Carlton/Room335?松下誠/First Light?Lonnie Liston Smith/Sunburstで頑張っていたのですが、どうにもしっくりいかなかったのです。
ある日ふと目に止まったWaxのLP、そこでこのMixを考えました。
Phil CollinsやMatthew Wilder、桑田佳祐(^^;;;)などなど、同じ感じの曲を色々引っ張り出しましたが、一番しっくりいったのがこの3曲。
しかし2曲目、本当はブレイクがあったのでそこで繋げれば良かったのですが、すぐにJackson Browneの声が入ってしまうんです。
ミキサーにエコー機能が無いみたいなので(単なる勉強不足?)、
強引な繋ぎになってしまいました(泣)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。